SEO/SEM

SEOの外部対策とは?実践方法や注意点を解説

SEOの外部対策とは?実践方法や注意点を解説
SEO対策における外部対策は、主に被リンクの獲得を意味しています。

とはいえ、被リンクを獲得するための具体的な方法を知らないウェブ担当者も多いのではないでしょうか。

今回の記事で正しい外部対策の方法を知り、Googleの検索エンジンからペナルティを受けない形で対策を実施できるようにしましょう。

外部対策とは

外部対策はSEO対策の1つで、良質な被リンクを獲得するために行う施策のことです。基本的な考え方としては、質の高いコンテンツを作成・発信して、他サイトから発リンクしてもらうことで成立します(被リンクの獲得)。

また、外部対策に注力する企業・個人では、質の高いコンテンツを作成するだけでなく、自社サイトのリンクを設置したくなるような仕組み作りに時間をかけます。

たとえば、各種SNSの運用や無料ツール・テンプレートの公開などが具体的な方法です。

内部対策との違い

SEO対策における内部対策とは、Webサイトの内部に行う対策のことです。

Webサイトの階層構造を最適化や、構造化データマークアップなどによって、自社サイトのSEO対策を内側からサポートします。

コンテンツ対策との違い

SEO対策におけるコンテンツ対策とは、主に記事コンテンツを作成して、自社サイト内にコラムとして蓄積していくことを指します。

ターゲットキーワードの選定を行い、ターゲットキーワードから狙うユーザーのニーズに合わせたコンテンツを作成することで、自然検索からの新規ユーザーのサイト流入を見込むことができます。

一度作成したコンテンツは半永久的に自然検索からの流入ユーザーを獲得するため、単発的な広告出稿とは違い、中長期的な集客チャネルとして機能するのが特徴です。

外部対策の効果

SEO対策で外部対策が重視される理由には「Googleが掲げる10の事実」が関係しています。


4. ウェブ上の民主主義は機能する。
Google 検索が機能するのは、どのサイトのコンテンツが重要かを判断するうえで、膨大なユーザーがウェブサイトに張ったリンクを基準としているからです。Google では、200 以上の要素と、PageRank™ アルゴリズムをはじめとするさまざまな技術を使用して、各ウェブページの重要性を評価しています。PageRank のアルゴリズムでは、ページ間のリンクを「投票」と解釈し、どのサイトが他のページから最高の情報源として投票されているかを分析します。

この手法なら、新しいサイトが増えるたびに情報源と投票数が増えるため、ウェブが拡大するにつれて効果も高まります。また Google では、多くのプログラマーの力の結集によって技術革新が進むオープンソース ソフトウェア開発にも力を入れています。

引用元:https://www.google.com/about/philosophy.html?hl=ja

Googleの検索エンジンはWebサイトの重要度について、リンクを基準の1つとして評価していることに言及しています。

また、ページランクアルゴリズムではページ間のリンクを「投票」と解釈することで、多くのWebサイトからリンクを貼られている(信頼されている)Webサイトを分析しているのです。

つまり、外部対策で被リンクを獲得することは、自社のサイト評価を高めるために有効な手段であるといえます。

外部対策の重要指標

外部対策で行う被リンク獲得では、2つの重要指標を計測していく必要があります。

  • 被リンクの質
  • 被リンクの量

外部対策で獲得する被リンクは何でも良いわけではありません。自社サイトと関連性の高いWebサイトからの被リンクや、著名なWebサイトからの被リンクといった「良質な被リンク」を獲得する必要があります。

もちろん被リンクの量もWebサイトの重要度に影響を与えます。しかし、Googleが段階的に実施したペンギンアップデートにみるように、量よりも質にフォーカスした被リンク獲得が重要です。

外部対策の方法

良質な被リンクを得るためには、大前提として「良質なコンテンツを作成・発信していくこと」が求められます。

その上で、同ジャンルの企業や個人サイト、著名なWebサイトから発リンクしてもらうための施策を打ち出していく必要があるのです。

被リンク獲得のポイントは、ページを閲覧したユーザーがコンテンツを利用・活用したくなるような仕組みを施すことにあります。


外部対策の注意点

外部対策を実施する際には、Googleに「検索結果においてサイトのランキングに悪影響を与える可能性のあるリンクプログラム」と認定されないように注意する必要があります。

質の高いコンテンツを作成・発信しているだけなら問題ありません。しかし、「リンク購入」など、積極的に被リンク獲得を行う場合に陥りやすいリンクプログラムもあるため、一度は目を通しておきましょう。

まとめ

SEO対策における外部対策は、Googleの検索エンジンがページの重要度を測る上で指標としているリンク構築の最適化を目指すものです。

自社サイトのSEO対策において優先度が下がりがちな外部対策ですが、競合サイトに差をつける上で重要な役割を果たす可能性もあるため、一つずつ実践していくことが重要となります。

関連記事

 
CONTACT US

デジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください

メルマガ登録

メールマガジンはこちらからご登録ください。

デジタルマーケティングに関するホットな情報をお届けいたします。

フォームからのお問い合わせ

GMO TECHへの業務依頼、発注を希望される方はこちらよりご連絡ください。

個別相談会の申込み

サービスに関するご相談・ご質問、料金プランのご相談がありましたら、個別相談会を実施しております。フォーム希望日時を記載してお送りください。