順位を上げるだけではない、お客様の利益に繋がるSEO対策を実施します

GMO TECHが提供するSEO対策4つのポイント

GMO TECHが提供しているSEO対策は、主に「内部対策」を中心に提供しております。
内部施策といっても、GMO TECHが提供するSEO対策は、「事前の調査」に重きを置き、お客様のWebサイトに関連したキーワードを選定する所から始めます。
その調査結果を基に、お客様にとって最も効果のあるキーワードで内部対策をご提供していきます。

SEO対策

①キーワード市場の設計

ユーザーの検索するキーワードがビジネスに直結し、お客様が保有するコンテンツが、ユーザーの検索意図に対する答えとなる領域=SEOでアプローチするべき検索市場と考えております。
SEO対策キーワードを設計する際、検索ボリュームだけを意識した設計とするのではなく、ユーザーが検索するキーワードの検索意図と、意図にマッチしたコンテンツを念頭にSEO対策キーワードを設計します。
本設計を実装いただくことで、WEBサイト全体が、検索結果からの玄関口となるだけでなく、ユーザーの検索意図を満たすことになるため、結果としてWEBサイトの目的=ビジネス上のゴールに貢献することになります。

②検索ストーリーを意識したキーワード設計

SEO対策キーワードを設計する上で重要なポイントは、ユーザーの検索ストーリーを考慮し、ストーリーを想定したキーワード市場にアプローチすることです。
ユーザーとWEBサイトの接点を考慮する際、ユーザーの認知度が無い状態については、サイトの目的やサービスにダイレクトに辿り着く検索行動はほぼないと考えております。
そのため、検索ユーザーが目的にたどり着くための検索ストーリーを考慮した上で、SEO対策キーワードを設計いたします。
設計の際には、間接的に貢献するキーワードと、目的に直接貢献するキーワードの二つの軸を念頭に置いてSEO対策キーワードを設計致します。

③現状サイトの課題を抽出

SEOと親和性の高いサイトを構築し、検索市場にアプローチするためには主に以下の項目を改善する必要があります。

・最新アルゴリズムへの対応
・マシンリーダブル
・サイト構造

細かいテクニックはあるものの、ユーザーの検索ニーズを理解したコンテンツ、ユーザーが迷うことなく目的の情報に辿り着ける、ならびにGoogleにも理解しやすいサイト構造(HTMLマークアップや、タイトル、見出し、内部リンクなど)に整えることで、ユーザーの検索体験を最大化=Googleからも評価されるコンテンツへと進化すべく、課題を抽出していきます。

④課題を解決するための施策の提案

現状のお客様の順位状況・流入状況・コンテンツ状況・競合状況(事業上の競合・検索結果上の競合)を鑑みてサイトの改善案をご提案致します。

GMO TECHのSEO方針

ユーザーの検索ストーリーに沿ったSEO対策キーワードを設計し、キーワードに合わせたランディングページの最適化を実装することで検索結果における優位なポジションを確立を目指します。
Googleは、ユーザーの検索の背景にある意図を理解し、検索結果を通して答えを提供することで、ユーザー体験を最大化したいと考えています。
そのため、サイトの構造、ならびにコンテンツは、検索順位と密接に結びついており、サイト側にもユーザー体験を最大化するためのおもてなしが求められます。
検索キーワード市場における、順位状況を鑑みた場合、コンテンツとユーザーとの接点に改善余地がある状況となりますので、検索キーワードの順位状況を鑑みたSEOを導入することで順位と流入の最大化を図ります。

SEO対策に関する用語