MEO

Googleマイビジネスの登録方法|初心者にも簡単な登録手順を説明

Googleマイビジネスの登録方法|初心者にも簡単な登録手順を説明
  • facebook
  • twitter
今回の記事では、初めてGoogleマイビジネスでビジネス情報を登録する人のために、想定されるパターンに分けて登録手順を解説していきます。

既にGoogle検索やGoogleマップで「自店舗のビジネス情報が登録されていた」という店舗経営者様でもビジネスオーナーになることができますので、この記事を読んでいただければと思います。

また、ビジネス名を入力する際の注意点などもあるため、合わせて覚えておきましょう。

Googleマイビジネスの登録前に確認しておくこと

Googleマイビジネスを活用してMEO対策を行う前に、以下の2つの事柄を確認しておきましょう。

  • Gmailアドレスの取得
  • Googleマップでの自店舗登録状

Googleマイビジネスを利用するにはGmailアカウントの発行が必須となるため、登録を先に済ませておく必要があります。

また、管理する予定のビジネス情報が既にGoogle検索やGoogleマップ上で表示されていないかを確認しましょう。

既にビジネス情報が作成されていた場合は、「ビジネス情報のオーナー確認」を済ませると管理を開始することができます。

Gmailアドレスの取得

Googleマイビジネスは、Googleが提供するメールサービス「Gmail」のアカウントを持っていなければ使用できません。

プライベートでアカウントを発行している方も多いと思われますが、Googleマイビジネスのサポート側から各メールが届くため、Googleマイビジネス専用のアカウントを新たに作成するのがおすすめです。

ちなみに、Googleマイビジネス用に作成するアカウントは「ビジネス用」でなくても問題ありません。

Gmailアカウントは無料で発行できるため、未発行の方は作成しておきましょう。

Googleマップでの自店舗登録状況

自店舗のビジネス情報をGoogleマイビジネスで管理する場合は、Google検索やGoogleマップでの自店舗登録状況を確認しましょう。

「ビジネス情報を作成したことがないのに自店舗が登録されているの?」と気になった方がいるかもしれませんが、ビジネス情報はGoogleユーザーによって登録することができます。

ローカルガイドは、クチコミや写真の投稿、情報の追加や編集といった作業を通じて Google マップに命を吹き込み、人々が世界中の場所をさらに便利に、もっと楽しく、じっくり味わって探索できるようにする役割を担っています。

引用元:ローカルガイドヘルプ

ローカルガイドヘルプに記載された内容から分かるように、GoogleはGoogleマップに登録された情報を完璧なものとしては捉えていません。

ユーザーによる口コミや写真の追加、情報の編集などを通じて「命が吹き込まれる」と解釈しています。

つまり、Google検索やGoogleマップにおけるビジネス情報は、ユーザーによって「いつの間にか」登録されていても不思議ではないのです。

ただし、ユーザーによって登録・編集された情報が常に正しいとは限りません。

当然、自店舗の運営状況を知っているのは経営者自身であるため、間違った情報が掲載されている場合は修正する必要があります。

以下の小見出しでは、既にビジネス情報が登録されていた場合に、ビジネスオーナーとなる手順を紹介します。

ナレッジパネルの「このビジネスのオーナーですか?」を選択

Google検索やGoogleマップ上で自店舗のビジネス情報が登録されていた場合、ナレッジパネルの「このビジネスのオーナーですか?」を選択することで、当該ビジネス情報のオーナーになることができます。
「このビジネスのオーナーですか?」確認画面

Google検索上ではナレッジパネルでの表示となり、Googleマップ上ではビジネスプロフィールでの表示となります。

「管理を開始」を選択

「管理を開始」選択画面
「ビジネスオーナーですか?」を選択した後は、当該写真のような画面に遷移します。「管理を開始」を選択することでビジネスオーナー確認の方法を選択することが可能です。

オーナー確認方法の選択

オーナー確認方法
オーナー確認の方法には以下の選択肢がありますが、店舗型ビジネスでは基本的に「ハガキの郵送」によってビジネスオーナーの確認を行う必要があります。

  • ハガキ
  • メール
  • 電話
  • Search Console

ハガキ以外のオーナー確認方法は、非店舗型ビジネスの場合に限り有効となる機能です。

詳しくは、Googleマイビジネスヘルプの「Google上のローカルビジネスのオーナー確認を行う」を参照してください。

Googleマイビジネスの登録方法

ここからは自店舗のビジネス情報を新規で作成する場合の登録方法について説明していきます。Googleマイビジネスの登録方法は以下の通りです。

  1. 「Googleマイビジネス」にアクセス
  2. ビジネス名の入力
  3. ビジネスカテゴリの選択
  4. 店舗住所の入力
  5. Googleマップでマーカーを配置する
  6. ナレッジパネルに表示する情報の入力

Googleマイビジネスへの登録作業は早ければ5分程度で終了します。

Googleマイビジネスの登録のチュートリアルでは、「スキップする」というタブが表示される場合がありますが、入力した情報がそのままGoogle検索やGoogleマップ上でユーザーに表示されるため、全ての項目を埋めることをおすすめします。

なお、ビジネス情報は後で編集可能です。

Googleマイビジネスにアクセス

Googleマイビジネスにアクセス
まずはGoogleマイビジネスにアクセスしましょう。表示画面の「今すぐ開始」を選択します。

ビジネス名の入力

ビジネス名の入力

遷移した画面でビジネスの名称を入力していきます。店舗の名称やサービスの名称などを入力し、入力した名称で既にビジネス情報が登録されていないかを確認します。
ビジネス名入力画面
確認画面でビジネス名称を確認した後、「次へ」を選択します。

ビジネスカテゴリの選択

ビジネスカテゴリの選択

ビジネスカテゴリは、管理するビジネス情報の属性をGoogleに伝える上で重要な役割を果たすとされています。

飲食店と入力して「和食店」や「韓国食料品店」、「飲茶・点心店」などがプルダウン表示されることからも、Googleが店舗の属性を把握する上で重要な要素と位置づけているのが推測されます。

店舗確認・店舗住所の入力

店舗確認・店舗住所の入力
次に店舗住所を記載していきますが、管理するビジネス情報の場所にユーザーが訪れることができる場所かどうかの質問があります。

ここで「はい」を選択することで住所入力画面へと進むことができます。
住所の入力画面

Googleマップでマーカーを配置する

ビジネスの所在地マーカー
店舗住所を入力した後は、Googleマップ上で表示するマーカーの場所を調整していきます。

参考画像のように画面が表示されるため、拡大表示しながら店舗の場所にマーカーを合わせましょう。

ナレッジパネルに表示する情報の入力

ナレッジパネル情報の入力
マーカー選択を終えた後は、Google検索のナレッジパネルに表示する情報を入力していきます。

店舗の連絡先として電話番号を入力したり、ユーザーが店舗の詳細情報を得るためのWebサイトを入力したりすることができます。

入力が完了した後は、ビジネスオーナーであることをGoogleが確認する手段「オーナー確認」へと進みましょう。

「オーナー確認」が済んでいない間は機能が制限される

Googleマイビジネスの各機能は、「オーナー確認」が済んでいない間は利用できません。

投稿機能はもちろんのこと、ユーザーによって投稿された口コミに対しても返信できないため、作成初期の段階でオーナー確認を済ませる必要があります。

オーナー確認は、ダッシュボード画面に表示されているカードの「今すぐオーナー確認」を選択して手続きが可能です。
オーナーの確認方法
オーナー確認は「ハガキによる確認」が基本となります。ハガキが到着するまでに10日以上かかることもあるため、なるべく早めに手続きすることをおすすめします。

ビジネス名を入力する際の注意点

Googleマイビジネスで管理するビジネス情報の「ビジネス名」には、不要な情報を含めることができません。

不要な情報には「キャッチフレーズ」や「営業時間表示」などがありますが、詳細について知りたい方は「Google に掲載するローカル ビジネス情報のガイドライン」を参照してください。

また、不要な情報をビジネス名に記載した場合は、ビジネス情報の管理権限が停止される可能性があるため注意しましょう。

Googleマイビジネスの登録作業は外部に委託できる

Googleマイビジネスの登録は、チュートリアルに従って入力を進めることで簡単に済ませることが可能です。

とはいえ、既にビジネス情報がユーザーによって登録されていたり、オーナー確認のためにハガキを受け取る必要があったりと、普段の店舗運営の合間に対応するのは一苦労でしょう。

もし自店舗でGoogleマイビジネスの登録作業を行える人材がいない場合は、「MEO Dash!byGMO」の登録・運用代行サービスを活用してみてはいかがでしょうか。

Googleマイビジネスの登録作業のみならず、口コミ返信代行や、定期的な投稿なども運用プランに含まれています。

対策KW数によってプランも柔軟に変化させることが可能ですので、まずは店舗状況を記載の上、お問い合わせいただけますと幸いです。

関連記事

 
CONTACT US

デジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください

メルマガ登録

メールマガジンはこちらからご登録ください。

デジタルマーケティングに関するホットな情報をお届けいたします。

フォームからのお問い合わせ

GMO TECHへの業務依頼、発注を希望される方はこちらよりご連絡ください。

個別相談会の申込み

サービスに関するご相談・ご質問、料金プランのご相談がありましたら、個別相談会を実施しております。フォーム希望日時を記載してお送りください。