MEO

Google MAP「周辺スポット」からの集客方法をご紹介します

Google MAP「周辺スポット」からの集客方法をご紹介します

Googleが世界に与えた、与え続けている影響は計り知れません。Google検索エンジンを筆頭に、Googleアドセンス広告やYouTubeなど、世界のあり方を変えるサービスを毎年のようにローンチしています。

GoogleマップはGoogleが開発・運営したサービス中でも、随一の知名度と使用率を誇るものでしょう。そのGoogleマップですが、Googleや口コミなど自分のコントロールできない範囲で身を任せるだけでなく、能動的に集客ができることをご存知でしょうか?

Googleマップに「周辺スポット」を検索できる・表示できる機能がありますが、この「周辺スポット」の表示を利用してネット集客が行われる流れをお伝えします。

Google MAPで展開される新たな集客方法

Googleマップで店舗を検索すると、その周辺に同じ業種のお店が表示されます。検索したものが飲食店なら他の飲食店、ネイルサロンなら他のネイルサロンが表示されます。

道玄坂周辺のスポット

Googleマイビジネスに登録せずとも地図上には表示されるのですが、登録していないと住所や店の名前、外観などしか表示されません。

同じ業種の片方のお店はメニューの画像や値段、キャンペーン情報まで表示されるのに、もう一つは住所と店名と外観しか表示されない。これは大いなる機会損失と言えるでしょう。

業種の他にも、検索者が併せて入力した情報なども検索結果に反映されます。ですから、飲食店の情報などはオーナーが率先して充実させるべきです。

また、Googleマップには口コミ機能がありますが、店舗オーナーがオーナー証明及び登録をすませると、その口コミにオーナーとして返答することが可能になります。

口コミは良い評価のものばかりではありませんが、ここで真摯に対応し、周囲の競合相手にサービス面において一歩先を行きましょう。なお、大抵の口コミは悪意あるものではありませんので、心配には及びません。

シャバシャバなカレー
カクテルが美味しいお店

GoogleMAPに掲載できる情報とは

こちらだけでは紹介しきれないほどの機能がありますが、Googleマイビジネスに関して

  • 店名
  • 住所
  • 営業時間
  • 業種
  • 電話番号

こちらの基本情報と、

  • 特典情報
  • 商品画像(商品説明)

こちらの特別情報を発信できるとひとまず覚えましょう。

Googleマップは自動登録機能があります。店名や住所に関しては比較的正確ですが、営業時間はどうしても不正確です。また、臨時的な休日を当然ですが掲載してくれません。

「お店に行ったけど開いていなかった」シチュエーションを回避するためには、オーナー自らがGoogleマイビジネス情報を更新するより他ありません。

まとめ

Googleマップは便利なツールですが、自動登録された情報は不正確なことが少なくありません。

若い層はとくにそうですが、日本人はこぞってGoogleマップを利用して周辺施設を探します。アピールの場を増やす方法として、Googleマップに表示される店舗の情報を充実させることが挙げられます。

関連記事

CONTACT US

デジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください

メルマガ登録

メールマガジンはこちらからご登録ください。

デジタルマーケティングに関するホットな情報をお届けいたします。

フォームからのお問い合わせ

GMO TECHへの業務依頼、発注を希望される方はこちらよりご連絡ください。

個別相談会の申込み

サービスに関するご相談・ご質問、料金プランのご相談がありましたら、個別相談会を実施しております。フォーム希望日時を記載してお送りください。