SEO/SEM

Googleサジェストとは?表示の仕組みと使い方を解説|キーワード取得の方法も紹介

Googleサジェストとは?表示の仕組みと使い方を解説|キーワード取得の方法も紹介
GoogleサジェストとはGoogleの検索窓に入力したキーワードと関連性のあるキーワードが自動で表示される機能のことです。

Googleサジェストはユーザーの検索意図(何を求めて検索しているか)を掴むことができます。そのため、SEO対策にも役立てることができます。

この記事では、Googleサジェストの意味と仕組み、キーワードの取得方法、取得ツールについて解説します。

Googleサジェストとは

Googleサジェストとは、ユーザーが検索エンジンの検索窓にキーワードを入力した時に一緒に表示される検索候補となるキーワードのことです。

Googleでは「オートコンプリート機能」とも呼ばれます。これは、最後まで入力しなくてもユーザーが検索するであろうキーワードを予測候補として表示します。

この予測変換する機能が検索候補を表示するだけでなく、ユーザーの知りたいこと(=検索意図)を調べることもできるため、SEO対策に有効活用できます。

「ダイエット」のサジェスト

ちなみにGoogleの他にもYahoo!やAmazonのようなネットショップ、YouTubeといった動画サイトでも同様の機能が導入されています。

ただし、それぞれ独自の検索エンジンを採用しているため検索候補として表示されるキーワードは異なります。

Googleサジェストの表示基準

Googleサジェストの表示基準は以下の通りです。

  • 検索ボリューム
  • 多くの人によって検索された回数
  • トレンド
  • キーワードを内包するサイト数
  • ユーザーの検索場所や使用言語
  • ユーザーの検索履歴

Googleサジェストは、多数のユーザーが検索した頻度や話題となったキーワードなど長い時間をかけて蓄積された検索結果をもとに選出されます。

また、検索した本人の検索場所や使用言語といったパーソナルな情報も含んだキーワードが表示される仕組みです。

このような仕組みになっているのは、「ユーザーファースト」を掲げるGoogleが効率的に個人に見合った情報を得られることを重視した結果なのです。

参考: 検索予測の仕組み(Google)

検索ボリューム

検索ボリュームとは検索エンジンでキーワードが検索された回数のことを示します。例えば、「ダイエット」と検索した場合、以下のような結果になります。

  • ダイエット食品 おすすめ(検索vol.880)
  • ダイエット食品(検索vol.12,100)
  • ダイエット(検索vol. 368,000)

通常は月単位での月間検索ボリュームを指すので、直近1ヶ月で検索された回数と考えておくとよいでしょう。

検索ボリュームは検索されたキーワードの人気度を測る指標となります。検索頻度が高ければそれだけ注目されている情報である、つまり大きなユーザーニーズがあるとGoogleは判断します。

ユーザーニーズがあるキーワードを表示することはGoogleのユーザーファーストの理念がベースにあります。

多くの人によって検索された回数

検索される回答が多く、かつ多くの人に検索されることも重要な指標です。なぜなら、少人数に検索されたキーワードは少人数にとってのニーズであり、ユーザー全体の総意を反映していないからです。

つまり、世界中のユーザーが便利に使える検索エンジンを目指すGoogleにとって望ましくないことです。

このような必ずしも検索数だけでは測れない事情もあるため、検索した人数もサジェスト表示の要因にしていると考えられます。

したがって個人が意図的に複数回検索したところで無意味な行為であると覚えておきましょう。Googleには見抜かれています。

トレンド

トレンドとは検索された時点で話題性の高い情報、例えばニュースやイベントなどです。

Googleサジェストには長期的検索されるキーワードが表示されますが、トレンドのあるキーワードもユーザーの関心が高い情報であると考えられるので、Googleのユーザーファーストの理念に基づいてサジェストに出やすくなります。

ただし、トレンド性の高いキーワードは瞬間的なユーザーニーズに応えるものなので長期的にサジェスト表示されることはないと考えられています。

キーワードを内包するサイト数

検索キーワードを含んだWebサイトの実在数も重要な指標です。検索回数が多くてもキーワードについて言及したサイトがなければGoogleはユーザーに役立つ情報を提供できません。

例えば、「ダイエット食品 コンビニ」というキーワードが高頻度で検索されているとします。

しかし、コンビニで買えるダイエット食品について書かれたサイトがなければ、Googleは「ダイエット食品とは?」「コンビニとは?」など、コンビニで買えるダイエット食品とは関連性の薄い情報を提供しなければいけません。ユーザーの疑問に端的に答える回答を提供できないのです。

するとユーザーは「Googleでは検索結果に満足できない。別の検索エンジンを使おう」と考えてしまうでしょう。

このような考えをユーザーに持たれてしまえば、ユーザー数とともに利益の減少につながってしまいます。そのため、検索キーワードのニーズを満たすサイトの数も重視すると考えられます。

ユーザーの検索場所や使用言語

ユーザー個人に最適な情報を提供するため、検索場所や使用言語を踏まえたサジェストが表示されます。

例えば渋谷でカフェを探しているユーザーが検索エンジンで「カフェ」と入力した際に、「カフェ 大阪」「カフェ ニューヨーク」など表示されてもユーザーには何の役にも立ちません。

また、通常日本語で検索するユーザーに英語やフランス語など異なる言語で表示したところでユーザーは困惑するばかりでしょう。言語についても個人の傾向を踏まえていると考えられます。

基本的に飲食店や宿泊場所など現在地点に応じた場所の表示が求められる場合は、現在地点に近い検索結果を返すようにアルゴリズムが組まれているようです。

ユーザーの検索履歴

ユーザーが直前、あるいは過去に検索したキーワードはユーザーの関心事であり、求める情報の関連度が高いと判断されるためサジェストされることがあります。

なお、Googleではユーザー固有の情報を検索結果に反映する検索機能を「パーソナライズド検索」と呼びます。

ちなみにサジェスト表示にパーソナル情報を反映させたくない場合は「シークレットモード」で検索するとよいでしょう。検索履歴を残さずに検索できます。設定方法は以下の通りです。

  1. 検索画面右上の「縦に並んだ3点」をクリック
  2. 「新しいシークレットウィンドウ」をクリック

シークレットウィンドウ開き方

なお、ショートカットキーでも以下のように操作すると設定可能です。

mac shift + command + N
Windows shift + Ctrl + N

Googleサジェストでできること

Googleサジェストを使うと以下のようなことができます。

  • サジェストキーワードで検索意図を分析する
  • リライト作業に活用する
  • 新規コンテンツに活用する

サジェストキーワードは検索される頻度の高いキーワードをユーザーに候補として表示するため、検索意図となるキーワードが含まれている可能性が高いです。

その検索意図が含まれたキーワードを既存コンテンツに含めれば新しい流入が見込めるでしょう。Googleはコンテンツに対し、鮮度を求めているためSEO対策として効果があります。

また、新規コンテンツを作成する場合、サジェストキーワードの数だけコンテンツを作成することができますし、「サジェストのサジェスト」を検索すれば、さらにコンテンツを増やすことができます。

メインとなるキーワードをもとに表示されたサジェストキーワードを対策するとユーザーニーズから乖離したコンテンツになることを防げます。

Google独自のサジェスト機能

Googleサジェスト機能には、Yahoo!やAmazonなどその他のプラットフォームにはない独自機能を備えています。

例えば、検索エンジンに以下のようなキーワードを入力すると答えも予測します。

  • 「〇〇(場所)+天気」
    サジェストに天気を示すマークと気温が表示されます。
    京都天気
  • 「〇+〇」などの計算式
    サジェストに計算式と答えが表示されます。
    100+100
  • 「〇〇(企業名)+株価」
    サジェストに検索した時点の株価が表示されます。
    ソフトバンク 株価
  • 画像検索のサジェスト機能
    画像検索でもサジェスト機能が働きます。以下は「イングリッシュガーデン」というキーワードを入力しました。すると検索結果の上部に「夏」「壁紙」などのキーワードが並びます。このキーワードを「タグ」と呼びます。目的に合わせてタグをクリックするとさらにタグの内容に合う画像が表示されます。
    イングリッシュガーデン 画像検索

上記で紹介した機能は、Googleがユーザビリティを高めるための取り組みを常時追加しています。検索キーワードだけでなく答えまで予測表示すればユーザーの満足度によい影響を与えるといえるでしょう。

Googleサジェストキーワードの取得方法

サジェストの取得方法は以下の2通りがあります。

  • 【手動】検索窓にキーワードを入力する
  • 【自動】サジェストツールを利用する

サジェストキーワードはユーザーが実際に検索しているキーワードの傾向を知ることができるので、思いがけない情報を見つけられるかもしれません。いづれの方法でもよいので積極的に調べる習慣をつけましょう。

【手動】検索窓にキーワードを入力する

一つ一つ手入力でキーワードを検索窓に入力し、サジェストワードを確認する方法です。身近な方法ですが、確認に時間がかかってしまう点がデメリッです。

例えばひらがなのサジェストキーワードを調べる場合は「〇〇(メインキーワード)+あ」、「〇〇(メインキーワード)+い」とメインキーワードごとに50音すべてを調べるのはあまり効率的とはいえません。

なお、自分の検索履歴が上位に表示されるため、シークレットウィンドウで検索する方法をおすすめします。

【自動】サジェストワード取得ツールを利用する

ツールを使うと一括してサジェストキーワードを抽出できます。手動よりも簡単キーワード取得ができるため、ツールを利用する方が現実的な方法でしょう。ツールは抽出結果を見やすくまとめたり、条件別に加工できたりと便利な機能が搭載されているのが特徴です。

現在、無料ツールが多数リリースされています。ツールを活用しながらコンテンツにユーザーが求める情報の不足を追加していくことが大切です。

【無料】サジェストキーワード取得ツール3選

無料で使えるサジェストキーワード取得ツールを3つ紹介します。すべて多数のユーザーに利用にされているツールです。

ラッコキーワード
ラッコキーワード(旧関連キーワード取得ツール(仮名・β版))

特徴
  • 「Google」「Yahoo!知恵袋」「教えて!goo」の関連キーワードを同時抽出できる
  • 抽出結果をワードリストにできる
  • Web検索トレンド(過去12ヶ月・5年)を確認できる
  • 会員登録あり(なしでも利用可能。ただし利用回数制限あり)

サジェストキーワード一括DLツール
グーグルサジェスト キーワード一括DLツール

特徴
  • Googleサジェスト特化型ツール
  • Googleサジェストキーワードを大量に一括で取得できる
  • CVSファイルでダウンロードできる
  • 会員登録あり(なしでも利用可能。ただし1日1回の利用制限あり)
  • ※会員登録する場合は有料

keyword tool
 Keyword Tool

特徴
  • 「Google」「YouTube」「Bing」「Amazon」「eBay」「Google Play App Store」「Instagram」「Twitter」のサジェストキーワードを検索
  • 750を超えるロングテールキーワード(複数単語で検索されるキーワード)を瞬時に取得できる
  • CSV形式とExcel形式で出力できる
  • 会員登録あり(なしでも利用可能。ただし検索ボリューム上位5位までしか閲覧できない)

サジェスト汚染に気を付けよう

サジェスト汚染とはサジェスト機能がネガティブキーワードで埋め尽くされてしまうことです。

企業や個人の不利益につながる影響があるため、サジェスト汚染されていないかどうか注意する必要があります。

サジェスト汚染の例として、「〇〇(企業名)」と検索すると「ブラック」「詐欺」など企業の評価を下げるようなワードが挙げられます。

サジェストにネガティブなワードが表示されるとユーザーに対して良くない企業イメージを与えてしまう可能性があるため、トラブルが発生してしまうこともあります。

そこで、サジェスト汚染が起きてしまった場合は以下のような方法で適切に対処しましょう。

  • Googleへ削除申請
    Googleの「法律に基づく削除に関する問題を報告する」より、サジェストワードの削除申請が行えます。ただし、申請が必ず受理されるわけではありません。

    ユーザーの「知る権利」に抵触する場合は不受理扱いになるかもしれません。とはいえ、まずはGoogleに削除申請するのが得策でしょう。

  • ネットにおける誹謗中傷の対策専門業者へ依頼
    対策専門業者へ依頼することも方法の一つです。削除までの時間や費用などについては業者ごとに異なるので問い合わせをしましょう。

    サジェスト汚染は悪質な迷惑行為であるとともに人生を狂わす影響力があります。手を染めないことは至極当然のことですが、日ごろから良いイメージのサジェストキーワードの表示を増やすことに尽力しましょう。

まとめ

Googleサジェストは検索エンジンを利用するユーザーの関心がなんであるかを知ることができます。コンテンツ作成において欠かせないものです。

サジェスとキーワードは常に変化し続けるので、対策したいキーワードは定期的にチェックしてください。また、サジェスト汚染というマイナス効果もあることも忘れないようにしましょう。

尚、サジェストキーワードを含めた「キーワード選定」に関する詳細記事は、こちらからご確認ください。
関連記事:キーワード選定の方法SEOで上位表示するためのコツを解説

無料でメルマガ登録

メールマガジンに登録するだけで、WEBマーケティングのイロハや、Googleアルゴリズム速報等の最新情報がいち早く手に入ります。各種イベント情報も優先でご案内。是非ご登録ください。

   

Seminarセミナー

現在受付中のセミナーはありません。

CONTACT US

デジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください

メルマガ登録

メールマガジンはこちらからご登録ください。

デジタルマーケティングに関するホットな情報をお届けいたします。

フォームからのお問い合わせ

GMO TECHへの業務依頼、発注を希望される方はこちらよりご連絡ください。