SEO/SEM

SEOの外部対策とは?実践方法や注意点を解説

SEOの外部対策とは?実践方法や注意点を解説
SEOにおける外部対策は、主に外部リンクの獲得を意味しています。

とはいえ、外部リンクを獲得するための具体的な方法を知らないウェブ担当者も多いのではないでしょうか。

今回の記事で正しい外部対策の方法を知り、Googleの検索エンジンからペナルティを受けない形で対策を実施できるようにしましょう。

SEO施策の全体像を把握したい場合は、こちらの記事をご覧ください。
関連記事:SEOとは?8つの基本対策と上位表示のポイントを徹底解説

外部対策とは

外部対策はSEOの1つで、良質な外部リンクを獲得するためにおこなう施策のことです。基本的な考え方としては、質の高いコンテンツを作成・発信して、他サイトから発リンクしてもらうことで成立します(外部リンクの獲得)。

また、外部対策に注力する企業・個人では、質の高いコンテンツを作成するだけでなく、自社サイトのリンクを設置したくなるような仕組み作りに時間をかけます。

たとえば、各種SNSの運用や無料ツール・テンプレートの公開などが具体的な方法です。

内部対策との違い

SEOにおける内部対策とは、Webサイトの内部におこなう対策のことです。

Webサイトの階層構造の最適化や、構造化データマークアップなどによって、自社サイトのSEOを内側からサポートします。

構造化データについて詳しくはこちらをご覧ください。
関連記事:構造化データとは?メリット・デメリット・構成要素・検証方法を解説

コンテンツ対策との違い

SEOにおけるコンテンツ対策とは、主に記事コンテンツを作成して、自社サイト内にコラムとして蓄積していくことを指します。

ターゲットキーワードの選定を行い、ターゲットキーワードから狙うユーザーのニーズに合わせたコンテンツを作成することで、自然検索からの新規ユーザーのサイト流入を見込むことができます。

一度作成したコンテンツは半永久的に自然検索からの流入ユーザーを獲得するため、単発的な広告出稿とは違い、中長期的な集客チャネルとして機能するのが特徴です。

SEOに強いコンテンツ作成方法についてはこちらの記事をご覧ください。
関連記事:コンテンツSEOとは?上位表示に必要な対策方法を解説

外部対策の効果

SEOで外部対策が重視される理由には「Googleが掲げる10の事実」が関係しています。

引用
4. ウェブ上の民主主義は機能する。
Google 検索が機能するのは、どのサイトのコンテンツが重要かを判断するうえで、膨大なユーザーがウェブサイトに張ったリンクを基準としているからです。Google では、200 以上の要素と、PageRank™ アルゴリズムをはじめとするさまざまな技術を使用して、各ウェブページの重要性を評価しています。PageRank のアルゴリズムでは、ページ間のリンクを「投票」と解釈し、どのサイトが他のページから最高の情報源として投票されているかを分析します。この手法なら、新しいサイトが増えるたびに情報源と投票数が増えるため、ウェブが拡大するにつれて効果も高まります。また Google では、多くのプログラマーの力の結集によって技術革新が進むオープンソース ソフトウェア開発にも力を入れています。

引用元:https://www.google.com/about/philosophy.html?hl=ja

Googleの検索エンジンはWebサイトの重要度について、リンクを基準の1つとして評価していることに言及しています。

また、ページランクアルゴリズムではページ間のリンクを「投票」と解釈することで、多くのWebサイトからリンクを貼られている(信頼されている)Webサイトを分析しているのです。

つまり、外部リンクを獲得することは、自社のサイト評価を高めるために有効な手段であるといえます。

外部対策の重要指標

外部リンクの獲得おいて、2つの重要指標を計測していく必要があります。

  • 外部リンクの質
  • 外部リンクの量

獲得する外部リンクは何でも良いわけではありません。自社サイトと関連性の高いWebサイトから、著名なWebサイトから、などの「良質な外部リンク」を獲得する必要があります。

もちろん外部リンクの量もWebサイトの重要度に影響を与えます。

しかし、Googleが段階的に実施したペンギンアップデートにみるように、量よりも質にフォーカスした外部リンク獲得が重要です。

外部対策の方法

良質な外部リンクを得るためには、大前提として「良質なコンテンツを作成・発信していくこと」が求められます。

その上で、同ジャンルの企業や個人サイト、著名なWebサイトから発リンクしてもらうための施策を打ち出していく必要があるのです。

外部リンク獲得のポイントは、①良質なコンテンツを継続的に作ること②SNSで拡散しやすいサイト設計にすることです。

ページを閲覧したユーザーがコンテンツを利用・活用したくなるような仕組みを施しましょう

良質なコンテンツを継続的に作る

外部リンクの獲得には良質なコンテンツを継続的に作ることが重要です。

継続的につくることで外部リンクも継続的に増え、サイト全体の評価向上やドメインパワーの向上に繋がる可能性があります。

サイト全体の評価が上がれば、新しいコンテンツを追加した際に比較的早く上位に表示される可能性があります。

そうなると更に効率的に外部リンクを獲得できることに繋がります。

SNSで拡散しやすいサイト設計

せっかく良質なコンテンツを作っても、より多くの人にコンテンツを知ってもらったり読んでもらわないと意味がありません。

そこで、SNSで拡散しやすいサイト設計をすることが重要になってきます。

ユーザーが「この記事をシェアしたい!」と思ったときにすぐにシェアできるUI設計を心がける必要があります。

文頭や文末など、ユーザーが見つけやすい場所にソーシャルボタンを設置しましょう。

また、ページスクロールに合わせてソーシャルボタンがついて来る方法もあります。サイト全体のデザインも関わってきますので、各サイトにあった方法を推奨します。

外部リンク(被リンク)の効果、対策方法についてはこちらの記事でご紹介します。
関連記事: 被リンクのSEO効果|良質な被リンクの増やし方を徹底解説

外部対策の効果測定ツールの活用

良質なコンテンツを作りSNSで拡散し、実際に外部リンクの獲得ができているのかどうかを定期的に効果測定する必要があります。

今回は効果測定に役立つツール2つ、無料で使用できるGoogle Search Console(サーチコンソール)と有料のahrefsを紹介します。

Google Search Console(無料)を活用する

Google Search Console(サーチコンソール)は無料で使える分析ツールです。

サイトの検索パフォーマンスやインデックス状況、サイト内で発生している問題などを確認できます。
外部リンクについては、画面の左の「リンク」から確認できます。

自身のサイト内のどのページがリンクされているのか、外部のどのサイトからリンクされているのか、などが確認できます。

このときもし外部の不審なサイトからの外部リンクが見つかった場合、サーチコンソール上からリンクを否認することもできます。

ahrefs(有料)を活用する

また、自身のサイトだけでなく競合サイトの外部リンク獲得状況を分析することも、外部対策するうえで参考になります。

競合サイトの外部リンクを確認するためにおすすめのツールがahrefsです。

競合サイトの外部リンク数、サイトの内のどのページがリンクされているのか、外部のどのサイトからリンクされているのかなどを確認できます。

また、期間を指定して失った外部リンクや新たに増えた外部リンクを確認できるのも便利な活用方法です。

外部対策を含めたSEOツールをこちらの記事で詳しく紹介しています。関連記事:SEOツールおすすめ18選!目的別・無料ツールも紹介【2021年最新版】

外部対策の注意点

外部対策を実施する際には、Googleに「検索結果においてサイトのランキングに悪影響を与える可能性のあるリンクプログラム」と認定されないように注意する必要があります。

質の高いコンテンツを作成・発信しているだけなら問題ありません。

しかし、「リンク購入」など、積極的に外部リンク獲得をおこなう場合に陥りやすいリンクプログラムもあるため、一度は目を通しておきましょう。

まとめ

SEOにおける外部対策は、Googleの検索エンジンがページの重要度を測る上で指標としているリンク構築の最適化を目指すものです。

自社サイトのSEOにおいて優先度が下がりがちな外部対策ですが、競合サイトに差をつける上で重要な役割を果たす可能性もあるため、一つずつ実践していくことが重要となります。

   

Seminarセミナー

現在受付中のセミナーはありません。

CONTACT US

デジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください

メルマガ登録

メールマガジンはこちらからご登録ください。

デジタルマーケティングに関するホットな情報をお届けいたします。

フォームからのお問い合わせ

GMO TECHへの業務依頼、発注を希望される方はこちらよりご連絡ください。