SEO/SEM

GoogleAnalytics4の使い方|登録方法やレポートの見方も解説

GoogleAnalytics4の使い方|登録方法やレポートの見方も解説
自社サイトの運用を任されたWeb担当者にとって、Googleアナリティクスはまず導入しておきたいアクセス解析ツールとなります。とはいえ、どういった用途で用いるツールなのか、イメージが湧かない方も多いことでしょう。

そこで今回はGoogleアナリティクスがどのようなアクセス解析ツールなのかを解説し、最新版の「Googleanalytics4」の登録方法や使い方を紹介していきます。従来のGoogleアナリティクスと同じような機能もありますが、実際の運用では異なる役割を担うため、新旧両方のGoogleアナリティクスを活用するのがポイントとなります。

Google analyticsはどんなツール?

Google analyticsとは、Googleが提供する無料のアクセス解析ツールです。Google analyticsを自社サイトと連携することで、以下のようなことが分かるようになります(可視化されます)。

  • ユーザーの訪問数
  • ユーザー属性
  • セッション数
  • 平均セッション時間
  • 直帰率
  • コンバージョン完了数
  • 流入チャネル

これらのユーザー行動データを計測することで、自社サイトに流入するユーザーの主な流入元や、ユーザーが利用するデジタルデバイス・時間帯などが把握できるようになります。自社サイトに訪れるユーザーを「ただなんとなく」ではなく、「明確な数字を基準に」把握できるようになるため、広告戦略やSEO施策が実施しやすくなります。

またGoogle analyticsでは、Googleサーチコンソールと連携して「ランディングページ」という分析項目を作成することができます。このランディングページには「検索クエリ」や「ページの表示回数」といったクリック前のユーザー行動と、「直帰率」や「コンバージョン数」といったクリック後のユーザー行動がページ単位でまとめられているため、当該項目をチェックするだけでも改善すべき指標やページが分かるようになります。

Google analytics 4とは?

Google analytics 4は、Googleが2020年10月14日から提供を開始したアクセス解析ツールで、従来のGoogleアナリティクス(旧バージョン)と異なるツールとしてリリースされました。2021年5月2日時点では、従来のGoogleアナリティクス「旧バージョン」と、新しいGoogleアナリティクス「Google analytics 4」の両方が存在しています。

2つのアクセス解析ツールの大きな違いは、Webサイトとアプリのユーザー行動を横断的に把握できる「クロスプラットフォーム分析」が可能かどうかにあります。クロスプラットフォーム分析そのものは以前から「アプリ+ウェブプロパティ」として提供されていましたが、Googleアナリティクスに標準搭載されたのは今回が初めてです。

他にも、Google analytics 4はプライバシー保護の観点(ITP2.0)を考慮した設計になっているなど、今後のアクセス解析において重要な位置を占めると予想されますが、現状では具体的な解析手法をWeb上で調べることは難しく、広くアクセス解析の基盤として浸透するのはもう少し先の話になるでしょう。

とはいえ、デフォルトのGoogle analytics 4レポートを見るだけでも、従来のGoogleアナリティクスでは確認できなかったユーザー行動が見えるなど、利用メリットがあります。まずは「従来のGoogleアナリティクスとの併用」という形でスタートし、徐々にGoogle analytics 4で分析できる指標を増やしていきましょう。

Google analytics 4には「ランディングページレポート」がない

先述したGoogleサーチコンソールと連携して表示できる「ランディングページ」ですが、Google analytics 4では「ランディングページ」に当たる分析レポートが用意されていません。「エンゲージメント」タブを活用することで、デフォルト計測できるイベント(ユーザー行動)を確認することはできますが、ページクリック前後のユーザー行動を1つのレポートでチェックすることはできないのです。

Google analytics 4で従来のGoogleアナリティクスの「ランディングページ」のようなレポートを表示させたい場合は、「カスタムレポート」を作成して別途計測イベントを追加する必要があります。値として計測するイベントには「自動計測イベント」と「カスタムイベント」の2つがあるため、自社サイトの特性を踏まえた上でイベントを追加しましょう。なお、カスタムイベントの作成については後述します。

Google analytics 4の登録方法

ここからはGoogle analytics 4の登録方法を紹介していきます。Google analytics 4は従来のGoogleアナリティクスの最新版に当たるアクセス解析ツールのため、従来のGoogleアナリティクスを自社サイトと連携している人は比較的簡単に手続きを進めることができます。

以下の見出しでは「新規でGoogle analytics 4に登録する場合」と、「旧バージョンにGoogle analytics 4を導入する場合」の2つのパターンを紹介します。

新規でGoogle analytics 4に登録する

新規でGoogle analytics 4に登録する場合は、まずGoogle analyticsアカウントを作成する必要があります。

  1. Google analyticsアカウントの作成

    Google analyticsアカウントの作成

    「無料で利用する」と書かれたボタンを選択することで、Google analyticsアカウント作成のチュートリアルが開始されます。既にGoogle analyticsアカウントを作成している場合は、Google analyticsのダッシュボード画面に遷移します。

  2. 「データストリーム」を選択

    プロパティ列の「データストリーム」を選択

    ダッシュボード画面にログインした後は、サイドメニュー下部の「管理」を選択します。次にプロパティ列の「データストリーム」を選択しましょう。

  3. 「ウェブ」を選択
    データ収集を行うプロパティを「iOS」「Android」「ウェブ」3つのタイプから選択します。自社サイトの分析を行うWeb担当者は「ウェブ」を選択しましょう。
  4. 拡張計測機能「ON」に設定

    拡張計測機能をONにする

    ウェブを選択した後は、データストリームの設定を行っていきます。「ウェブサイトのURL」と「任意のストリーム名」を入力し、拡張計測機能をONにします。拡張計測機能とは、ページビュー数といった基本的な分析項目に加えて、「スクロール数」や「離脱クリック数」、「動画エンゲージメント数」などを自動計測するための機能を指しています。この機能をONにすることでGoogle analytics 4の「イベント」に自動で様々な指標が計測されていきます。

  5. タグの設定

    自社サイトにタグを設定する

    最後に自社サイトにタグを設定しましょう。設定方法には「Webサイトの<head>内にグローバルサイトタグを追加する方法」と、「Googleタグマネージャーを使って設定する方法」の2つがあります。解析タグやマーケティングタグの数が多い場合はタグマネージャーを利用しますが、初心者の方は前者の方法を採用しましょう。グローバルサイトタグは、WordPressなどのCMSであれば「テーマエディタ」に直接コピー&ペーストしたり、サイトテーマの「カスタムHTML」などに登録したりすることが可能です。

旧バージョンにGoogle analytics 4を導入する

既に自社サイトを従来のGoogleアナリティクスと連携しているWeb担当者は、Google analytics 4を比較的簡単に導入することができます。導入手順は以下の3ステップです。

  1. 「管理」を選択
  2. 「GA4設定アシスタント」を選択
  3. 「ようこそ」を選択

「GA4設定アシスタント」を選択

GA4とはGoogle analytics 4の略称です。「GA4設定アシスタント」を選択することで、簡単にGoogle analytics 4を導入することができます。遷移先の画面の「ようこそ」を選択することでセットアップが完了します。

Google analytics 4の使い方

ここからはGoogle analytics 4の使い方を見ていきましょう。Google analytics 4の主な使い方は以下の2つです。

  • デフォルトレポートをチェックする
  • 分析ハブを活用する

まずはデフォルトレポートのチェックから入りましょう。Google analytics 4は、従来のGoogleアナリティクスよりもデフォルトで自動計測できる項目が増えているため、レポート結果を見るだけでも多くの情報を得ることができます。

また、分析ハブを活用することで、デフォルトで自動計測した項目・要素を別のレポートとして可視化することができます。デフォルトの分析テンプレートには、「目標到達プロセスの分析」や「経路の分析」、「セグメントの重複」などがあり、これらのテンプレートを用いるだけでも従来のGoogleアナリティクスとは違ったレポートが作成可能です。

デフォルトレポートをチェックする

デフォルトレポートでは以下のような項目をチェックすることができます。

  • リアルタイム
  • 集客
  • エンゲージメント
  • 収益化
  • 維持率
  • ユーザー属性
  • テクノロジー
  • コンバージョン
  • イベント
  • DebugView

「リアルタイム」や「集客」、「コンバージョン」といった項目は従来のGoogleアナリティクスにもありましたが、「エンゲージメント」や「テクノロジー」といった項目はGoogle analytics 4から登場した計測項目となります。先述したように、Google analytics 4はウェブとアプリのユーザー行動を横断的に分析する役割を担っています。実際、サイドメニューにはユーザー行動を把握するための機能が充実しており、リアルタイムのユーザー行動や使用デバイスを把握することに長けたアクセス解析ツールともいえるでしょう。

リアルタイム

自社サイトにアクセス中のユーザーの分布図が可視化される「リアルタイム」項目

「リアルタイム」の項目では、現在自社サイトにアクセスしているユーザーの分布図が可視化されます。従来のGoogleアナリティクスでもリアルタイムの項目はありますが、Google analytics 4の方が視覚的にユーザーの位置を把握することができます。

また、ページをスクロールすると、リアルタイムにアクセスしているユーザーがどのページにアクセスしてセッションを開始しているかも確認することが可能です。デフォルトでコンバージョン設定したイベントも確認できるため、キャンペーン開始時の効果や、施策の効果をリアルタイムに把握できるようになっています。

集客

平均セッション時間やイベントの発生回数などを確認できる「エンゲージメント」項目

「集客」の項目では、ユーザー流入元であるメディアの名称や、流入メディアごとの平均セッション時間を確認することができます。レポートには「合計収益」という計測項目が含まれているため、ユーザー流入メディア別で収益化の状況を端的に把握することも可能です。

エンゲージメント

ユーザー流入元メディアの名称や、流入メディアごとの平均セッション時間を確認できる「集客」項目

「エンゲージメント」の項目では、ページ別の平均セッション時間と、イベントの発生回数などを確認できます。イベントには「page_view」や「session_start」など様々な項目が含まれており、自動計測される項目と、カスタムで設定した項目などが表示されます。

サイト内で最もエンゲージメント率が高いページを確認できる

また、「エンゲージメント」→「イベント」を選択すると、「サイト内で最もエンゲージメント率が高いページ」を筆頭に降順でデータを表示することができます。平均滞在時間なども同時に確認できるため、「エンゲージメント率は高いが、ユーザーがすぐに離脱しているページ(改善が必要なページ)」を特定できるのです。

収益化

自社サイトでの売上や「eコマースの収益」を確認できる「収益化」項目

「収益化」の項目では、自社サイトでの売上を端的に知ることができ、「eコマースの収益」なども表示することができます。合計収益として表示される項目には「定期購入」なども含まれ、アプリにおける収益化の状況も同時に知ることが可能です。

維持率

新規ユーザー・リピートユーザー数を確認できる「維持率」項目

「維持率」の項目では、新規ユーザーの数とリピートユーザーの数が確認できます。また、ユーザー維持率の分析方法として用いる「コホート分析」の結果も閲覧可能です。ユーザーエンゲージメントの項目では、過去42日間のリピートユーザーのエンゲージメント時間を継続的に計測し、グラフとして可視化しています。

ユーザー属性

アクセスユーザーの地域や性別、年齢、言語などを確認できる「ユーザー属性」項目

「ユーザー属性」の項目では、自社サイトにアクセスしているユーザーのアクセス地域や性別、年齢、言語などを確認することができます。国別のアクセス状況もレポートとしてまとめられているため、インバウンドを対象としたWebサイトのアクセス解析としても活用可能です。

テクノロジー

利用ブラウザやデバイスを確認できる「テクノロジー」項目

「テクノロジー」の項目では、自社サイトにアクセスするユーザーが利用しているブラウザや、デバイスタイプを確認することができます。GoogleがMFIへの強制移行を発表したことによって、Webサイト運営者のターゲットユーザーはモバイルユーザーへと変わりつつありますが、依然としてデスクトップからのアクセスが多いサイトも存在します。「どのような施策が自社サイトにとって効果が高くなるのか」といった問いも、ユーザーの使用するデバイスから推測することができるのです。

コンバージョン

イベントとして計測している指標をチェックできる「コンバージョン」項目

「コンバージョン」の項目では、イベントとして計測している指標をコンバージョンとしてチェックすることができます。従来のGoogleアナリティクスではコンバージョンの設定がやや複雑でしたが、Google analytics 4ではワンタップでON/OFFの切替が可能です。

イベント

計測するユーザーの行動・指標を設定できる「イベント」項目

コンバージョンの項目で説明したように、イベントの項目では、計測するユーザー行動(指標)を設定することができます。デフォルトで自動計測する項目もいくつかありますが、clickやfirst_visitといった基本的な項目となるため、自社で計測したい指標は別途「イベントを作成」を選択してください。

DebugView

ユーザー行動をリアルタイムに可視化する「DebugView」項目

「DebugView」では、自社サイトにアクセスしているユーザー行動をリアルタイムに可視化することができます。DebugViewを有効化するとpage_viewやsession_startなどの指標が時系列で表示されます。

分析ハブ・テンプレートギャラリーを活用する

デフォルトレポートを確認した後は、分析ハブ・テンプレートギャラリーを確認しましょう。利用できるテンプレートは主に以下の3つになります。

  • 目標到達プロセスの分析
  • 経路の分析
  • セグメントの重複

自社サイトで計測したい指標・ユーザー行動に合わせてイベントやコンバージョンを追加していきますが、追加したイベント・コンバージョンなどの指標を組み合わせてカスタムレポートも作成可能です。

目標到達プロセスの分析

目的ページまで遷移してコンバージョンに至るプロセスを可視化

特定ページへの到達プロセスを可視化する分析テンプレートです。初回訪問者がセッションを開始し、目的ページまで遷移してコンバージョン(購入)に至るプロセスが可視化できます。各ステップには様々なページ・イベントを含めることができ、ユーザーが導線設計通りにコンバージョンに至っているかどうかも分析できるようになっています。

経路の分析

流入ユーザーが取った行動プロセスを把握する「経路の分析」項目

「経路の分析」を活用することで、自社サイトに流入したユーザーが取った行動プロセスを把握することができます。各ステップはページタイトル別に表示することもでき、イベントとランディングページの関係性などもチェック可能です。

セグメントの重複

様々な要素を掛け合わせた利用ユーザーチェックが可能な「セグメントの重複」項目

「セグメントの重複」では、モバイルユーザーとタブレットユーザーの重複などを調べることができ、年齢や性別といった様々な要素を掛け合わせて利用ユーザーの比率をチェックすることができます。Webサイトだけでなく、アプリなども含めた横断的なユーザー行動を把握するために活用できる機能です。

まとめ

Google analytics 4は多様化するユーザー行動を把握するために、様々な最新機能を搭載してレポート化するアクセス解析ツールです。従来のGoogleアナリティクスで確認できた「ランディングページ」といった項目はないため、自身で作成するか、分析ハブのテンプレートギャラリーを応用して作成することになります。自動計測される項目を1つずつ分析するだけでも施策に活用できるため、ぜひこの機会に導入してみてください。

無料でメルマガ登録

メールマガジンに登録するだけで、WEBマーケティングのイロハや、Googleアルゴリズム速報等の最新情報がいち早く手に入ります。各種イベント情報も優先でご案内。是非ご登録ください。

   

Seminarセミナー

現在受付中のセミナーはありません。

CONTACT US

デジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください

メルマガ登録

メールマガジンはこちらからご登録ください。

デジタルマーケティングに関するホットな情報をお届けいたします。

フォームからのお問い合わせ

GMO TECHへの業務依頼、発注を希望される方はこちらよりご連絡ください。