MEO

MEOとは?集客効果の高いMEO対策の方法やメリット・デメリットを紹介

MEOとは?集客効果の高いMEO対策の方法やメリット・デメリットを紹介

インターネットを利用するユーザーに店舗情報を効果的に伝えられるとして注目を集めているのがMEOです。MEOは地図エンジン最適化とも訳され、その名の通りGoogleマップにおける検索結果に地域や場所の情報が反映されているのが特徴です。

検索エンジン最適化として知られるSEOと同様にMEOは対策を講じることもできます。主な対策方法にはGoogleマイビジネスの登録が知られていますが、それだけでは対策は不十分といえます。

今回はMEOの基礎的な知識からMEO対策の手法、MEOのメリットなどを紹介していきます。

MEOとは

googleマップでレストラン検索
MEO(Map Engine Optimization)とは、Googleマップを対象とした地図エンジンにおいて最適化を図ることを指しています。

ローカルビジネス情報を取得して、店舗近くにいる検索ユーザーに店舗情報を露出できることから、地域密着型の店舗系ビジネスを運営する事業者におすすめの集客施策として注目を集めています。

地図エンジンの仕組み

Googleマップの地図エンジンは検索キーワードが地域や場所に影響を受ける場合、近隣店舗のローカルビジネス情報を表示する仕組みとなっています。

検索する場所によって検索結果が異なる理由はGoogleがユーザーの利便性を考えた結果であり、どこかに行きたいユーザーに対して地図エンジンを最適化するアルゴリズムを採用しているのです。

SEOとの違い

Google検索エンジンの最適化を意味するSEOとの違いは「同一キーワードでも地域や場所によって検索結果が異なること」であり、検索ユーザーのローカル情報を反映した検索結果が表示されるのが特徴です。

検索エンジン最適化がSEOであることにならい、MEOは「ローカルSEO」ともよばれています。MEOとSEOの詳しい違いはこちらの記事で解説しているため、気になる人は読んでみてください。

MEO対策3つの手法

検索ユーザーのローカル情報によって検索結果を最適化するMEOですが、具体的なMEO対策は以下の通りになります。

  • サイトタイトルに地名や場所の名称を入れる
  • Googleマイビジネスへの登録・セットアップ
  • 良い口コミを増やす

MEO対策の基本はGoogleマイビジネスへの登録・情報整備です。Googleのクローラーにローカルビジネス情報を不足なく伝えるためにも、最低限取り組んでおきたい対策となります。

また、自社サイトのタイトルに地名・場所の名称を入れるとMEO効果が高まるとされています。MEO対策は単体で取り組むべき集客施策と誤解されがちですが、実はSEO対策の影響も受けながらMEO評価が決まるといわれています。

MEO対策の詳細はこちらの記事に記載しているため、MEO対策の方法を網羅したい人は参考にしてみてください。

MEOのメリット

店舗系ビジネスを営む事業者の注目を集めているMEOのメリットは以下の通りです。

  • 来店する確率の高いユーザーが視認する
  • SEO対策に比べて競合が少ない
  • 自社完結型の集客が可能

MEOは小規模かつ店舗系ビジネスを営む事業者にとって、直接来店につなげることのできる効果的な集客施策です。

検索エンジンからの集客施策といえばSEOですが、自社に専門的な知識を持っている人材がいないことも多く、外部委託するケースで多額な費用を必要とする場合があります。

MEOでは時間さえ割けば、初期費用をかけることなく自社完結型の集客システムを構築できるため、優先度の高い集客施策として位置づけることが可能です。

来店する確率の高いユーザーが視認する

Googleの地図エンジンはユーザーの利便性を考えた結果、検索ユーザーのローカル情報に最適化した情報を表示させる仕組みとなっています。

自店舗の近くで検索するユーザーに対してローカルビジネス情報を露出することができるため、来店率の向上が期待できるのです。

SEO対策に比べて競合が少ない

MEO対策はSEO対策に比べて取り組んでいる企業・個人が少ないため、取り組みを始めてすぐに効果が出やすい集客施策といえます。

自店舗のまわりに店舗系ビジネスを営む競合他社がいない場合は、「Googleマイビジネスへの登録」と「Webサイトの作成」を済ませただけでも、特定キーワードで自店舗が上位表示されることがあります。

自社完結型の集客が可能

MEOではGoogleマイビジネスへの登録をはじめ、Webサイトの作成やGoogle広告の出稿などができれば自社リソースで完結する場合も多く、外部の業者に委託しなくても相応の効果が期待できます。

外部の業者に店舗情報の更新や定期的なユーザーへの投稿を委託した場合はタイムラグが生じてしまうことも多々あるため、自社で管理できる体制がある場合は「自社完結型の集客施策」として段階的に取り組んでいきましょう。

MEOのデメリット

MEOのデメリットは、Googleマイビジネスへ店舗情報を登録したことによる「悪い口コミの投稿」です。

ネガティブな内容の口コミはこれから来店するユーザーに悪い印象を与える可能性があり、最悪の場合、来店しない理由の1つとなり得ます。

また、Googleマイビジネスで店舗アカウントを作成した初期のMEO評価は口コミの影響を大きく受けるため、口コミの内容や数がそのままMEO評価へとつながってしまいます。

悪い口コミをもらってしまう可能性が避けられませんが、口コミをもらった後の返信でオーナー・スタッフの人柄や誠実さをアピールできるように気持ちを切り替えていくことが重要です。

MEOで上位表示させるポイント

MEOで上位表示させるポイントには以下のようなことが挙げられます。

  • 悪い口コミを放置しない
  • GoogleマイビジネスやSNSで定期的に投稿する

MEOでは店舗情報を正確に登録する初期のセットアップが重要ですが、登録後の運用もMEO評価に大きな影響を与えることが分かっています。

例えば「悪い口コミを放置しないこと」や「投稿機能を使ってユーザーに定期的に訴求すること」も重要なMEO対策となるのです。

悪い口コミを放置しない

Googleマイビジネスに店舗情報を登録すると、いつか悪い口コミをもらってしまう可能性があります。仮に悪い口コミをもらったとしても決して放置はせず、丁寧な返信によって誠実さをアピールしたり、Googleサポート側に削除依頼をしたりして状況の改善を図るようにしましょう。

GoogleマイビジネスやSNSで定期的に投稿する

SNSに定期的に投稿
Googleマイビジネスには投稿機能が付いており、最新情報やイベント情報などを公開することができます。

また、MEO評価にはサイテーション(Web上での言及や記述)の有無や度合いも含まれており、FacebookやInstagramで定期的に投稿を行っているかどうかもランキングに影響するため、普段からSNSでユーザーと交流を図ったり、言及されるような話題作りを行ったりといった取り組みが必要になるでしょう。

MEO広告のやり方と注意点

地図エンジン最適化を図るMEOでは広告の出稿が可能です。Googleマイビジネスの店舗アカウントを保有していて、Google広告と連携できる事業者は「リスティング広告」として広告を出稿することができます。

ただし、注意点もあり、MEO広告は地図エンジン上だけに広告を掲載するのではなく、通常の検索エンジンでも広告を出稿することになります。MEO広告では予算を予め決めて効果を計測するのが重要です。

まとめ

MEOのメリットは来店する確率の高いユーザーに店舗情報を露出できることです。MEOはSEOに比べて安いコストで対策ができ、自店舗のまわりに競合他社がいなければ高い集客効果が期待できます。

MEO対策の全てを外部の業者に委託するのはデメリットもあるため、できるだけ自社で完結できるような取り組みを実施しましょう。

関連記事

CONTACT US

デジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください

メルマガ登録

メールマガジンはこちらからご登録ください。

デジタルマーケティングに関するホットな情報をお届けいたします。

フォームからのお問い合わせ

GMO TECHへの業務依頼、発注を希望される方はこちらよりご連絡ください。

個別相談会の申込み

サービスに関するご相談・ご質問、料金プランのご相談がありましたら、個別相談会を実施しております。フォーム希望日時を記載してお送りください。