MEO

Googleマイビジネスの使い方 |初心者がまずやるべき3つの作業と管理方法

Googleマイビジネスの使い方 |初心者がまずやるべき3つの作業と管理方法
Googleマイビジネスに登録してみたものの、上手く使いこなせていない店舗経営者もいることでしょう。

そこで今回は、店舗集客を加速させるために必要な作業を紹介していきます。作業が多岐にわたって対応できない場合は、外部の業者に委託することも検討しましょう。

Googleマイビジネスを活用する目的

Googleマイビジネスとは、店舗情報を手軽に「Google検索」と「Googleマップ」に知らせることができるツールです。

これまで店舗情報をGoogleやユーザーに伝えるには「店舗ホームページ」を作成したり、「SNSアカウント」を作成したりする必要がありましたが、Googleマイビジネスを活用すれば、より効率的にGoogleとユーザーに店舗情報を知らせることができます。

Googleマイビジネスの登録手順は「Googleマイビジネスのアカウント作成~登録の手順|初心者でもすぐに実践できる簡単操作マニュアル」で詳しく解説していますが、インターネットにつながる環境さえあれば誰でも始めることができ、「店舗名」や「店舗住所」、「店舗の連絡先(電話番号・Webサイト)」を入力するだけで簡単に情報を発信することができます。

Googleに情報を伝えるためのプラットフォームが提供されたことによって、店舗経営者は集客を効率的に行えるようになったといえます。

従来の周知手段である「店舗ホームページ」や「SNSアカウント」は現在も有効ですが、立ち上げや運用に手間がかかることから、小規模の店舗型ビジネスを営む経営者にとって大きな負担になっていました。

つまり、Googleマイビジネスは従来の手段よりも少ない労力で「店舗集客を加速させる」ことができるツールなのです。

Googleマイビジネスが店舗集客を加速させるツールである所以は他にもあり、例えば「Google広告」へのリンクが標準搭載されていることなどが挙げられます。

Google広告には、Googleマイビジネス上で編集した情報を活用して「広告キャンペーンを自動作成する機能」があり、忙しい店舗経営者の負担とならないよう配慮が施されています。

まずは「オーナー確認」を済ませよう

Googleマイビジネスの各機能は、管理するビジネス情報の「オーナー確認」が取れるまで大幅に制限されています。ユーザーから寄せられた口コミも、閲覧はできるものの返信などが行えず、ユーザーとの交流を図ることができません。

まずは管理するビジネス情報のオーナー確認を済ませ、各機能を解放することが重要となります。

管理するビジネス情報のオーナー確認は、基本的に「ハガキによる確認」によって実施されます。非店舗型ビジネスを運営している経営者がGoogleマイビジネスを利用する場合に限り、メールや電話といった別の手段の確認方法が選択できます。

気になる方は、非店舗型ビジネスを営む経営者向けに「住所非公開でGoogleマイビジネスに登録する方法」を解説しているため、参考にしてみてください。

Googleマイビジネス管理画面のメニュー概要

Googleマイビジネスに登録すると、下記画像のようなダッシュボード画面が表示されます。各メニューの機能は箇条書きを確認してください。

googleマイビジネスのホーム画面

  • 投稿:店舗の最新情報、イベントなどの投稿
  • 情報:Google検索およびGoogleマップに掲載する店舗情報の編集
  • インサイト:ユーザーが店舗を閲覧したデータ
  • クチコミ:ユーザーが投稿した口コミの確認・返信
  • メッセージ:ユーザーから店舗に寄せられたメッセージの閲覧・回答
  • 写真:Googleマイビジネスに掲載する写真の追加・削除
  • 商品:ナレッジパネルの商品タブに掲載される商品画像の追加・管理
  • ウェブサイト:簡易的な店舗ホームページの作成・管理
  • ユーザー:ビジネス情報の管理者の追加・削除

これらの機能を閲覧・編集するには、ビジネス情報のオーナー確認を先に済ませておく必要があります。

Googleマイビジネスの登録のチュートリアルで「オーナー確認のスキップ」を選択した場合は、なるべく早くオーナー確認を済ませておきましょう。

Googleマイビジネス初心者がやるべき3つの作業

Googleマイビジネス初心者の方は、オーナー確認の他に、以下の3つの作業を済ませておきましょう。

  • 「店舗情報」を全て入力する
  • 写真の追加
  • メール通知設定をONにする

これら3つの作業は、Googleマイビジネスを活用した店舗集客を進めていく上で基礎となる部分であり、いずれか1つでも抜けていると、各施策の効果が十分に得られなくなります。

せっかく費やした時間を無駄にしないためにも、まずは3つの作業を完了させましょう。

「店舗情報」を全て入力する

ビジネス情報

Googleマイビジネスのメニューから「情報」を選択し、不足している店舗情報を埋めていきましょう。入力項目は約10個程度あり、1つずつ入力していくことでユーザーが確認できる項目が増えていきます。

また、入力項目の中には「Webサイト」がありますが、Googleマイビジネスの「ウェブサイト」にて簡易的なサイトが作成できるため、この機会に作成しておくことをおすすめします。

既に店舗ホームページを作成している経営者の方は、そのまま店舗ホームページのURLを入力しましょう。

写真の追加

画像の追加

Googleマイビジネスのメニュー「写真」を選択し、店舗のロゴや店内写真、外観写真などをアップロードしていきます。

アップロードした写真はGoogle検索のナレッジパネルや、Googleマップのビジネスプロフィール上で表示されるため、画質の良い写真を選びましょう。

なお、写真のガイドラインについては「Googleマイビジネスの写真の追加・削除方法|写真を定期的に投稿すべき理由も解説」にて紹介しています。

メール通知設定をONにする

メール通知設定画面

Googleマイビジネスのメニュー「設定」を選択し、Googleから寄せられる様々な通知の設定をONに切り替えましょう。内容を読んでもよく分からない場合は、全ての項目にチェックを付けておくことをおすすめします。

Googleマイビジネスの使い方

3つの初期設定を終えた後は、Googleマイビジネスの本格的な運用に入っていきます。Googleマイビジネスの使い方は、主に以下の2つに大別されます。

  • 新規顧客・リピーターを増やす
  • ビジネス情報の管理

Googleマイビジネスは店舗集客を加速させるツールと説明しましたが、Web上に公開する自身のビジネス情報を一括管理する上でも有効なツールとなります。

経営者によっては複数の事業を運営していることもあるため、店舗型ビジネス・非店舗型ビジネスを問わず、Googleマイビジネスの1つのアカウントで管理するのがおすすめです。

新規顧客・リピーターを増やす

Googleマイビジネスを活用した新規顧客・リピーターの増やし方について、下記の手順を参考にしてください。

  1. 「投稿」で情報発信を行う
  2. 「写真」で店舗の魅力を伝える
  3. 「ウェブサイト」で店舗ホームページを作成する
  4. 「広告を作成」でGoogle広告に出稿する
  5. 「クチコミ」でユーザーのコメントに返信する
  6. 「インサイト」でユーザーの反応をチェックする

これらの作業はGoogle検索のナレッジパネルや、Googleマップのビジネスプロフィールを充実させることに重きが置かれています。

ユーザーが来店意思を固めるために必要な情報を網羅していくことがポイントとなります。

「投稿」で情報発信を行う

まずは店舗の最新情報を投稿しましょう。最近オープンしたばかりの店舗であれば「オープン記念価格の告知を含めた投稿」を行い、常連客のいる店舗であれば「常連客への挨拶文」などが想定されます。

重要なことは、定期的な投稿によって、ナレッジパネルやビジネスプロフィールでの露出を増やすことにあります。

したがって、これといったトピックがなくても、細かな変化や気付きを投稿していく習慣づけがポイントとなるでしょう。

「写真」で店舗の魅力を伝える

ユーザーが来店意思を固める要因は様々ですが、その1つに店舗・商品の写真があります。

ユーザーは何らかの目的があって来店を決めるため、「ターゲットとなるユーザーがどのようなニーズをもって来店するのか」を考えた上で、掲載する写真を選定しましょう。

「ウェブサイト」で店舗ホームページを作成する

Google検索やGoogleマップを利用するユーザーがある店舗の詳細情報を知りたいと思ったとき、スピーディーにアクセスできるのがWebサイトとなります。

Googleマイビジネスのメニュー「ウェブサイト」で店舗ホームページのURLを指定することで、ユーザーを指定URLに遷移させることができます。

また、掲載するWebサイトは、Googleマイビジネスのメニュー「ウェブサイト」から、サイトビルダー機能を活用して簡易的なWebサイトを構築することが可能です。

「広告を作成」でGoogle広告に出稿する

Googleマイビジネスでの情報登録が一通り済んだ後は、広告の出稿を検討しましょう。Googleマイビジネスと連携したGoogle広告には、簡単な質問に答えるだけで広告を自動作成してくれる機能が搭載されているため、最小限の労力で広告を出稿することができます。

広告を出稿することで、特定キーワードで検索された際の上位表示枠を獲得でき、ユーザーの視認率・来店率を高めることが可能となります。

「クチコミ」でユーザーのコメントに返信する

Googleマイビジネスのクチコミ機能を活用して、ユーザーのコメントに返信することも重要です。

店舗を利用したユーザーは口コミを投稿することがありますが、必ずしも良い評価をしてくれるとは限りません。悪い口コミが投稿された際には、口コミに返信し、誠意のある対応を行っていることを他のユーザーにアピールしましょう。

「インサイト」でユーザーの反応をチェックする

インサイトの円グラフ

Googleマイビジネスの機能には、管理するビジネス情報が検索された回数や、検索方法の分類などが可視化される「インサイト」が備わっています。

期間ごとで検索結果を確認して投稿のパフォーマンスを図ることも可能で、定量データに基づいた施策の改善を図ることができます。

ビジネス情報の管理

Googleマイビジネスのもう1つの機能として注目したいのが、ビジネス情報の一括管理という側面です。Googleマイビジネスの各メニューを活用した管理方法には、主に以下の内容があります。

  • 「ユーザー」で管理権限を決定する
  • 「カスタムGmailアドレスを入手」でGoogle Workspaceを活用する
  • 「新しいビジネス情報を追加」で複数店舗を管理する
  • 「設定」で各種通知の設定を行う

Googleマイビジネスのアカウントを1つ作成すると、複数のビジネス情報を管理することができます。

例えば、2号店を出店する際などに「店舗名+地域名」を設定して、別のビジネス情報として個別に管理していても、編集権限をもつアカウントは1つに集約させることができるのです。

また、チェーン展開を行う店舗など、人材の異動が定期的に発生する店舗では、管理権限の決定・譲渡がスピーディーに行われる必要がありますが、Googleマイビジネスを活用していれば、仮に前任の管理者と連絡がつかなくても、オーナー確認を実施してビジネス情報を管理することができます。

他にも、ビジネス情報の編集権限を従業員に開放することで自身の業務負担を減らすことが可能です。

「ユーザー」で管理権限を決定する

ユーザー管理
Googleマイビジネスのメニューから「ユーザー」を選択することで、口コミ返信を行える人材を増やすことができます。

役職には「オーナー」「管理者」「サイト管理者」の3つがあり、それぞれ編集権限に違いがあるため、詳しく知りたい方はGoogleマイビジネスヘルプの「ビジネスプロフィールのメインのオーナー権限を譲渡する」を参照してください。

「カスタムGmailアドレスを入手」でGoogle Workspaceを活用する

Googleマイビジネスの機能の1つに「カスタムGmailアドレスを入手」という機能があります。

これは「Google Workspace」という組織向けのコミュニケーション促進ツールへのリンクであり、ビジネス用のメールアドレスを取得することで利用を開始することができます。

高いセキュリティを備えたクラウドツールが連携しているため、安心して業務連絡が行えるメリットがあります。

「新しいビジネス情報を追加」で複数店舗を管理する

一度Googleマイビジネスのアカウントを開設すると、2つ目移行のビジネス情報登録が簡略化されます。オーナー確認が既に済んでいるため、登録したビジネス情報をすぐに編集することが可能です。

「設定」で各種通知の設定を行う

Googleマイビジネスのメニュー「設定」を選択することで、Googleマイビジネス上で行う様々なアクティビティのフィードバックをGoogleから受け取ることができます。あらゆるフィードバックを活用して、自社完結型の店舗集客ができるのも大きなメリットといえるでしょう。

Googleマイビジネスアプリの使い方

店舗集客を行うにあたって便利な機能が搭載されているGoogleマイビジネスは、手持ちのスマートフォンからも閲覧・編集することが可能です。

iPhoneユーザー:App Store
Androidユーザー:Google Play

PC版との大きな違いは、フォロワー機能が搭載され、店舗をフォローしているユーザーが可視化されることです。どちらかといえば閲覧機能としての役割が強く、「ビジネス情報(リスティング)の削除」や、「オーナー権限の譲渡」などは行えない設定となっています。

Googleマイビジネスの運用は外部に委託してもOK!

meo dash!
Googleマイビジネスは店舗集客を加速させるツールとなりますが、普段忙しくされている店舗経営者にとっては登録作業さえも億劫に感じてしまうことでしょう。

そのような場合は無理してGoogleマイビジネスを始めるのではなく、外部の業者に委託するのがおすすめです。

MEO Dash!byGMO」では、Googleマイビジネスの登録に加え、来店率を高めるための運用代行を行っています。1人で取り組めば時間がかかる作業も、豊富な実績を持つプロが担当すれば最短即日でアカウント作成を行うことが可能です。

自店舗のビジネス情報がユーザーによって自由に編集される状態を阻止するためにも、この機会に利用を検討してみてはいかがでしょうか。

   

Seminarセミナー

現在受付中のセミナーはありません。

CONTACT US

デジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください

メルマガ登録

メールマガジンはこちらからご登録ください。

デジタルマーケティングに関するホットな情報をお届けいたします。

フォームからのお問い合わせ

GMO TECHへの業務依頼、発注を希望される方はこちらよりご連絡ください。