SEO/SEM

アクセス解析とは?基本ポイントをおさえて課題を見つけよう!

アクセス解析とは?基本ポイントをおさえて課題を見つけよう!
自社サイトのアクセス解析では、サイト・ページのパフォーマンスを計測し、コンバージョンアップにつながる指標がないかを探っていくことが重要となります。

そこで今回は、おさえておきたいアクセス解析の基本と課題の見つけ方について解説していきます。アクセス解析はGoogleが公開している無料ツールで実施できますが、施策に費やせる時間やコストを考慮し、課題発見を自動化する有料ツールの利用も検討しましょう。

アクセス解析とは?

アクセス解析とは、コンバージョン(CV)アップのためにサイト・ページのアクセス状況を分析し、改善して効果が得られそうな課題を発見することです。

単に自社サイトのアクセスデータをレポート化して終わりではなく、レポート結果から「コンバージョンアップにつながる施策を推測する」ところまでが主な業務内容となります。

自社サイトのコンバージョン数を増やす方法はたくさんありますが、自社サイトに訪れているユーザーの属性や傾向が分からなければ、無駄な施策を実行してしまう可能性が高まります。

限られた予算内で最高のパフォーマンスを生むためにも、アクセス解析で課題を見つけ出しておくことが重要です。

アクセス解析を実施すべき理由

アクセス解析を実施すべき理由は2つあります。1つ目はコンバージョンアップ、2つ目は自社ブランディングです。

1つ目の「コンバージョン数の増加」についてはよく耳にするかと思いますが、2つ目も忘れてはいけません。

アクセス解析をすることで、自社サイトの改善を図る施策へと連続的につながっていきます。結果、検索エンジンでの自社コンテンツの露出が増加し、webにおけるブランディング効果が期待できるのです。

コンバージョンアップ

コンバージョン数を増やすにはアクセス解析が欠かせません。

例えば、コラム記事からコンバージョンに至るケースが一定数発生している場合、単にその事実だけを見ている間は「コラム記事の拡充」が主なコンバージョンアップの施策だと推測してしまいます。

しかし、実際はコラムごとのコンバージョン数に偏りがあり、「いくらコラム記事を増やしても、施策以降コンバージョンに結びつかなかった」といったケースに陥る可能性があるのです。

もしアクセス解析でページごとのコンバージョン率(CVR)を把握していれば、コラム記事の拡充ではなく、「リスティング広告を活用した特定ページのセッション数増加」がコンバージョンアップの施策であること判断できます。

アクセス解析で重要なのは、「どの値」が「どのようにコンバージョンに影響を与えるか」を把握することです。

まずはGoogleアナリティクスなどのアクセス解析ツールで項目を確認し、検索エンジンで用語を調べるところから始めましょう。

自社ブランディング

アクセス解析を行うことで自社サイトの課題を見つけ、継続的にそれらの課題を改善していくことで、ページコンテンツの質が向上していきます。

短期的な施策ではリスティング広告に頼っていた企業も、徐々にページ品質向上による集客効果を実感し、中長期的な施策であるコンテンツSEOへと移行していくことが想定されます。

すると、特定分野の検索キーワードにおける、自社コンテンツの上位表示率が向上します。

コンテンツSEOでは、自社サイトで設定したコンバージョンから逆算してターゲットキーワードの選定・コンテンツの作成をおこなっていくため、コンテンツが様々な検索キーワードで上位表示された暁には、特定分野における自社サイトの「優位性」や「信用性」が高まり、ブランディング効果が期待できるのです。

アクセス解析で分かること

アクセス解析の重要性を理解していただいたところで、アクセス解析で分かることについて知っておきましょう。アクセス解析をおこなうことで、主に以下のポイントが分かります。

  • 流入が多いページ
  • ユーザーの属性・流入経路
  • ユーザーのサイト内行動
  • コンバージョンポイントへの到達率
  • 特定イベント発生時の計測

自社コンテンツがWeb上で表示された回数を示す「PV(ページビュー)」をはじめ、実際にユーザーがサイトに訪れた回数を示す「セッション数」などの値を計測して、コンバージョンが低迷している問題を探っていきます。

アクセス解析ツールを活用することで、ユーザーがコンバージョンに至るまでの段階(コンバージョンポイント)を計測することも可能なため、よりサイト状況に特化した施策が打てるようになります。

サイトの問題・課題の見つけ方

実際にサイトの問題・課題を見つけていきましょう。基本的な見つけ方としては以下の手順があります。

  1. アクセス数の多いページをチェックする
  2. ページのCV・CVRをチェックする

コンバージョンが発生しない原因はページにあることがほとんどです。

様々なページのアクセス状況を調べ、改善すべき点があるかどうかを探っていきます。

アクセスが多いページをチェックする

まずはアクセス(PV・セッション数)が多いページをチェックしましょう。

チェック対象は十分なセッションが発生しているページです。逆にアクセス数が極端に少ないページや、コンバージョンが発生していないページは対象から外します。

ただし、ここで注意したいのは、「アクセス数が少ないけれど、ターゲットキーワードで上位表示されているページ」を対象から外してしまうことです。

アクセス数が少なくても、上位表示を獲得しているページはコンバージョンへの「入り口ページ」として機能する可能性があります。

ページのCV数・CVRをチェックする

次に、選定したページのコンバージョン数・コンバージョン率をチェックしていきます。

ページごとのコンバージョン数とコンバージョン率を調べることで、同じアクセス数でもコンバージョンの傾向が高いページがあることを発見できます。

ページコンテンツに改良の余地があれば修正・リライトなどを行い、同時にリスティング広告などで特定キーワードにおける露出を図りましょう。

リスティング広告では高いCTR(クリック率)を生むタイトルが求められるため、いくつかパターンを作成し、期間を指定したCTRを計測しましょう。

WordPressでのアクセス解析におすすめのプラグイン

ここからは実際のアクセス解析に使用するツールについて紹介していきます。

自社サイトの運用でWordPressを利用している企業も多いと思いますが、「ツールの連携作業などを省略して、すぐにアクセス解析を行いたい」という方は「Jetpack」というプラグインがおすすめです。

JetpackはWordPressのプラグインとして公開されているアクセス解析ツールであり、WordPressのダッシュボード内でWebサイトのアクセス状況を把握することができます。

サイト改善に欠かせないユーザー分析も可能であり、最もサイト訪問が多い曜日や時間から「コンテンツ公開の目安」、「コンテンツを宣伝すべき媒体」といった分析が行えます。

IPアドレスを活用したアクセス解析方法

IPアドレスを活用することで、自社サイトに何度も訪問している企業を特定することができます。

特にBtoB企業の担当者は自社サイトのコンテンツ作成の参考として、競合他社のコンテンツを閲覧することがあります。

また、自社サービスやコンテンツに対して興味・関心の高い企業のWeb担当者も定期的にアクセスしていることが予想されるため、IPアドレス検索で企業名を把握し、自社からアプローチをかけることができるのです。

ただし、特定できるIPアドレスは、固定IPアドレスをもった企業のみであり、変動IPアドレスを利用する個人を特定するのは困難であることを覚えておきましょう。

ちなみに、IPアドレス調査は有料アクセス解析ツールに機能として盛り込まれている場合が多く、導入コストがかかってしまうデメリットがあります。IPひろばの有料版と合わせて使用すれば、IPアドレスから企業名を予測することが可能です。

アクセス解析におすすめのツール

アクセス解析ができるツールは数多く存在するため、自社のサイト状況に合ったツールを選定することが重要となります。今回おすすめするアクセス解析ツールは以下の通りです。

  • Googleアナリティクス
  • Google Search Console
  • Deep Crawl

GoogleアナリティクスとGoogle Search Consoleは、Googleが無料で公開しているアクセス解析ツールとなります。

基本的にこの2つを駆使してアクセス解析を行っていくことになりますが、実際にアクセス解析を行うまでに連携作業が必要であったり、多少のコーディングが必要になったりします。

「迅速にアクセス解析を行いたい」や、「アクセス解析開始までの面倒な手続きを省きたい」といった方はDeep Crawlなどの有料ツールの利用をおすすめします。

Googleアナリティクス

Googleアナリティクスの画像

Googleアナリティクス」は、Googleが提供する無料アクセス解析ツールです。自社サイトと提携することで、アクセス解析に必要な様々な数値を計測することができます。また、「コンバージョン機能」を使って、サイト内で達成したいコンバージョンの設定・カスタマイズを行うことが可能です。

Google Search Console

Google_search_consoleの画像

Google Search Console(Googleサーチコンソール)」は、Googleが提供する無料アクセス解析ツールの1つです。

「ページ流入が多い検索キーワードの把握」などに適しているツールで、ターゲットキーワードでのコンテンツ上位表示できているかどうかを計測することができます。

その他にも、サイト・ページのインデックス検査を行う「カバレッジ機能」や、「モバイルフレンドリーページのチェック」といったサイト健康状況の把握が可能です。

Deep Crawl

deepcrawlの画像

Deep Crawl(ディープクロール)は、ツール内に搭載されたクローラーが、サイトの健康状態を定期的に自動チェックするアクセス解析ツールです。

GoogleアナリティクスやGoogle Search Consoleよりも、「いかにサイト内部の構造を最適化するか」にこだわったツールであるため、アクセスが伸びない原因を作っているサイト構造を効率良く発見し、施策の実行サイクルを加速させます。

まとめ

アクセス解析では、サイトのアクセス状況を調べ、コンバージョンアップの実現に必要な課題を発見することが重要です。

無料アクセス解析ツールを活用する場合は、課題の発見までに時間がかかるため、有識者のサポートを得て取り組みを進めるのも良いでしょう。

有料アクセス解析ツールを活用すれば、ベンダーのサポートが付いてくることもあるため、自社のリソース状況を把握したツール選びが重要となります。

関連記事

 
CONTACT US

デジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください

メルマガ登録

メールマガジンはこちらからご登録ください。

デジタルマーケティングに関するホットな情報をお届けいたします。

フォームからのお問い合わせ

GMO TECHへの業務依頼、発注を希望される方はこちらよりご連絡ください。

個別相談会の申込み

サービスに関するご相談・ご質問、料金プランのご相談がありましたら、個別相談会を実施しております。フォーム希望日時を記載してお送りください。