MEO

ローカルSEOとは?SEO・MEOとの違いやメリット、基本的な対策ポイントと注意点を解説

ローカルSEOとは?SEO・MEOとの違いやメリット、基本的な対策ポイントと注意点を解説
ローカルSEOとは、特定の場所を検索する際に上位表示される施策のことです。

スマートフォンの普及によって、どこからでもインターネットにアクセスできるため、その重要度が注目されるようになりました。

現在の検索結果は、個人の嗜好に合わせたWebページをカスタマイズして表示されるようになり、その利便性は計り知れません。

ローカルSEOを駆使したビジネスは今後ますます需要を増すことが考えられます。

本記事では、ローカルSEOのメリットや上位表示させるための対策法、注意点について解説します。

ローカルSEOとは

ローカルSEOとは、検索エンジンの検索結果やマップ検索結果に表示されるように最適化を行う、地域性に特化したSEOのことです。

たとえば、「品川病院」「カフェ渋谷」といった特定の地域名を含むキーワードで検索上位表示を目指す施策です。

ローカルSEOとは

通常は地域系ワードが含まれますが、現に存在する場所に行きたいというニーズをもったキーワードであれば、地域系ワードがなくても自動的に検索エンジンが近隣の目的地を表示します。

ローカルSEOはGoogleマイビジネスの情報が表示されるため、情報の充実化が必須です。

検索上位化に向けてユーザーが求める最新情報を正しくスピーディーに提供することが求まれます。

SEOとの違い

SEOとはSearch Engine Optimizationの略称で「検索エンジン最適化」と訳されます。

検索結果の上位表示を目的とする施策であり、ローカルSEOのような地域性という限定的なキーワードの対策ではありません。

つまり、SEOはWebサイトの上位表示化を目的とし、ローカルSEOはGoogleマップ上で競合よりも優位に表示されるための対策といえます。

自然検索で上位表示することはキーワードによって難易度が異なります。

検索結果第1位に表示されるとクリック率が28%(2020年度調査)、第2位では15.7%、第3位では11%という調査結果もあります。

1位になる意義が大きいことがわかります。上位表示は最終的なコンバージョンに関わる問題なので、サイト運営者はこぞってSEOに注力しているのが現状です。

SEOとの違い

MEOとはMap Engine Optimizationの略語で、マップエンジン最適化と訳されます。

結論から言うと、MEOもローカルSEOと同意です。海外では「ローカルSEO」、日本では「MEO」と呼ばれます。MEOは日本固有の呼称です。

ローカルSEOの種類

ローカルSEOの種類で代表的な表示は以下の通りです。

  • ローカルパック
  • ナレッジパネル

ローカル情報(地域情報)をパッケージ化して表示するのが「ローカルパック」です。

「ナレッジパネル」は、人物や組織、場所などをGoogle検索した時に検索結果上に表示される情報ボックスです。

ローカルパックやナレッジパネルは情報を端的に伝えられるため、表示されると多くのトラフィックが期待できるためきちんと狙ったキーワードで表示できるように対策することが重要です。

ローカルパック

ローカルパックとは、地域系ワードを含むキーワードで検索した時に検索結果画面に表示されるGoogleマップのリスト情報です。

ローカルパックの表示は主に3つあります。

  • 通常のローカルパック
  • ローカルスナックパック
  • ローカルABCパック

近年はローカルパックが上位表示される傾向が強く、飲食店や美容院などは大手ポータルサイトよりも上位表示されるので、ローカルSEO対策の重要性が増しているといえるでしょう。

通常のローカルパック

通常のローカルパックはもっとも一般的な表示方法です。

「地域系ワード+キーワード」でGoogle検索した場合に検索結果画面の上部に表示されます。大半の表示がこの通常のローカルパックです。
通常のローカルパック
表示されるローカル情報は画像のように3件あります。

これを「ローカルパック3」と呼びます。ローカル情報の内容はさまざまですが、主に以下のような内容が反映されます。

  • ビジネス名
  • 口コミ評価
  • 口コミ数
  • 業種
  • 住所
  • 電話番号
  • 営業時間
  • オンライン予約
  • HPリンク
  • ルートリンク

ローカルスナックパック

ローカルスナックパックとは、飲食やサービス、娯楽といった業態で表示されます。

通常のローカルパックと違い、電話番号やWebサイト、予約情報、ルートリンクが表示されません。代わりに料理や店内の雰囲気がわかる写真が表示されます。
ローカルスナックパック

ローカルABCパック

ローカルABCパックとは、評価に左右されにくい検索に表れます。

たとえば、店舗の固有名詞や駐車場、コンビニ、薬局などが当たります。表示の特徴としては、ユーザーからの評価(口コミや星の数)が表示されません。
ローカルABCパック

ナレッジパネル

ナレッジパネルとは企業名や店舗名などを検索したときに、画面の右側に表示されているビジネス情報(企業名や店舗名)・ビジネスの画像などのことです。
ナレッジパネル
ローカルパックと同様にWebサイトを見なくても検索結果上でローカル情報の概要がわかります。

ローカル情報の内容はGoogleマイビジネスの登録情報が反映されるしくみです。

ローカル情報が充実していると潜在・顕在顧客に効果的なアプローチができるため、自社Webサイトとともにメンテナスすることが大切です。

ローカルSEOのメリット・効果

ローカルSEOのメリット・効果は以下のようなことが考えられます。

  • 競合が少ない
  • 集客に直結しやすい
  • 費用対効果の高い集客ができる

ローカルSEOはSEOよりも対策の幅が狭いので、競合が少ない傾向にあります。

その点でSEOに比べて集客のハードルは低くなります。低予算で始められるのも店舗オーナーにとってはメリットではないでしょうか。

このようなメリットや効果をわかっていると、より一層ローカルSEOを実践する意義が見えてくるでしょう。

競合が少ない

SEO対策は検索結果すべてに対して上位化を目指す施策ですが、ローカルSEOはローカル検索に限定されるため、競合は近郊店舗に絞られます。そのため競合性が低くなります。

そのため、競合が少ない分、対策の難易度も下がります。対策内容がローカル情報、口コミ対策、キーワード対策だけなのでSEO対策よりシンプルです。

集客に直結しやすい

特定の地域を検索するユーザーはその場所に行きたいから検索していることが多いので集客に直結しやすいといえます。

住所や店舗名、マップの他に電話ボタンがあるので、予約しやすい、つまりアクションに移りやすいのが要因といえるでしょう。

また、ローカルSEOによって自社のローカル情報が上位表示されると、ユーザーの目に触れる機会も増大します。直接的な集客ではありませんが、認知度をコツコツ高めていけば、中長期的な集客化につながります

費用対効果の高い集客ができる

ローカル情報の情報源はGoogleマイビジネスです。したがって、Googleマイビジネスの登録は積極的行いたいものです。Googleマイビジネスの運用は無料で実施できます。(ただし、運用ツールなど利用する場合は別途費用がかかります。)

ローカル情報の精度によっては集客効果にも影響してくるため、成功すれば費用対効果の高い集客も可能となるでしょう。

基本的なローカルSEOの対策

基本的なローカルSEO対策では、まずGoogleマイビジネスの登録が重要です。Googleマイビジネスの登録は、ローカルパックやナレッジパネルの情報源となります。Googleマイビジネスの登録を怠ると検索結果に表示されることもなく、集客のチャンスロスになります。

登録上で留意しておきたいポイントは以下の通りです。

  • 関連性
  • 距離
  • 知名度
  • 「NAP」表記

関連性、距離、知名度の3点はGoogleが「ローカル検索結果のランキングが決定される仕組み」として公式発表しています。

つまり、この3点を留意しない登録情報はGoogleマイビジネスの上位表示から遠ざかることを意味するので、十分に留意しましょう。

さらに上記3点に加え、「NAP」表記も大切な要素です。「NAP」とはビジネス情報(Name)、所在地(Address)、Phone(電話番号)の頭文字をとった造語ですが、この「NAP」情報を正確に表記することが情報の信ぴょう性につながります。

情報に間違えがあればユーザーを困惑させてしまいます。最終的に集客にも悪影響が出てくるのでしっかり確認するようにしましょう。

なお、具体的な登録方法については以下の記事をご覧ください。

関連性

「関連性」とは検索キーワードとローカル情報の関連性を高めることを意味します。Googleマイビジネスに登録できるローカル情報は以下の通りです。

  • 名前
  • 住所
  • ウェブサイト
  • カテゴリ
  • 営業時間
  • URL
  • 属性
  • 写真

たとえば、フランス料理店ならば「フランス料理店」というカテゴリとし、属性に「定番のフランス料理が楽しめるくつろげる」などの関連性のある情報を登録すると「関連性」の強い情報とみなされます。

距離

「距離」とは、検索キーワードで指定した場所から店舗までの距離を意味します。

たとえば、「美容院」という地域名がないキーワードの場合、検索結果には最もユーザーの現在地から近い場所が認識されます。

つまり、自店舗の近隣で美容院を探すユーザーを確実に来店につなげるためにも正確な住所を登録必要があります。

知名度

「知名度」は、Webだけでなくオフラインにおける大衆の認知度を意味します。

Web上での知名度ではWebサイトの充実度や口コミなどが影響します。

一方、オフラインの知名度はローカルSEOとは違った有名店になるための施策です。Webとオフライン双方で知名度を上げることが求められます。

Webの知名度に関しては、良質な口コミを集めることやユーザーファーストのSEOを継続することで対策できます。

NAP表記の統一

「NAP」表記の統一とは、「Name」「Address」「Phone」の表記ゆれがないように統一させることを意味します。
特に表記で気を付けたいポイントは以下の通りです。

  • Name(店舗・施設名称)
    • アルファベットかカタカナの統一:(例)「フラワーショップ○○」「Flour Shop○○」
    • 株式会社と(株)の統一:(例)「○○商事株式会社」「○○商事(株)」
  • Address(住所)
    • 漢字とアルファベットの統一:「1階・1F」
    • 半角全角やスペース、ハイフン(「-」)表記の統一:(例)「1-1-1」「1丁目1の1」
  • Phone(電話番号)
    • 市外局番の「( )」表記を統一:(例)「(03)」「03」
    • ハイフン(「-」)表記の統一:「03-0000」「030000」

ユーザーがローカル情報を検索した際、GoogleはGoogleマイビジネス、Webサイト、SNSなど、あらゆるコンテンツのNAP情報とユーザーの位置情報をもとに最も関連性のある結果を表示させようとします。

もし、コンテンツごとにNAP表記が異なるとGoogleはそれぞれ別情報と認識してしまうので、検索結果に表示される可能性が低くなります。

また、ユーザーもコンテンツごとにNAP表記が異なるとどれが正しいのか混乱します。したがって、表記は100%統一させることが大切です。

ローカルSEO対策の注意点

ローカルSEO対策の注意点は以下の通りです。

  • 口コミへの返信は誠意をもって行う
  • ビジネス情報の追加・修正はこまめに行う

上記2点を行う上で気を付けたいことは地道に続けることです。

長期的に行うことで少しずつユーザーとGoogleからの信頼を得ることができます。

したがって、片手間ではなく、事業の一環として実践することが大切です。

口コミへの返信は誠意をもって行う

Googleマップはユーザーが感想や意見を投稿できる機能があります。店舗オーナーはGoogleマイビジネスに登録していると口コミに返信することができます。

口コミに返信すると以下のような効果があります。

  • ユーザーとのコミュニケーションが生まれる
  • ネガティブな口コミについても誠意をもって返信すると信頼を得ることができる
  • 良好な口コミが増えるとローカルSEO対策になる
  • 活発なコミュニケーションの中に顧客ニーズを察知できる

ユーザーに寄り添った誠意ある対応は、Googleのユーザーファーストの考え方と方向性が一致します。

したがってGoogleに評価されるにはユーザーへの良心的な対応につきます。その一つに口コミへの返信があります。

オーナーにとって好ましくない口コミであっても、今後の改善策や努力する様子を伝えるような返信ができればユーザーへの信頼構築につながります。

信頼が高まれば、ローカルSEO対策にも発展するので、日ごろから口コミ管理を丁寧に行うことが大切です。

Googleマイビジネス情報の追加・修正はこまめに行う

Googleマイビジネス情報の追加・修正は、こまめに行うとローカルSEOの効果が高まります。

Googleマイビジネスの上位表示は、キーワードとの関連性の高さがカギです。よって、関連性のある情報をできるだけ多く記載しておく必要があります。

具体的には最新情報が出れば追記したり、住所や電話番号など微妙に表示が違うところがあれば修正したりします。

まとめ

ローカルSEO には、ローカルパックやナレッジパネルが代表的ですが、表示されると検索結果上で目立つことができるため、ユーザーへの訴求力は抜群です。今後ますます需要が高まることも予想されます。

まずはローカルSEOに必須のGoogleマイビジネスの登録から始めましょう。Google検索やマップ上で露出できるようになれば、多くのユーザーに自社をアピールできます。

地域系ワードでキーワード検索するユーザーがターゲット層になる方はローカルSEOに取り組んでみるとよいでしょう。

ローカルSEOでお困りの際はぜひ弊社にご相談ください。

   

Seminarセミナー

現在受付中のセミナーはありません。

CONTACT US

デジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください

メルマガ登録

メールマガジンはこちらからご登録ください。

デジタルマーケティングに関するホットな情報をお届けいたします。

フォームからのお問い合わせ

GMO TECHへの業務依頼、発注を希望される方はこちらよりご連絡ください。