HR広告

採用力を強化する求人情報とは?

採用力を強化する求人情報とは?
現代の採用活動では、WEB上に求人情報を公開することで人材を募集する採用手法が主流となっています。

多くの企業が求人サイトや求人検索エンジンを利用したお仕事紹介を行っているのではないでしょうか。

また、スマートフォンやタブレット端末が普及して以降、ユーザー環境においてもインターネットに触れる機会が多くなり、検索機能を活用した求職活動が一般化しつつあります。

求職者のほとんどがインターネットを介す時代へと変化しており、応募の大半はこの検索流入によるものといっても過言ではありません。

そこで今回は、採用活動の基盤となる、求人情報の重要性について触れていきます。

求職者目線と採用者目線で考える求人情報

求人情報
より多くの人材を求める企業において、インターネットを利用した採用活動は、有効的な手段のひとつです。

自社の魅力をアピールし、求職者が求める情報を提供するには、どのような点に気を付けなければならないのか。

優秀な人材を効率よく確保するためのポイントについて紹介していきます。

求職者の「知りたい」にミートする

求職活動を行う際、求職者は様々な不安や期待を抱えています。

例えば、社会人経験のない新卒者や経験の浅い若年層の場合、持っている資格・経験年数に関わる部分で、検討する職業が限られるケースが多いことが予測されます。

一方、中高年の方においては、第二・第三のお仕事を探している方も多く、前職場での人間関係において問題が生じた過去があったり、長年培ったスキルを活かしてキャリアアップしたいと考える方も多いでしょう。

このように、年齢別にみても個人の掲げる条件や求める内容が異なるため、募集したい年齢層のニーズを予測し、「いつ、どこで、なにを」したいのかをまず知ることが重要です。

求める人物像を明確にし、自社の魅力をわかりやすくPRする

上述のように、ユーザーニーズを予測・理解した情報提供こそが応募に繋がりやすくなるといえます。しかし当然ながら、採用側としては「欲しい人材」からの応募が増えることが理想です。

そのために、まずは自社の求める人物像をしっかりとアピールしていきましょう。

はじめに「どのような性格の方に、どのような仕事をしてもらいたいのか」を明確に伝える必要があります。

求職者の望む条件や理想を考慮した内容ばかりでは、有効的な応募には繋がりにくいでしょう。

次に、企業理念や会社ビジョンをわかりやすく伝えることも大事です。

職種により求めるスキルやお仕事内容は異なりますが、これらを公表することで、会社が掲げている目標がイメージできるため、求職者にとっても応募の判断基準となり得ます。

更に、研修制度や社内環境といった「人」に関する部分についても具体的に示すことで、他社との違いをアピールでき、差別化を図る意味としても効果的です。

セクション別でみる具体性のある求人情報について

ただ単に求人情報を掲載するのではなく、大手求人サイトなどに掲載されているお仕事情報のように、具体性のあるタイトル・様々なキーワードにヒットする情報量の豊富さが応募率改善の鍵となります。

ここでは、求人原稿を大きく4つのセクションに分けてみていきます。

WEBならではのポイントをうまく利用して魅力ある求人情報を作成していきましょう。

第一印象が大事!魅力あふれる求人タイトルとは

実際に検索結果に表示される求人タイトルとして、どのような見え方になっているでしょうか。

例えば、求人検索エンジンで「営業」と検索すると営業に関するお仕事が一覧で表示されます。
「営業」の求人検索
実際の検索結果画面上に、「営業」と「【未経験OK】大手企業での営業」と並んで表示された場合、求職者はどちらにより魅力を感じるのでしょう。

基本的に職種名をタイトルとして設定することが多いです。
しかし、後者のようにメリットを付与したキャッチーな求人タイトルは惹きが強く、詳細ページに対する期待値も高まりやすい傾向にあります。

また、「営業=セールス」といったように違った言葉で表現される職種も少なくありません。

限られたプレースメントにおいて、他社とは違う見せ方ができるように、求職者により伝わりやすい惹きのあるタイトルづくりを心がけましょう。

主要キーワードの把握と実装

求人タイトルやお仕事内容の情報は魅力的なのに、どうして応募が来ないのだろう…といったような疑問を感じたことはありませんか?

例えば、エンジニアの求人を募集する際、「システム」や「cad」などの専門的なキーワードばかりが溢れる原稿では意味がありません。

専門的な語句をどれだけ追加しても、実際の求職者が検索するキーワードが含まれていない場合、適切なタイミングで求人が表示されることはなく、間違いなく機会損失を起こしてしまいます。

どうすればより多くのターゲット層にリーチできるの?求職者が検索するキーワードって何?といった疑問を解決できるツールはたくさんあります。
Indeedの採用市場レポートやGoogleキーワードプランナーもそのひとつです。
indeedとキーワードプランナー
求人タイトルでも述べているように1パターン化したキーワードを違った表現に変えることも応募者流入の幅を広げるポイントとなります。

これらを活用して求人情報のミスマッチを減らし、求職者のリアクション増加に繋げていきましょう。

重要なのは分かりやすさ!OK・NGで比較するお仕事情報

「応募したい」と思ってもらえる求人情報は、求職者の求める条件とマッチしているかどうか。

業務内容や募集要項など良い例・悪い例で比較してみました。

(例)職種:総務事務

  • 仕事内容
    OKデータ入力や経理処理など総務のお仕事をお任せします。
    先輩社員と一緒なので未経験でも安心です。
    NG総務部門でのお仕事をお任せします。
  • 対象となる方
    OK経験・資格不問。誰かをサポートするお仕事がしたい方大歓迎。
    NG経験・資格不問。
  • 勤務時間
    OK実働8時間(9:00~18:00) ※残業月10時間前後
    NG9:00~18:00
  • 給与
    OK月給〇〇円~、賞与年2回(7月/12月)
    ※給与例:新卒〇年目 月給〇〇円(残業代別途支給)
    NG月給〇〇円~、賞与あり

ほかにも福利厚生・待遇など、求職者にとってのメリットと結びつく項目は複数存在します。このように小さな工夫を追加することで、求人情報がより魅力的な内容へ変化していきます。

「この会社は楽しそうだな」、「自分も挑戦してみたい」といったイメージを持ってもらい、働きたい意欲を引き出せるよう具体性の高い情報を組み込んでみてください。

事前告知で来社率アップ。確立された採用フローとは

採用フロー
求人タイトルやお仕事情報で具体的な内容をアピールできても、採用率が伸びない場合、採用フローが問題である可能性が高いです。

選考過程の有無・回数により応募後の流れは異なります。

採用フローチャートの作成を行い可視化することで、採用活動の全体像を把握することから始めましょう。

採用フローとは、企業が新規雇用を行うにあたり実施する「エントリー・選考・内定・入社」までの一連の流れのことを指します。

実際に応募が発生した案件でも、この流れが正しく確立されていないと、面接当日の急なキャンセル、時間になっても来社しないなどの問題が起こってしまい、せっかくの採用チャンスを逃してしまうことになりかねません。

一般的に応募者が参加する「エントリー」や「一次面接」の流れを提示する企業が多いですが、この情報だけでは、入社に至るまでに要する選考期間や面接までの準備物(履歴書の必要性)等が不明瞭なままです。

応募から採用までの流れを明記し事前告知を行うことで、選考前の求職者の抱える不安を解消してあげましょう。

「いつ、何を」といった点を意識しながら、求職者に伝わりやすい採用フローを記載してみてください。

まとめ

インターネットで求職活動を行う求職者が増えている今、採用する企業にとって重要なのは求人情報の質となります。

WEB上には数えきれないほどの求人が公開されています。

求職者は複数の求人情報を比較したうえで、より自分の望む条件とマッチした求人へ応募することでしょう。

誰が見ても分かりやすい情報を伝えることも大事ですが、求職者と採用者では求人情報への着眼点が異なるため、それぞれのポイントを押さえる必要があります。

求人情報には、タイトルや仕事内容をはじめとする様々な事項を記載するため、各項目の特徴を理解することもまた重要です。

WEBならではの表現や求職者が検索すると思われるキーワードなど、小さな工夫を追加していくことで魅力的な求人へ変化させていきましょう。

より優秀な人材を確保するため自社PRも忘れずに、応募したいと思ってもらえる求人情報の作成にトライしてみてください。

   

Seminarセミナー

現在受付中のセミナーはありません。

CONTACT US

デジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください

メルマガ登録

メールマガジンはこちらからご登録ください。

デジタルマーケティングに関するホットな情報をお届けいたします。

フォームからのお問い合わせ

GMO TECHへの業務依頼、発注を希望される方はこちらよりご連絡ください。