MEO

Googleマイビジネスのアカウント作成~登録の手順|初心者でもすぐに実践できる簡単操作マニュアル

Googleマイビジネスのアカウント作成~登録の手順|初心者でもすぐに実践できる簡単操作マニュアル
今回の記事では、初めてGoogleマイビジネスでビジネス情報を登録する人のために、想定されるパターンに分けて登録手順を解説していきます。

既にGoogle検索やGoogleマップで「自店舗のビジネス情報が登録されていた」という店舗経営者様でもビジネスオーナーになることができますので、この記事を読んでいただければと思います。

また、ビジネス名を入力する際の注意点などもあるため、合わせて覚えておきましょう。

Googleマイビジネスの機能とは?

Googleマイビジネスとは、無料で店舗情報を登録でき、Google検索やマップ上でわかりやすく表示させることができるツールです。

Google検索やマップに掲載されるとユーザーの目に触れる機会が増えるため、集客や知名度のアップにつながります。

店舗集客に利用価値が高いGoogleマイビジネスですが、主な機能は以下の通りです。

  • 投稿機能
  • 口コミ機能
  • インサイト機能
  • Webサイト作成機能

上記の機能はどれをとっても店舗経営の強い味方になってくれます。これらを上手に活用できるかどうかで集客に大きく差が出てきます。

投稿機能

Googleマイビジネスには店舗情報をインターネット上で公開する「投稿機能」があります。

投稿の内容は、イベント情報や商品宣伝、最新情報の発信など自社情報を24時間自由にリアルタイムの情報発信ができます。

例えば、季節限定のサービスやイベント情報、新メニューのお知らせなどを随時投稿することで店舗のリアルな情報を伝えることができ、ユーザーの反応を得やすくなります。

また、ユーザーは店舗の最新情報がわかると興味や関心を寄せやすくなるので、店舗へ来店する可能性が高まります。

口コミ機能

口コミ機能とは、ユーザーが店舗の感想や意見(口コミ)を書き、店舗オーナーはその口コミに返信できる機能です。

ユーザーの口コミは店舗の認知・人気・信頼の度合がわかるため、店舗オーナーにとって重要な経営指標です。

一方ユーザーにとっての口コミは、店舗選びの際に欠かせない情報源です。よい口コミが多いほど店舗へのイメージも向上するため、来店したいという気持ちにさせます。

このような効果があるため、口コミ施策に力を入れる店舗オーナーは多い傾向です。

インサイト機能

Googleマイビジネスでは自社情報を見たユーザーの属性や行動状況など、つまりインサイト情報を把握できます。

インサイト機能はユーザーの性別・年齢・電話の回数、ページの表示回数などを数値化したレポートを確認できるため、定期的に解析や改善に役立ちます。

例えば、想定するユーザー以外が思いのほかアクセスしていたことに気づくきっかけになったりもします。

Webサイト作成機能

簡易のシンプルなWebサイトであればGoogleマイビジネスで作成できます。

無料で作成できるため、Webサイト制作の費用をかけられない店舗にとっては利用価値が高いでしょう。

Webサイト作成機能にはテンプレートが用意されているので所要時間10分程度あれば完成します。

本格的なWebサイトを制作中であるが、完成はまだ先という店舗もビジネス情報をアピールするための足掛かりとして積極的に活用するとよいでしょう。

Googleマイビジネスの登録前に確認しておくこと

Googleマイビジネスを活用してMEO対策を行う前に、以下の2つの事柄を確認しておきましょう。

  • Gmailアカウントの登録状況
  • Googleマップでの自店舗登録状

Googleマイビジネスを利用するにはGmailアカウントの発行が必須となるため、登録を先に済ませておく必要があります。

また、管理する予定のビジネス情報が既にGoogle検索やGoogleマップ上で表示されていないかを確認しましょう。

既にビジネス情報が作成されていた場合は、「ビジネス情報のオーナー確認」を済ませると管理を開始することができます。

Gmailアカウントの登録状況

Googleマイビジネスは、Googleが提供するメールサービス「Gmail」のアカウントを持っていなければ使用できません。

Googleアカウントは無料アカウント、有料アカウント(Google Workspace(旧 G Suite))のいずれでも良いです。

広く使われているのは無料アカウントですが、有料アカウントはセキュリティ性が高く、データの保存やビジネスメンバーの管理に優れており、何かトラブルが発生した際は24時間365日サポートします。

Googleのビジネスに特化した機能も含めて利用したい場合は検討するとよいでしょう。

今回は利用者の多い無料アカウントの作成手順を紹介します。

無料アカウントは「自分用」と「ビジネスの管理用」があり、どちらかを選ぶことが前提となります。それぞれの違いは以下の通りです。

  • 「自分用」:個人向けのアカウントを作成したい場合に選ぶ
  • 「ビジネスの管理用」:デフォルトで「ビジネス用にカスタマイズ」がオンになっており、アカウント作成後、そのままGoogleマイビジネスなどのビジネス関連サービスを登録可能

以降、それぞれのアカウント作成手順を紹介します。

「自分用」アカウントの作成方法

「自分用」アカウントの登録手順は以下の通りです。

  1. Googleのホームページにアクセスして、右端の「ログイン」をクリックします。自分用Googleアカウント作成画面(ログイン画面)
  2. 「アカウントを作成」をクリックして、「自分用」をクリックします。自分用Googleアカウント作成画面(「自分用」を選択)
  3. Googleアカウント作成画面が表示されるので、必要事項を入力して「次へ」をクリックします。Googleアカウント作成画面(必要事項入力画面)
  4. 電話番号を入力したら「次へ」をクリックします。自分用Googleアカウント作成画面(電話番号入力)
  5. 手順4で入力した電話番号にテキストメッセージでGoogleから確認コードが送られるので、確認コードを正しく入力して「確認」をクリックします。自分用Googleアカウント作成画面(セキュリティコード入力画面)
  6. 必要事項を入力します。自分用Googleアカウント作成画面(再設定用アドレスや必要事項の入力)
  7. 電話番号の活用について確認し、「はい、追加します」「スキップ」のどちらかをクリックします。スキップはあとで決定したい場合に選択します。自分用Googleアカウント作成画面(電話番号の活用)
  8. 「プライバシーポリシーと利用規約」を読み、問題がなければ「同意する」をクリックします。自分用Googleアカウント作成画面(プライバシーポリシーと利用規約)
  9. Googleアカウントのトップ画像が表示されると登録完了です。自分用Googleアカウント作成画面(登録完了)

「ビジネス管理用」アカウントの作成方法

「ビジネス管理用」アカウントも「自分用」のアカウント作成手順とほぼ一緒です。

ここでは「自分用」と異なる点のみ説明します。

  1. Googleのホームページにアクセスして、画面右上の「ログイン」をクリックした後、ログイン画面が表示されるので、「ビジネスの管理用」をクリックします。ビジネス用Googleアカウント作成画面
  2. 「自分用」と同様に必要事項を入力Googleアカウント作成画面(必要事項入力画面)
  3. 以降、「プライバシーポリシーと利用規約」のページまで「自分用」アカウント作成手順と同じです。
  4. 手順3まで終了すると、「ビジネス管理用」アカウントではビジネスプロフィールを追加する画面が表示されます。「続行」をクリックしましょう。なお、ビジネスプロフィールはいつでも入力できるので「後で」をクリックしてもよいです。「後で」をクリックするとこの時点でアカウント登録は終了します。ビジネス用Googleアカウント作成画面(登録完了)
    なお、手順4で「続行」をクリックすると、以下画像のページに遷移します。ビジネス情報を入力する場合は「始める」をクリックします。ビジネス用Googleアカウント作成画面(ビジネス情報入力)

Googleマップでの自店舗登録状況

自店舗のビジネス情報をGoogleマイビジネスで管理する場合は、Google検索やGoogleマップでの自店舗登録状況を確認しましょう。

自店舗のオーナーが自らビジネス状況を登録した(あるいは業者委託して登録を代行してもらった)場合で、オーナー確認が済んでいれば問題ありません。

しかし、店舗オーナーは一度もビジネス情報を作成したことがないのに自店舗が登録されることもあるので注意が必要です。

なぜなら、ビジネス情報はGoogleユーザーによって登録することができるからです。

ローカルガイドヘルプに記載された内容から分かるように、GoogleはGoogleマップに登録された情報を完璧なものとしては捉えていません。

ローカルガイドは、クチコミや写真の投稿、情報の追加や編集といった作業を通じて Google マップに命を吹き込み、人々が世界中の場所をさらに便利に、もっと楽しく、じっくり味わって探索できるようにする役割を担っています。

引用元:ローカルガイドヘルプ

ユーザーによる口コミや写真の追加、情報の編集などを通じて「命が吹き込まれる」と解釈しています。

つまり、Google検索やGoogleマップにおけるビジネス情報は、ユーザーによって「いつの間にか」登録されていても不思議ではないのです。

ただし、ユーザーによって登録・編集された情報が常に正しいとは限りません。

当然、自店舗の運営状況を知っているのは経営者自身であるため、間違った情報が掲載されている場合は修正する必要があります。

経営者が自らの手で修正作業するには、まず「ビジネスオーナー」にならなければいけません。

以下の小見出しでは、既にビジネス情報が登録されていた場合に、ビジネスオーナーとなる手順を紹介します。

ナレッジパネルの「このビジネスのオーナーですか?」を選択

Google検索やGoogleマップ上で自店舗のビジネス情報が登録されていた場合、ナレッジパネルの「このビジネスのオーナーですか?」を選択することで、当該ビジネス情報のオーナーになることができます。
「このビジネスのオーナーですか?」確認画面

Google検索上ではナレッジパネルでの表示となり、Googleマップ上ではビジネスプロフィールでの表示となります。

「管理を開始」を選択

「管理を開始」選択画面
「ビジネスオーナーですか?」を選択した後は、当該写真のような画面に遷移します。「管理を開始」を選択することでビジネスオーナー確認の方法を選択することが可能です。

オーナー確認方法の選択

オーナー確認方法
オーナー確認の方法には以下の選択肢がありますが、店舗型ビジネスでは基本的に「ハガキの郵送」によってビジネスオーナーの確認を行う必要があります。

  • ハガキ
  • メール
  • 電話
  • Search Console

ハガキ以外のオーナー確認方法は、非店舗型ビジネスの場合に限り有効となる機能です。

詳しくは、Googleマイビジネスヘルプの「Google上のローカルビジネスのオーナー確認を行う」を参照してください。

Googleマイビジネスの登録方法

ここからは自店舗のビジネス情報を新規で作成する場合の登録方法について説明していきます。Googleマイビジネスの登録方法は以下の通りです。

  1. 「Googleマイビジネス」にアクセス
  2. ビジネス名の入力
  3. ビジネスカテゴリの選択
  4. 店舗住所の入力
  5. Googleマップでマーカーを配置する
  6. ナレッジパネルに表示する情報の入力

Googleマイビジネスへの登録作業は早ければ5分程度で終了します。

Googleマイビジネスの登録のチュートリアルでは、「スキップする」というタブが表示される場合がありますが、入力した情報がそのままGoogle検索やGoogleマップ上でユーザーに表示されるため、全ての項目を埋めることをおすすめします。

なお、ビジネス情報は後で編集可能です。

Googleマイビジネスにアクセス

Googleマイビジネスにアクセス
まずはGoogleマイビジネスにアクセスしましょう。表示画面の「今すぐ開始」を選択します。

ビジネス名の入力

ビジネス名の入力

遷移した画面でビジネスの名称を入力していきます。店舗の名称やサービスの名称などを入力し、入力した名称で既にビジネス情報が登録されていないかを確認します。
ビジネス名入力画面
確認画面でビジネス名称を確認した後、「次へ」を選択します。

ビジネスカテゴリの選択

ビジネスカテゴリの選択

ビジネスカテゴリは、管理するビジネス情報の属性をGoogleに伝える上で重要な役割を果たすとされています。

飲食店と入力して「和食店」や「韓国食料品店」、「飲茶・点心店」などがプルダウン表示されることからも、Googleが店舗の属性を把握する上で重要な要素と位置づけているのが推測されます。

店舗確認・店舗住所の入力

店舗確認・店舗住所の入力
次に店舗住所を記載していきますが、管理するビジネス情報の場所にユーザーが訪れることができる場所かどうかの質問があります。

ここで「はい」を選択することで住所入力画面へと進むことができます。
住所の入力画面

Googleマップでマーカーを配置する

ビジネスの所在地マーカー
店舗住所を入力した後は、Googleマップ上で表示するマーカーの場所を調整していきます。

参考画像のように画面が表示されるため、拡大表示しながら店舗の場所にマーカーを合わせましょう。

ナレッジパネルに表示する情報の入力

ナレッジパネル情報の入力
マーカー選択を終えた後は、Google検索のナレッジパネルに表示する情報を入力していきます。

店舗の連絡先として電話番号を入力したり、ユーザーが店舗の詳細情報を得るためのWebサイトを入力したりすることができます。

入力が完了した後は、ビジネスオーナーであることをGoogleが確認する手段「オーナー確認」へと進みましょう。

ビジネス名を入力する際の注意点

Googleマイビジネスを登録する際の注意点は2点あります。

「オーナー確認」を済ませないとGoogleマイビジネスの各機能を利用できない

Googleマイビジネスの登録を無事に終わらせても、すぐに全機能を使えるわけではありません。

なぜなら、Googleマイビジネスの各機能は、「オーナー確認」が済んでいない間は利用できないからです。

投稿機能はもちろんのこと、ユーザーによって投稿された口コミに対しても返信できないため、作成初期の段階でオーナー確認を済ませる必要があります。

オーナー確認は、ダッシュボード画面に表示されているカードの「今すぐオーナー確認」を選択して手続きが可能です。
Googleマイビジネスオーナー確認方法
オーナー確認は「ハガキによる確認」が基本となります。ハガキが到着するまでに10日以上かかることもあるため、なるべく早めに手続きすることをおすすめします。

ビジネス名には不要な情報を含められない

Googleマイビジネスで管理するビジネス情報の「ビジネス名」には、不要な情報を含めることができません。

不要な情報には「キャッチフレーズ」や「営業時間表示」などがありますが、詳細について知りたい方は「Google に掲載するローカル ビジネス情報のガイドライン」を参照してください。

また、不要な情報をビジネス名に記載した場合は、ビジネス情報の管理権限が停止される可能性があるため注意しましょう。

ビジネスプロフィールを強化しよう

Googleマイビジネスのビジネスプロフィールを充実させるとユーザーに向けてより詳しく、正しい店舗情報を提供できます。

Googleマイビジネスのホーム画面に「ビジネスプロフィールを作成する」という項目があり、パーセンテージが書かれています。100%にするとビジネスプロフィールがすべて登録できていることを意味します。

ビジネスプロフィールではテキスト情報では伝えにくい店舗内部の雰囲気や従業員の様子を写真や動画で伝えることができます。

情報密度が高くなるほどユーザーに興味をもってもらえる可能性も高まります。

したがって、ビジネス登録はできるだけしっかり記載することをおすすめします。

Googleマイビジネスの登録作業は外部に委託できる

Googleマイビジネスの登録は、チュートリアルに従って入力を進めることで簡単に済ませることが可能です。

とはいえ、既にビジネス情報がユーザーによって登録されていたり、オーナー確認のためにハガキを受け取る必要があったりと、普段の店舗運営の合間に対応するのは一苦労でしょう。

もし自店舗でGoogleマイビジネスの登録作業を行える人材がいない場合は、「MEO Dash!byGMO」の登録・運用代行サービスを活用してみてはいかがでしょうか。

Googleマイビジネスの登録作業のみならず、口コミ返信代行や、定期的な投稿なども運用プランに含まれています。

対策KW数によってプランも柔軟に変化させることが可能ですので、まずは店舗状況を記載の上、お問い合わせいただけますと幸いです。

   

Seminarセミナー

現在受付中のセミナーはありません。

CONTACT US

デジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください

メルマガ登録

メールマガジンはこちらからご登録ください。

デジタルマーケティングに関するホットな情報をお届けいたします。

フォームからのお問い合わせ

GMO TECHへの業務依頼、発注を希望される方はこちらよりご連絡ください。