MEO

MEOとSEOの違いそれぞれのメリット・デメリットも紹介

MEOとSEOの違いそれぞれのメリット・デメリットも紹介

地域密着型のビジネスを行う事業者に注目されているMEOですが、従来から集客施策として取り組まれているSEOとの違いを認識していない事業者もいることでしょう。

どちらも取り組むことで集客効果は得られますが、ビジネスの形態・目的によって取り組むべき集客施策、取り組み度合いのバランスは変化していきます。

今一度、ビジネスの拡大・継続を図る上で重要な集客施策「MEO」と「SEO」の違いを明確にし、自社の短期的・中長期的な集客施策の軸としてMEO対策やSEO対策が実施できるかを検討していきましょう。

MEOとSEOの違い

MEOは地図エンジン最適化とよばれ、Googleマップ上で特定キーワード「地域名×キーワード(ラーメン・美容室など)」が入力された際にGoogleマイビジネスの情報を上位表示させる対策のことを指します。

一方のSEOは検索エンジン最適化であり、特定キーワードを検索エンジン上で上位表示させるために行う対策を指します。

MEOとSEOの違いは、検索者の住む場所(ローカル情報)によって検索結果が変化するか否かであり、比較表にまとめると以下のようになります。

項目 MEO SEO
意味 地図エンジン最適化 検索エンジン最適化
メリット 特定キーワードを検索するユーザーや、店舗の近くでGoogleマップを利用するユーザーに店舗情報を届けられる 特定キーワードの検索順位が検索者の住む場所(ローカル情報)に影響を受けない
デメリット ネガティブな口コミが掲載されると店舗集客に悪影響が出る 特定キーワードで上位表示させるまでに時間と労力がかかる
費用 無料
(広告出稿を除く)
無料
(広告出稿を除く)
効果が出るまでの
リードタイム
短期~中期
目安:1週間~2ヶ月
中期~長期
目安:3ヶ月以降

Googleの地図エンジンはGoogleマイビジネスの情報(ローカルビジネス情報)をもとに検索結果を表示します。

したがって、MEOは検索エンジン最適化を意味するSEOにならって「ローカルSEO」と呼ばれることもあります。

MEO対策のメリット

MEO対策を行うメリットは以下の通りです。

  • 来店見込みの高いユーザーに訴求できる
  • Googleマップの経路案内表示で来店率が上がる
  • SEOよりも競合が少なく成果が出やすい

ローカルビジネスを営む事業者がMEO対策を行うことで、ユーザーがGoogleやGoogleマップで「地域名+○○」と検索した際に検索結果の最上部に自店舗を表示させることができます。

例えば、「銀座+カフェ」でユーザーが検索した場合は以下のように地図エンジンが最適化されます。

マップ

今回は便宜上パソコンでGoogleマップの検索結果を表示していますが、スマートフォンでも同様の検索順位が表示されており、店舗名や住所、営業時間や星評価などが一目で分かるようになっています。

来店見込みの高いユーザーに訴求できる

「地域名+○○」の検索キーワードで、地図エンジンはローカルビジネス情報から検索結果を最適化しますが、「地域名+○○」のキーワードで検索するユーザーは「現在検索キーワードに入力した地域に滞在している可能性が高い」もしくは「これから検索キーワードに入力した地域に向かう可能性が高い」ユーザーと想定することが可能です。

したがって、地図エンジンの検索結果で上位を取れば取るほどユーザーの視認率は向上し、数ある競合店舗の中から自店舗に足を運んでくれる可能性が高くなります。

MEO対策を行うことで来店見込みの高いユーザーに効果的に訴求できるのが大きなメリットといえるでしょう。

Googleマップの経路案内表示で来店率が上がる

MEO対策を行うとGoogleマップ経由のユーザー来店率が向上しますが、ユーザー来店率が向上する理由の1つに「Googleマップの経路案内機能」が挙げられます。

マップ02

検索エンジンで「地域名+○○」を検索するユーザーが直後に来店するとは限りませんが、いずれ来店する確率が高いユーザーです。

つまり、来店までの時間は「来店するかどうか検討する時間」ということになります。

この検索ユーザーが比較検討に入る時間を考慮すると、Googleマップの経路案内機能で「来店にかかるストレスを軽減してあげること」は来店率向上に大いに影響すると考えられます。

SEOよりも競合が少なく成果が出やすい

MEOはSEOに比べて対策している企業や個人が少なく、比較的対策の成果が出やすいとされています。

特に地域密着型の営業を営む事業者にとってWeb施策は縁遠い対象であることも多く、取り組み状況に差が出ている状況です。

MEO対策ではGoogleマイビジネスへの登録を軸としてSNSでの露出(投稿数・ユーザーとの交流など)を意識しましょう。

また、MEOは自社サイトのSEO対策の影響も受けるため、MEO対策で余裕がある事業者はSEO対策にも取り組むとさらなる集客効果が期待できます。

MEO対策のデメリット

MEO対策のデメリットは以下の通りです。

  • ネガティブな口コミをもらう可能性がある
  • 対策ができるビジネスが限られる

MEO対策では主にGoogleマイビジネスの基本情報や拡張機能を網羅的に利用することが求められますが、店舗情報を登録してもネガティブな口コミをもらってしまったり、ビジネスの形態や目的によって効果が発揮されなかったりします。

ビジネスの形態や目的によってはMEO対策よりもSEO対策に取り組む方が効率的に集客効果が見込める可能性もあるため、MEO対策のデメリットはしっかりとおさえておきましょう。

ネガティブな口コミをもらう可能性がある

Googleマイビジネスに店舗情報を登録すると、GoogleやGoogleマップを利用するユーザーから口コミをもらうことがあります。

MEO対策を行う上で「口コミをもらうこと」自体は重要な施策となりますが、同時に「ネガティブな口コミをもらってしまう可能性」も想定しておかなければなりません。

口コミには情報の両面性が付きものですが、Googleマイビジネスの口コミ管理機能で「口コミに丁寧に返信する」といった活動を日頃から行っていると、ユーザーにオーナーやスタッフの接客態度をアピールすることも可能です。

対策できるビジネスが限られる

MEO対策は、実店舗を持ち、ユーザーが来店することでビジネスが成り立つ事業者に向いています。したがって、Webサイトの運営を行う事業者や、口コミをもらいにくい業態をもつ事業者は対策方法が限られてしまいます。

また、実店舗を保有していても、特定地域における店舗集客に事業のビジネスモデルが対応していなければ、MEO対策を行っても集客効果は見込めません。事業のビジネスモデルを考慮した場合、MEO対策よりもSEO対策の優先順位が高いこともあり得るのです。

SEO対策のメリット

ここまでMEO対策のメリット・デメリットを詳しく解説していきましたが、続いてはSEO対策のメリットを解説していきます。SEO対策を行うメリットには主に以下のようなものがあります。

  • 高い集客効果をもたらす
  • ユーザーを効率的・効果的に集客できる
  • サイトにかけた時間・労力・お金が資産となる
  • ブランディング効果がある

「MEO対策との比較」という観点からメリットを眺めると、対策方法は違いますが「高い集客効果」は同様のメリットとして挙げることが可能です。

異なる点には「サイトにかけた時間・労力・お金が資産となる」ことや「ブランディング効果がある」ことなどが挙げられ、事業者が中長期的なビジネスを展開する上で重要な集客施策となることが指摘できます。

高い集客効果をもたらす

SEO対策は自社のWebサイトを特定キーワードで検索された際に上位表示させるための集客施策であり、ビジネス運営者に対して高い集客効果をもたらします。

SEO対策が高い集客効果をもたらす理由には「ユーザーの情報収集手段がインターネット経由になっていること」が関係しており、スマートフォンでスピーディーな情報収集を行う現代人にマッチした集客施策となっています。

ユーザーを効率的・効果的に集客できる

上述の「高い集客効果をもたらす」と関係しますが、検索エンジンで検索窓に入力するユーザーは何らかの検索目的(課題)を持っており、検索行動によってスピーディーに達成(解決)したいと考えています。

つまり、検索結果に表示されたWebページ内で検索目的の達成を望んでいるのです。こうしたユーザーの能動的な検索行動は、ユーザーの購買行動モデル(AISCEAS)の3段階目:Search(検索)に当てはめることができます。

ユーザーが商品・サービスを認知し(Attention)、興味関心を持つと(Interest)、能動的な行動段階の検索(Search)へと移行していくのですが、検索エンジンでの検索行動はユーザーのニーズが顕在化した第3段階に位置しているため、商品・サービスの購入意欲が高い状態のユーザーに働きかけることになるといえます。

したがって、Web広告で商品・サービスを認知していないユーザー(第1段階)を集客するよりも、SEO対策で検索行動に入っているユーザー(第3段階)を集約する方が効率的・効果的に集客できるといえるのです。

サイトにかけた時間・労力・お金が資産となる

SEO対策で自社サイトにかけた時間・労力・お金は全て資産となります。SEO対策における記事コンテンツを作成するコンテンツ対策では、作成した記事がコンテンツとして半永久的にインターネット上に残り続けるため、継続的に集客効果をもたらすのです。

また、作成する記事コンテンツの性格上、サイト流入を狙う特定キーワードは流行に左右されない「ユーザーの悩み」をベースに選定されます。

したがって、サイトの記事コンテンツ拡充にかけた時間や労力、外部委託した場合の費用は全て「継続的な集客効果を生むユーザーインターフェース(UI)」として活躍し続けるのです。

ブランディング効果がある

SEO対策で特定キーワードの上位表示を狙うためには、特定分野で使用されるキーワード(業界用語・専門用語)に特化したキーワード選定を行う必要があります。

適切にSEO対策を行っていれば特定分野における自社サイト露出率は向上し、特定分野におけるブランディング効果を期待することができます。

SEO対策を行うメリットは、特定キーワードで自社サイトを上位表示させることでの集客施策と捉えられることも多いですが、実際は中長期的な企業のブランディング効果にも大きく寄与するのです。

SEO対策のデメリット

MEO対策に劣らないメリットをもつSEO対策ですが、対策を行うことのデメリットも存在します。

  • コンテンツの作成に労力やお金がかかる
  • 成果が得られるまでに時間がかかる

SEO対策で高い集客効果を得たり、ブランディング効果を得たりするには相応の時間と労力が必要です。Googleの検索アルゴリズムに影響を受ける形で、良くも悪くもSEO対策の集客・ブランディング効果は変動します。

選定したキーワードによっては検索結果に成果が現れるまでに半年以上を費やすこともあるため、事業者は中長期的な集客施策としてSEO対策を捉えることを余儀なくされます。

SEO対策に取り組む場合はこうしたデメリットにも十分注意しながら、自社の中長期的な集客戦略に落とし込んでいきましょう。

コンテンツの作成に労力やお金がかかる

SEO対策では「自社サイトの記事コンテンツ拡充」が主な対策事項となるケースが多く、自社に専門的な知識を有した人材がいないことから外部委託する事業者も少なくありません。

慣れない業務に疲弊することや、記事コンテンツ拡充に相応の費用がかかることもあり、我慢の必要な投資施策として取り組む姿勢が求められます。

ビジネスにおける集客施策は事業運営の肝ともいえる重要な施策のため、ユーザー集客を早急に改善する必要がある場合はSEO対策ではなく、Web広告やMEO対策に取り組む必要があるでしょう。

成果が得られるまでに時間がかかる

SEO対策はGoogleの検索エンジンの評価を獲得するまで思うように成果が出ません。また、ビジネスの中長期的な集客施策として認識している企業・事業者は多く、対策を講じている競合他社が既にいる場合が多いのが特徴です。

したがって、SEO対策を行う場合は既存の競合他社を参考にする形で戦略を立てていく必要があり、対策に取り組んでから実際の検索エンジン露出までに半年以上かかるケースもあります。

SEO対策はすぐに効果が出ないことを念頭におきながら、施策実施の有無を検討すると良いでしょう。

MEO対策・SEO対策にかかる費用

MEO対策ではGoogleマイビジネスへの登録作業が必要となりますが、自身で取り組む場合は無料でアカウント開設することができます。

当然ですが外部へ委託する場合は、対応範囲に応じて費用感は大きく変わります。

一方のSEO対策は自社で専門的な知識を有する人材がいる場合はコストをおさえられる可能性があります。しかし、自社サイトの記事コンテンツ拡充は数十記事に及ぶケースが多く、外部業者のリソースをかりてコンテンツ拡充を目指す傾向にあります。

外部委託した際の費用相場は20万~500万円と振り幅が大きく、中長期的な施策となるため、半年~1年単位でコストが発生する可能性があることを覚えておきましょう。

SEO対策を外部委託する上で注意したいのは「極端に委託金額が安い業者に依頼しない」ことです。極端に委託金額が安いSEO会社の場合、低価格で記事を量産するWebライターなどに業務を委託するケースも多く、成果物の品質が著しく低下する恐れがあります。

自社のコンテンツとしてインターネットに露出する以上、多少高くても品質に問題のない成果物を納品するSEO会社に委託するのがベストプラクティスといえるでしょう。

短期的な施策ならMEO対策、長期的な施策ならSEO対策

今回の記事ではMEOとSEOの違い、MEO対策とSEO対策の違いを見ていきましたが、短期的な集客施策を考える事業者はMEO対策を行いましょう。

また、長期的な集客施策を考える事業者はSEO対策に踏み切りましょう。短期的な集客施策にはMEO対策以外にもWeb広告を使った店舗認知、サービス認知促進もあります。

実店舗を持ち、ユーザーの来店によってビジネスが成り立つ業態の事業者は、はじめにMEO対策・Web広告に取り組み、余裕が出始めたらSEO対策にも取り組むのが理想的な集客施策の流れといえるでしょう。

まとめ

MEOとSEOはどちらも高い集客効果をもたらす点で同じですが、成果の得られる時期やかかる費用に違いが見られます。ビジネスの効率的・効果的な集客を行う上で、自社にとって今取り組むべき最適な集客施策はどちらなのかを慎重に検討すると良いでしょう。

関連記事

CONTACT US

デジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください

メルマガ登録

メールマガジンはこちらからご登録ください。

デジタルマーケティングに関するホットな情報をお届けいたします。

フォームからのお問い合わせ

GMO TECHへの業務依頼、発注を希望される方はこちらよりご連絡ください。

個別相談会の申込み

サービスに関するご相談・ご質問、料金プランのご相談がありましたら、個別相談会を実施しております。フォーム希望日時を記載してお送りください。