MEO

Googleマイビジネスのメリット・デメリット放置リスクについて解説

Googleマイビジネスのメリット・デメリット放置リスクについて解説
Googleマイビジネスで自店舗のビジネス情報を管理することで、Google検索やGoogleマップで閲覧するユーザーに対して、常に正しい店舗情報を表示できるメリットが得られます。

とはいえ、運用には手間がかかるため、「なるべく放置しておきたい」といった店舗経営者の方もいることでしょう。

そこで今回は、自店舗のビジネス情報を放置するリスクと、リソースがない場合の対策方法について重点的に解説していきます。

Googleマイビジネスでできること

Googleマイビジネスでは、主に以下の4つの事柄を実行できます。

  • ナレッジパネルの情報を編集できる
  • 口コミの編集・管理ができる
  • リアルタイムの情報発信が可能になる
  • 簡易的なWebサイトを構築できる

Googleマイビジネスの各機能は、Google検索のナレッジパネルや、Googleマップのビジネスプロフィールと連動しており、入力した内容が直接反映されるようにGoogleによって構造化されています。

したがって、店舗型ビジネスを営むオーナーは、Googleマイビジネス上で店舗情報を管理するだけで、検索ユーザーに適切に店舗情報を伝えることができるのです。

ナレッジパネルの情報を編集できる

ナレッジパネル

Googleマイビジネスで店舗情報を管理することで、画像のようなナレッジパネル内の情報をコントロールすることができます。

ビジネスオーナーになっていない間は、第三者ユーザーによって店舗情報が更新されてしまう恐れがありますが、自身が自店舗のビジネスオーナーとして管理することで、ナレッジパネル内に表示される情報を常に正しい情報に固定することが可能です。

口コミの返信・削除ができる

口コミの返信・削除

Googleマイビジネスで自店舗のビジネスオーナーとなることで、ユーザーによって投稿された口コミの返信・削除ができるようになります。

時には「悪い口コミ」も投稿されるため、返信もしくは削除依頼を行うことで店舗イメージの悪化を防ぐことができます。

リアルタイムの情報発信が可能になる

ユーザーに最新の情報を提供しましょう

Googleマイビジネスの投稿機能を活用することで、店舗のリアルタイムの情報を検索ユーザーに通知できます。写真付きで投稿を行うことで、Google検索やGoogleマップの検索ユーザーに視認されやすくなります。

簡易的なWebサイトを構築できる

簡易的なWEBサイト構築

Googleマイビジネス内の機能には、簡易的な店舗ホームページができる「ウェブサイト」が搭載されています。

Googleマイビジネスに登録した店舗情報から店舗ホームページを自動生成してくれるため、サイト制作を行う時間のない店舗経営者におすすめです。

Googleマイビジネスのメリット

様々な機能が活用できるGoogleマイビジネスのメリットは主に以下の3つとなります。

  • 正しい店舗情報に編集できる
  • 投稿・口コミでユーザーと交流できる
  • 分析データをもとに広告が打てる

Googleマイビジネスで自店舗のビジネス情報を管理することで、第三者ユーザーによる店舗情報の更新を阻止できます。

また、投稿機能や口コミ機能を活用して、ユーザーとの交流をオンラインで実施することも可能です。

ユーザーがあなたのビジネスを検索した方法

「チラシ配布」や「紙クーポン」などの店舗集客施策は広告効果が見えにくいですが、Googleマイビジネスを活用したデジタル施策は「インサイト」機能によって効果が可視化されます。

「店舗名が直接検索されたのか(直接検索)」あるいは「カテゴリ・サービスに関連して表示されたのか(間接検索)」などの情報をもとに、次の施策を打つことができます。

Googleマイビジネスのデメリット

Googleマイビジネスで自店舗のビジネス情報を管理するメリットが多くありますが、一部デメリットも存在します。

  • 定期的に情報を更新する必要がある
  • 悪い口コミが投稿される可能性がある

1つは「定期的に情報を更新する必要がある」ということです。一度ビジネスオーナーになってしまえば良いわけではなく、定期的に店舗情報を更新する作業が必要となります。

店舗の営業時間はもちろんのこと、臨時休業時の通知など、Googleマイビジネスの管理者が行う作業は多岐にわたります。

もう1つのデメリットは、「悪い口コミが投稿されてしまう恐れがある」ということです。

Googleのローカルガイドの考え方によって、第三者ユーザーがマップ上で不足しているスポット情報を登録・編集できるように設計されています。

したがって、良い口コミが投稿される可能性と同様に、悪い口コミも掲載されてしまう恐れがあるのです。


Googleマイビジネスを放置するリスク

一部デメリットがあるGoogleマイビジネスの運用ですが、運用・管理が面倒だからといって放置しておくと、以下のようなリスクが発生してしまいます。

  • 店舗画像が適切に表示されない
  • 悪意のある口コミによってユーザー来店率が減少する
  • 第三者によって店舗情報が改ざんされる

店舗型ビジネスを営む経営者にとって、第三者ユーザーによって虚偽の店舗情報が入力されるのは許しがたい行為といえます。

しかし、ローカルガイドヘルプにも記載があるように、「Googleマップが未完成である」と認識するGoogleは、ユーザーによるスポット情報の登録・編集をポリシーに違反しない範囲で容認しているのです。

つまり、自店舗のビジネス情報が知らない間に改ざんされる可能性があるといえます。

また、自店舗のビジネス情報を管理しないということは、「検索結果画面に表示される写真をコントロールできない」といった問題や、「ユーザーによって投稿された口コミに対して何らかの対応ができない」といった問題を放置してしまうことを意味しています。

Googleのポリシーに変更が加えられない間は、自店舗のビジネス情報を放置するだけでリスクが発生してしまうことを認識しましょう。

放置よりも、代行会社を探す方がおすすめ

Googleマイビジネスの運用はたしかに手間がかかりますが、自店舗のビジネス情報を放置しておくと「来店率の低下」といったリスクを招きかねません。

もし自店舗で運用するリソースがない場合は、Googleマイビジネスの登録・運用を代行する外部の業者に委託することをおすすめします。

MEO Dash!byGMO」では、お客様の店舗状況や予算を考慮し、最適な運用プランを提案させていただきます。

サービス内容を含め、店舗のMEO対策について気軽にお問い合わせいただければと思います。

Googleマイビジネスの登録方法

Googleマイビジネスの登録は、Googleマイビジネスの公式サイトの「今すぐ開始」を選択することで簡単に済ませることができます。

Googleマイビジネスの登録にあたって「オーナー確認」をスキップすることもできますが、オーナー未確認の状態では各機能が制限されるため、登録チュートリアル時に完了させておくことをおすすめします。

Googleマイビジネスの登録のチュートリアルは、スムーズに入力すれば5分程度で終了します。


Googleマイビジネスはアプリで管理できる!

Googleマイビジネスの管理は、手持ちのモバイル端末からも実施できます。端末ごとのアプリダウンロードURLは以下の通りです。

  • iPhoneユーザー:App Store
  • Androidユーザー:Google Play

Googleマイビジネスのアプリには、ブラウザ版にはない「自店舗のビジネス情報をフォローしているユーザーを確認する機能」が搭載されています。その一方で「ビジネス情報の削除」や「オーナー権限の譲渡」といった操作は行うことができません。

「投稿」や「口コミの返信」といった普段使いの操作はモバイル端末からも実行できるため、移動時間や準備時間などにアプリ利用することをおすすめします。

まとめ

Googleマイビジネスの運用は手間がかかるものですが、放置しておくと店舗情報の改ざんといった問題を発生させてしまいます。

そのような事態に陥ってユーザーの来店率を減少させてしまう前に、運用リソースを確保しておくことが重要です。

自店舗でリソースを確保できない場合は外部の業者に委託するなどして、ビジネス情報が放置されている状況を改善しましょう。

関連記事

 
CONTACT US

デジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください

メルマガ登録

メールマガジンはこちらからご登録ください。

デジタルマーケティングに関するホットな情報をお届けいたします。

フォームからのお問い合わせ

GMO TECHへの業務依頼、発注を希望される方はこちらよりご連絡ください。

個別相談会の申込み

サービスに関するご相談・ご質問、料金プランのご相談がありましたら、個別相談会を実施しております。フォーム希望日時を記載してお送りください。