SEO/SEM

noindexとnofollowの使い方SEO効果を上げるポイントを徹底解説

noindexとnofollowの使い方SEO効果を上げるポイントを徹底解説
SEO効果を上げるために用いられるnoindexとnofollowですが、目的に合わせて適切に使い分けなければ大幅なアクセス減少やWebサイト評価の低下を招いてしまいます。

この記事では、noindex、nofollowの使い方や正しい記述方法、設定する際の注意点を説明します。

noindexやnofollowの設定方法が分からないWeb担当者は、メタタグの基礎的な知識を身につけた上で、記述方法や注意点をおさえましょう。

noindexとは

noindexとは、検索エンジンのクローラーにインデックスさせないメタタグのことを指します。
Web上にアップされたページは、検索エンジンのクローラーによって基本的にインデックスされます。

しかし、ページ<head>内にnoindexタグを記述することで、検索結果画面に表示されないように指定することが可能です。

noindexタグはコンテンツの質が低いと想定されるページに記述し、一部の低品質コンテンツがWebサイト全体のSEO効果を下げないようにする目的で使用されます。

コンテンツの質が低いと想定されるページには以下のようなページが該当します。

  • LPなどWeb広告運用が目的のページ
  • URLが正規化されていない重複ページ
  • 単語説明などの解説ページ

これらのページはWebサイトを運営する上で必要なページです。

しかし、検索エンジンのクローラーはこれらのページを「ユーザーにとって有益な情報を提供していないページ」とみなし、低品質なページとして認識する可能性があります。

nofollowとは

nofollowとは、検索エンジンのクローラーにページ内のリンクをクロールさせないメタタグのことを指します。

検索順位の操作を目的とする(あるいはその懸念がある)リンクをクロールさせないことが目的で、自社サイトとリンク先のページの関連性を断つ役割を果たします。

リンクにその他の適切な値がなく、そのリンクとサイトを関連付けたくない場合、またはリンク先のページをサイトからクロールさせないようにする場合は、nofollow の値を使用します。
引用元:Qualify your outbound links to Google

とはいえ、現在のクローラーは「Evolving “nofollow” – new ways to identify the nature of links」に記述があるように、nofollowタグで指定されたリンクを完全に無視するのではなく、除外するヒントとして認識しています。

noindexとnofollowの違い

noindexは検索エンジンのクローラーに対する「インデックス拒否」であり、一方のnofollowはページ内のリンクをクロールさせないことになります。

いずれも自社サイトのSEO効果を下げないために用いるメタタグです。ただし、noindexの指定があるページでも、検索エンジンのクローラーはページ内のリンクをクロールするため、両者を組み合わせて用いるケースも出てきます。

noindexの記述方法

noindexタグは、ページHTMLの<head>内に以下のように記述していきます。

<meta name=”robots” content=”noindex”>

Googleのクローラー(googlebot)だけにインデックス拒否の設定を行いたい場合は以下のように記述します。

<meta name=”googlebot” content=”noindex”>

nofollowの記述方法

nofollowタグも、noindexタグと同様にページHTMLの<head>内に記述していきます。

<meta name=”robots” content=”nofollow”>

nofollowの設定はページ単位だけでなく、リンク単位でも可能であり、リンク単位のnofollow設定を行う場合は以下のように記述します。

<a href=”example.html” rel=”nofollow”></a>

noindexとnofollowは同時に記述できる?

noindexタグの設定だけでは、検索エンジンのクローラーがページ内のリンクをたどってしまうため、nofollowの設定も同時に必要となる場合があります。

noindexとnofollowを同時にHTMLの内に記述する方法は以下の通りです。

<meta name=”robots” content=”noindex , nofollow”>

noindexを設定する際の注意点

noindexタグは検索エンジンが質の低いコンテンツをインデックスしてしまうのを防ぐ役割を果たしますが、インデックスされないことは検索結果で表示されないことを意味します。

つまり、間違って重要ページにnoindexタグを記述してしまった場合は、軒並みアクセスが減少してしまう可能性があるのです。

自社で複数サイトを管理している場合や、サイト規模が拡大を続けている場合、noindexやnofollowの設定で人的エラーが発生することもあります。こうした人的エラーを早期で発見し、改善を施すにはSEOツールの活用が重要です。

とくにDeep Crawlでは、「複数ドメインのモニタリング」や「ウェブクロールの深度調査」を行うことができ、クローラーやユーザーに最適なコンテンツを届けるサポートをしてくれます。作業量が増えて人的エラーの発生が懸念される場合はSEOツールの活用を検討しましょう。

また、下記のようなページはnoindexを設定するのではなく、削除やリライトによってWebサイトの評価をコントロールするのがおすすめです。

  • 低品質かつCVに貢献しないページは削除する
  • 低品質だが検索流入が期待できるターゲットキーワードはリライトする

まとめ

noindexとnofollowはWebサイトのSEO効果を下げないことを目的として設定します。しかし、設置するページを間違えると、重要ページのアクセスを軒並み減少させてしまいます。

noindexやnofollowを適切に管理する体制を整えた上で設定するのがポイントといえます。

無料でメルマガ登録

メールマガジンに登録するだけで、WEBマーケティングのイロハや、Googleアルゴリズム速報等の最新情報がいち早く手に入ります。各種イベント情報も優先でご案内。是非ご登録ください。

   

Seminarセミナー

現在受付中のセミナーはありません。

CONTACT US

デジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください

メルマガ登録

メールマガジンはこちらからご登録ください。

デジタルマーケティングに関するホットな情報をお届けいたします。

フォームからのお問い合わせ

GMO TECHへの業務依頼、発注を希望される方はこちらよりご連絡ください。