SEO/SEM

Google スパムアップデートとは?Googleは2週間で2度のスパム対策を実施【2021年6月】

Google スパムアップデートとは?Googleは2週間で2度のスパム対策を実施【2021年6月】
Googleは2021年6月24日、29日の2回に分けて、スパムアップデートを実施しました。

スパム的なSEO手法を排除し、検索結果の品質を担保するために開発された、ペンギンアップデート以来のスパム対策関連アップデートです。

Googleには膨大な量のコンテンツがインデックスされていますが、全てがユーザーにとって有益な情報とは限りません。

中には多くのスパムサイトも混在している状況です。

そこで今回は、Googleのスパムアップデートについての解説、対策方法を紹介していきます。

スパムアップデートはグローバルで展開されているようですので、ぜひチェックしてみてください。

2週間のうちに2度のアップデートを実施

1回目のスパムアップデートは2021年6月24日に公式Twitterでアナウンスされています。

翻訳
検索結果を改善する通常の取り組みの一部として、私たちはシステムに対し、スパムアップデートをリリースしました。
スパム対策に関する私たちの取り組みについては、こちらの記事でより詳しく知ることができます。
https://developers.google.com/search/blog/2021/04/how-we-fought-search-spam-2020加えて、こちらの動画もご確認ください。
https://www.youtube.com/watch?v=TnhKznlJfTM

続けて、

This spam update will conclude today. A second one will follow next week. We’ll add to this tweet thread when that happens.

翻訳
このスパムアップデートは本日完了します。2回目のスパムアップデートは来週に続きます。その際はこのツイートに追加します。

とのツイートが加えられています。
コアアップデートと異なり、1日で展開が完了するアップデートのようです。

更に予告通り、6月29日には2回目のスパムアップデートがリリースされたと投稿されています。

翻訳
2回目のスパムアップデートが本日スタートしました。その他の共有がない限り、今日中にアップデートは完了予定です。

スパムアップデートの具体的内容は?

スパムアップデートに限らず、Googleは様々なアップデートを年に複数回リリースしています。

※2021年6月はスパムアップデートだけでなく、コアアップデートページエクスペリエンスアップデートがリリースされました。

アップデートの度に、「今回のアップデートの内容はどんなもので、サイトにどう影響が出るのか?気が気ではない・・・」そんなSEO担当者も多いのではないでしょうか?

残念ながら、今回のスパムアップデートにおいては、その詳細が語られていません。

真っ当に運営されているサイトであれば、今回のスパムアップデートで順位が大幅に落ちることはないでしょう。
逆にスパムサイトがアップデートの影響を受けて順位を落とすことで、運営サイトの順位が上がる可能性はあります。

いずれにしても、小手先のSEO施策ではなく、良質なコンテンツを作り、スコアロス要因を排除していく方針に変わりありません。

スパムアップデートの対策方法

今回のスパムアップデートを含む、スパム対策についてはGoogle検索セントラルブログ2020年のGoogleの検索スパム対策に詳細が記されています。

ブログ内では、「人工知能(AI)の最近の進歩が前例のない可能性をもたらしている」との記載があるように、Googleのスパム対策AIの精度が上がっていると考えて良いでしょう。

今回のスパムアップデートでも、スパム判定の精度が上がっていると考えて良さそうです。

他にも、

  • AI(人工知能)の発達により、自動生成コンテンツとスクレイピング(他サイトのコンテンツを無断でコピーするスパム)が数年前と比較して80%以上削減。
  • ハッキングされたサイトの検出能力が50%以上向上。ハッキングされたサイトのほとんどを検索結果から削除。
  • コロナ関連のスパムサイト対策を特に注力。

といった特徴が紹介されています。

また、以下の動画ではGoogleがいかに「検索」を安全に保っているのか?を紹介しています。英語での解説ですが、2分弱の内容にまとめてあります。

SEOの基本戦略を愚直に実行し、スパムな手法、小手先のテクニックに頼らない王道のSEO施策以外に道はありません。

サイトをハッキングされないよう、セキュリティ対策を万全にしつつ、万が一ハッキングされた場合はGoogleサーチコンソール内の「セキュリティの問題」がないか、確認しておきましょう。

まとめ

今回はGoogleのスパムアップデートについて解説しました。

一昔前であれば、ブラックハットSEOに代表される悪質なSEO施策、小手先のSEO施策でも一定の成果が出たのは事実です。

ですが、特にこの数年でGoogleはさらに進化し、ユーザー(やGoogle)にとって良質なコンテンツが評価されるようになっています。

ですので、真っ当に運営されているサイトであれば、スパムアップデートに対するマイナスの影響は受けないはずです。

今後もGoogleのアップデート情報を注視しつつ、ユーザーにとって価値あるコンテンツを作っていきましょう。

   

Seminarセミナー

現在受付中のセミナーはありません。

CONTACT US

デジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください

メルマガ登録

メールマガジンはこちらからご登録ください。

デジタルマーケティングに関するホットな情報をお届けいたします。

フォームからのお問い合わせ

GMO TECHへの業務依頼、発注を希望される方はこちらよりご連絡ください。