SEO/SEM

Google Analytics 4 (GA4)のコンバージョン設定を解説

Google Analytics 4 (GA4)のコンバージョン設定を解説
  • facebook
  • twitter
2020年10月に正式リリースされたGoogle Analytics 4 プロパティ(GA4)。

既にGA4を使用して、サイトのデータ計測をスタートさせている企業も増えてきているはずです。

とは言うものの「GA4では単にサイトのデータ計測のみになっていて、活用には至っていない・・・」というマーケティング担当者も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、Google Analytics 4(GA4)の活用というテーマの中で、「コンバージョン(CV)設定」について解説します。

ユニバーサルアナリティクス(UA)だけでなく、GA4でも適切にコンバージョン設定をおこない、ビジネスの成果に繋げていきましょう。

GA4に関する概要とユニバーサルアナリティクスとの併用方法、設定方法についてはこちらの記事で詳しく解説しています。
関連記事:GA4とは?Google Analytics 4の基本と設定方法を解説

GA4のコンバージョン設定とは?

GA4のコンバージョン設定とは、一定期間内にビジネスにおける見込み客または顧客獲得が

  • 何件発生しているのか(Conversion:CV)?
  • サイトの訪問者数に対して、どれくらいの割合で発生しているのか(Conversion Rate:CVR)?

をGA4の管理画面上で評価するために必要な設定のことを指します。

UAでもコンバージョン設定(目標の設定)が必要であったように、GA4でも<適切なコンバージョンの設定が必要になります。 UAとGA4を並行してデータ取得しているからと言って、コンバージョン設定はGA4に引き継がれませんので、ご注意ください。

コンバージョンの設定方法

コンバージョンの設定方法

では次に、GA4での具体的なコンバージョン設定の方法について、解説していきます。

GA4でコンバージョン設定するには、以下の2つのステップを押さえておく必要があります。

  1. イベントを設定する
  2. 設定したイベントのコンバージョン設定をする

では、それぞれ詳しくみていきましょう。

イベント設定

イベント設定

GA4では、コンバージョンの計測をおこなうために、各コンバージョンに応じた「イベント」を作成する必要があります。
ウェブの場合、自動的に計測されるイベントには、

  • click(現在のドメインから移動するリンクをクリックするたび)
  • file_download(ファイルに移動するリンクをクリック)
  • first_visit(アナリティクスが有効になっているウェブサイトに、ユーザーが初めてアクセスしたとき)
  • page_view(ページが読み込まれるたび、またはアクティブなサイトによって閲覧履歴のステータスが変更されるたび)
  • scroll(ユーザーが各ページの最下部まで初めてスクロールしたとき)
  • session_start(ユーザーがウェブサイトを利用したとき)

などがあります。

その他、自動的に収集されるイベントの項目については、アナリティクスヘルプの[GA4] 自動的に収集されるイベントをご覧ください。

後述しますが、各イベントをコンバージョンとして計測するには、「コンバージョンとしてマークを付ける」にチェックを入れることで、有効化されます。

イベントのカスタマイズ

イベント項目をカスタマイズしたい場合は、別途「イベントを作成」から設定をする必要があります。

手動でイベントを作成する場合は、カスタムイベント名をつけた後に、一致する条件として「パラメータ」「演算子」「値」の3つを設定してあげましょう。

パラメーター・演算子・値の設定

GA4では各イベントごとに「パラメータ」が付与されています。

設定ページ内のパラメータ項目をクリックすると、

  • affiliation
  • content_id
  • content_type
  • coupon

などのパラメータが表示されます。

その他、パラメータに関する詳細は、前述のアナリティクスヘルプの[GA4] 自動的に収集されるイベントをご覧ください。

仮に「お問い合わせ」の完了をコンバージョンとして設定する場合、1段目にパラメーター(event_name)、演算子(等しい)、値(page_view)を指定します。

※GA4はパラメーターにイベント名(event_name)を指定しなければ、ページビュー(page_view)だけでなく、クリックやスクロールなどでも重複して計測されてしまうため、event_nameの指定が必須。

その後、2段目にパラメーター(page_location)、演算子(等しい)、値(/contact/finish/)を指定すれば、設定完了です。

※パラメーター(page_location)の値はお問い合わせ完了ページのURLを記載。

設定したイベントのコンバージョン設定

設定したイベントのコンバージョン設定
以上のステップでイベントを設定し、「コンバージョンとしてマークを付ける」にチェックを入れると、コンバージョンイベントとして項目が反映されます。

尚、イベントを作成した後にコンバージョン設定する方法とは別に、ナビゲーションの中の「コンバージョン」から、「新しいコンバージョンイベント」を選択し、イベント名を入力することで設定することも可能です。

まとめ

Google Analytics 4(GA4)のコンバージョン設定について解説しました。

2021年5月現在、Google Analyticsはユニバーサルアナリティクス(UA)からGA4に完全移行したわけではありません。

ですが、然るべきタイミングでUAからGA4へ、完全に移行することになるはずです。

ただし、残念ながらUAからGA4にデータを移すことはできませんので、現状ではUAをメインに活用しながら、CVやCVRを含め、取得できるデータはGA4側でも、しっかりと取得しておきましょう。

GA4の各種設定方法や活用方法については、当メディア内でも順次ご紹介していく予定です。

関連記事

   

セミナー情報SEMINAR

現在受付中のセミナーはありません。

 
CONTACT US

デジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください

メルマガ登録

メールマガジンはこちらからご登録ください。

デジタルマーケティングに関するホットな情報をお届けいたします。

フォームからのお問い合わせ

GMO TECHへの業務依頼、発注を希望される方はこちらよりご連絡ください。

個別相談会の申込み

サービスに関するご相談・ご質問、料金プランのご相談がありましたら、個別相談会を実施しております。フォーム希望日時を記載してお送りください。