SEO/SEM

Google コアアルゴリズムアップデートを2021年6月と7月の2回に分けて実施へ

Google コアアルゴリズムアップデートを2021年6月と7月の2回に分けて実施へ
2021年6月3日、Googleはコアアルゴリズムアップデート(コアアップデート)を実施したと公式Twitterにて、アナウンスしました。
コアアルゴリズムアップデートは2020年12月以来、半年振りの実施です。

そこで今回は、2021年6月3日に実施されたコアアルゴリズムアップデート“June 2021 Core Update”について紹介します。

尚、2021年7月2日にも2回目のコアアルゴリズムアップデートが実施されました。ロールアウト完了まで詳しく解説していますので、ぜひ最後までご覧ください。

コアアルゴリズムアップデート“June 2021 Core Update”

では最初に、Google公式からの一連の発表を見ていきましょう。

翻訳
本日これから、1年で数回実施している広範なコアアップデートをリリースします。
2021年6月のコアアップデートと呼ばれ、アップデートに関するガイダンスはこちらをご覧ください。
https://developers.google.com/search/blog/2019/08/core-updates
これに続いて、2021年7月にもコアアップデートを予定しています。詳細はこちらに…

今回のコアアルゴリズムアップデートは“June 2021 Core Update”と呼ばれるようです。

事前まで公式からの発表がなかったため、これからサイト運営者やSEO担当者は慌ただしく動向をチェックすることになるでしょう。
それだけでなく、来月7月にもコアアルゴリズムアップデートが予定されているとのこと。

Googleが上記のツイートに続けて、

翻訳
2021年6月のアップデートで計画されている改良の一部は、まだ準備が整っていないため、準備できたものから実施します。残りは2021年7月のアップデートで引き続き実施します。どのコアアップデートでも典型的であるように、ほとんどのサイトはこれらのアップデートのいずれにも気付かないでしょう…

そして更には、

翻訳
もちろん、コアアップデートによって、一部のコンテンツの順位上昇または順位の下降が発生する可能性はあります。このリリースは2部構成になっているため、コンテンツのごく一部が6月に変更され、7月には逆になっている可能性もあります…

つまり、6月のコアアップデートの影響をもとにリライト等を実施したとしても、7月には6月の施策が逆効果になってしまう可能性も・・・。

翻訳
2021年6月のコアアップデートが公開されました。これらのアップデートによくあることですが、完全に公開されるには、通常1週間から2週間かかります。

特に発表から1~2週間は、コアアップデートの影響を注視しつつ、仮にサイト上にマイナスの変動が起きたとしても、大規模な施策を打つのは得策ではないかもしれません。

いずれにしても、Googleのコアアップデートについてウェブマスターが知っておくべきことにあるように、ページに問題がなくても、コアアップデート後にパフォーマンスが低下することがあるわけです。

Core Web Vitalsはコアアルゴリズムアップデートに含まれる?

Googleは6月から段階的にPage Experience Update(ページ エクスペリエンス アップデート)を実施予定になっています。

“June 2021 Core Update”とページ エクスペリエンス アップデートのタイミングが同じ6月なので、読者の中には、

「June 2021 Core Updateとページ エクスペリエンス アップデートは同じもの?」

という疑問を持たれている方も、いらっしゃるかもしれません。

ですが、今回の“June 2021 Core Update”とページ エクスペリエンス アップデートは別々の評価軸によるアップデートとなっています。

ページ エクスペリエンス アップデートの詳細は以下の記事で紹介していますので、ぜひご確認ください。
関連記事:Google ページ エクスペリエンス アップデートとは?2021年6月から段階的に実施へ

ページ エクスペリエンス アップデートでは、LCP、FID、CLSの3つのCore Web Vitals指標(及びChromeのCLSに対する最近の修正)を含む、いくつかのページ エクスペリエンス シグナルが考慮されます。

ページエクスペリエンスアップデートに関するCore Web Vitals指標の詳細は、当サイトの記事内でも詳しく解説していますので、合わせてご覧ください。
関連記事:Google コアウェブバイタル(Core Web Vitals)とは?LCP・FID・CLSの意味&ランキング改善方法

コアアルゴリズムアップデートの対策方法

これまで紹介してきたように、まずSEO担当者としてできることは、

コンテンツに集中」すること。

そして、スコアロス要因になる部分の改善をおこなっていくのが得策です。

コアアップデート対策については、こちらの記事で詳しく解説しています。
関連記事:Google コアアップデートとは?最新のアップデート情報も解説!

2021年6月8日現在、日本では然程大きな順位変動は確認されていないようですが、引き続き動向を注視していきましょう。

【2021/6/16 追記】コアアルゴリズムアップデートのロールアウトが完了

Googleは6月3日に発表したコアアルゴリズムアップデートを、6月16日にロールアウトが完了したと発表しました。

次回のアップデートは7月に実施予定となっています。

現状のパフォーマンスを確認しながら、適宜コンテンツの見直しや、サイトのテクニカルパートに問題がないか、再度チェックしておきましょう。

【2021/7/2 追記】“July 2021 Core Update”が展開開始

2021年7月2日に、2回目のコアアルゴリズムアップデート“July 2021 Core Update”が展開スタートとなりました。

詳細は今年2度目のGoogleコアアルゴリズムアップデート“July 2021 Core Update”展開開始(7/2)内に記載してありますので、合わせてご確認ください。

【2021/7/13 追記】“July 2021 Core Update”のロールアウトが完了

2021年7月13日に、2回目のコアアルゴリズムアップデート“July 2021 Core Update”のロールアウトが完了しました。

これで2回にわたる長期間の「コアアルゴリズムアップデート」が終了となります。

変動によって、全体的に順位が改善したサイト、順位下降してしまったサイトがあるはずです。中には、1回目と2回目で逆の動きが起きたサイトもあるでしょう。

いずれにしても、今回のアップデートで変動があったウェブサイトは、今一度パフォーマンスを計測・分析し、対応していきましょう。

無料でメルマガ登録

メールマガジンに登録するだけで、WEBマーケティングのイロハや、Googleアルゴリズム速報等の最新情報がいち早く手に入ります。各種イベント情報も優先でご案内。是非ご登録ください。

   

Seminarセミナー

現在受付中のセミナーはありません。

CONTACT US

デジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください

メルマガ登録

メールマガジンはこちらからご登録ください。

デジタルマーケティングに関するホットな情報をお届けいたします。

フォームからのお問い合わせ

GMO TECHへの業務依頼、発注を希望される方はこちらよりご連絡ください。