HR広告

採用にも効果があるGoogleマイビジネス

採用にも効果があるGoogleマイビジネス
Googleマイビジネスは店舗ビジネスには必須の施策と言われるまでになり、急成長を続けているサービスです。

一見、店舗ビジネスというと主にBtoCのサービスと認識するケースが多く、業態によっては「自分は関係ない」と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実は、Googleマイビジネスは採用活動にも重要な要素の1つと言える機能があります。
今回は、Googleマイビジネスが採用活動においてどのような効果があるのか、分かりやすく紹介します。

Googleマイビジネスとは

まずGoogleマイビジネスについて簡単に説明します。

googleマイビジネス

引用:https://www.google.com/intl/ja_jp/business/

Googleマイビジネスとは、Google検索やGoogleマップ上にローカルビジネス情報(店舗)を表示し、管理できる無料ツールのことを指します。

具体的には会社についての情報やマップ上での位置、営業時間などあらゆる情報が検索結果に表示されます。

googleマップから見たGMOTECHの情報
例えばGMO TECHと調べた結果、上の画像のようなページが表示されます。

その下にはタブがあり、概要・最新情報・商品・サービス・クチコミ・写真・詳細と様々な情報を掲載することが可能です。

タブ内容
概要電話、経路案内などの各種ボタン・住所・営業時間
最新情報自社保有のWebサイトと連動が可能で、SNS投稿のような記事の掲載が可能
商品サービスや商品画像の掲載
サービス具体的なサービス名や内容の説明・価格の紹介
クチコミ一般ユーザーからのクチコミ
写真会社の内観・外観の写真など
詳細バリアフリー情報や最近であればマスクの有無の情報など

これらの情報を無料で掲載することができ、Googleマイビジネス上で管理が可能です。

詳しくは下記の記事よりご覧ください。
関連記事:登録方法や利用するメリット・デメリットも徹底解説

第三者情報によって変わるユーザー心理

Googleマイビジネスの特徴の一つとして第三者が企業情報を更新することができます。

具体的には写真やクチコミの投稿が可能です。

例えば飲食店の場合などは実際に訪れたユーザーが注文した商品の画像や店内の雰囲気などを投稿しているケースが多いです。

クチコミは店舗に関するレビュー、店員のサービス、商品に関するレビューなど様々です。

以下の円グラフはクチコミの視認状況を表していますが、全体の約8割がクチコミを閲覧していることが分かります。

オンライン口コミの視認状況
参照:マーケジン 2018/11/01
クロス・マーケティング社による「オンライン上の口コミ利用に関する実態調査」
 
また総務省が展開している情報通信白書によれば、買い物をする際にレビューをどれくらい参考にするかというアンケートに対し、6割強がある程度参考にしていることが分かっています。

レビューをどの程度参考にするか
※「GDPに現れないICTの社会的構成への貢献に関する調査研究」より引用

このように企業側からのPRだけでなく、リアルな情報として第三者の情報が判断基準の1つとなっており近年重要になっています。
つまりこのことからGoogleマイビジネスに投稿されている写真やクチコミをはじめとする第三者からの情報も閲覧されている可能性が高いことが予想されます。

求職者がGoogleマイビジネスを閲覧するタイミング

では、求職者がGoogleマイビジネスを閲覧するタイミングはどのようなケースが考えられるのでしょうか。
求職活動を行うことにおいて、インターネットを利用するのは一般化しています。

採用サイトも数多くあり、カイシャの評判、OpenWorks、転職会議、キャリコネのような求人クチコミサイトも存在します。

そのような中でGoogleマイビジネスのクチコミを閲覧するタイミングとして考えられるのは以下の2点が挙げられます。

  • 企業情報を予めチェックする
  • 面接会場(企業)へ行くルート検索の際に合わせてチェックする

企業情報を予めチェックする

まずタイミングの一つとして、会社の情報を調べる際に求職者と接触するパターンが考えられます。

求人を探す際、一般的には「東京 営業」「東京 未経験 正社員」のような検索のされ方が多いですが、ピンポイントで企業名を入れて検索する求職者はまず採用企業の名前を認知している、そして求人情報にはない情報を求めている、という点から応募意欲が高いことが期待されます。

Googleマイビジネスに登録している企業は、社名で検索すると検索結果の上部に表示されるようになっています。

つまり、企業情報を調べようとしている求職者の目に留まる確率は高く、そこからクチコミ情報を閲覧することが予想されます。

面接会場(企業)へ行くルート検索の際に合わせてチェックする

住所を調べる際、企業名を入れて検索するパターンも想定されるでしょう。

求職者が応募に至るという点おいては目的が違うため、一見関係がないように思えますが、視認性が高いGoogleマイビジネスの検索結果画面に接触する確率は高いと言えます。

Googleマイビジネスが採用に与える影響とは

先述した内容を踏まえると、Googleマイビジネスを目的としてアクセスする求職者は少ないかもしれませんが、ある程度、質の高いユーザーが接触する可能性は高いです。

一概には言えませんが、今から働こうとしている会社のサービスについて多くのクレームが入っていた場合、企業に対するイメージは下がってしまう恐れがあり、結果、内定を断られるケースも考えられます。

Googleマイビジネスのクチコミの特徴として、求人クチコミサイトのような会社内のリアルな情報というわけではなく、サービス内容や社員の対応など、外側から見たクチコミが多い傾向があります。

思わぬところで求職者が離脱してしまうことを考えると、Googleマイビジネスに対しても対策をしておいたほうが良いでしょう。

悪いクチコミが投稿された際の対策について、以下の記事をご覧ください。
関連記事:Googleマイビジネスで悪いクチコミが投稿された時の対処方法とは

まとめ

今回は、採用に効果をもたらすGoogleマイビジネスの重要性について紹介しました。

クチコミというリアルな情報が採用に繋がる判断基準の一つとして重要になってきている中で、Googleマイビジネスは検索結果の上部に表示されます。
Googleマイビジネスのクチコミなどの第三者情報を閲覧する求職者は、質の高い求職者である可能性が高いです。

予期せぬポイントで離脱されないようにしっかりと情報を掲載し、求職者にアピールしてみてはいかがでしょうか。

   

無料でメルマガ登録

メールマガジンに登録するだけで、WEBマーケティングのイロハや、Googleアルゴリズム速報等の最新情報がいち早く手に入ります。各種イベント情報も優先でご案内。是非ご登録ください。

 
   

Seminarセミナー

現在受付中のセミナーはありません。

CONTACT US

デジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください

メルマガ登録

メールマガジンはこちらからご登録ください。

デジタルマーケティングに関するホットな情報をお届けいたします。

フォームからのお問い合わせ

GMO TECHへの業務依頼、発注を希望される方はこちらよりご連絡ください。