リスティング広告

検索結果と連動した広告

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!などの検索エンジン上でユーザーが情報を調べたいタイミングで検索したキーワードに応じて、検索結果上に関連した広告を露出する方法です。

リスティング広告はキーワード単位で細かく広告配信の設計を行うことができるため、ユーザーがどのようなキーワードで検索するかを考え、キーワード設計していくことでユーザーの検討段階に応じて最適な広告を出稿し、より効果的に数多くの成果を導くことができる非常に優れた広告手法といえます。

リスティング広告業界は1年足らずで数多くの新しい機能が導入されたり、昨今ではスマートフォンを始めとするタブレットなどのモバイル端末の爆発的な普及により、市場が急速に変化しています。

これだけ動きの激しい業界だからこそ、GMO TECHでは物事を本質的に理解することに努め、「本当のユーザーは誰なのか?」といった思考を日々繰り返し、お客様の取り扱うビジネスを根本から理解する努力を怠りません。
お客様のビジネスを加速させるべく、自社の広告担当者のような運用代行を行っております。

リスティング広告業界は1年足らずで数多くの新しい機能が導入されたり、昨今ではスマートフォンを始めとするタブレットなどのモバイル端末の爆発的な普及により、市場が急速に変化しています。
これだけ動きの激しい業界だからこそ、GMO TECHでは物事を本質的に理解することに努め、「本当のユーザーは誰なのか?」といった思考を日々繰り返し、お客様の取り扱うビジネスを根本から理解する努力を怠りません。
お客様のビジネスを加速させるべく、自社の広告担当者のような運用代行を行っております。

継続的な改善を図り、育てていく広告

リスティング広告は、期間を短く実施するよりも長期に渡って目的をしっかり定めて実施することでより大きな効果を生むことが可能です。
リスティング広告は掲載の位置が大きく「入札単価」「広告品質」の二つのポイントにより決められます。
そのため、運用しながらも「広告品質」が高まるように調整を随時行っていく必要があり、「広告品質」を育てたアカウントで長期に渡って運用する方が効果的であるため長期的に運用していくことが重要となります。

GMO TECHでは、リスティング広告を実施するにあたっては、ビジネス目的や課題を明確にすることは非常に重要だと考えております。

細かいターゲット設定ができるリスティング広告だからこそ、どういったニーズで検索されるのか、どうやって購買に繋がるのかを真摯に考えて、設計する必要があります。
GMO TECHでは、お客様にヒアリングを重ね、ニーズをきちんと理解した上で、課題にあったリスティング広告を提案します。

初期設計から分析・改善と一貫したPDCAサイクルを実施、継続して改善を行うことで、より良い広告効果を生み出すことが可能です。

企画立案フェーズ(Plan)

初期設計を行うためのフェーズとなります。
主にターゲット市場の分析やキーワード設計、広告クリエイティブ制作、アカウント構築を行います。
広告に必要なLPの審査などもこの段階で行う必要があり、必要に応じて改善提案を実施して参ります。

広告運用フェーズ(Do)

実際に広告を運用するフェーズとなります。
リスティング広告の中でも市場競争があり、より人気なキーワードは競争が激しく入札単価が高くなるため、コンバージョンに近いキーワードに絞り入札単価を調整したりする必要があります。

レポーティング・分析(Check)

運用している広告の分析を行うフェーズとなります。
設定された広告クリエイティブ毎の分析を行ったり、購買キーワードの分析などを行います。
分析された結果を元に次のアクション改善フェーズを実施します。

次回アクションプラン(Action)

分析結果を元に次のアクションプランを策定するフェーズです。
金額やプランなどに応じて定例会という形でご報告する事も可能となります。
このフェーズではただ単に実施結果を元に改善提案をするだけではなく、今後のトレンドの共有なども行い更なる効果改善と次回アクションを決めていく形となります。

PDCAサイクル

リスティング広告に関する用語