HR広告

【求人ボックス】求人原稿に取り入れるべきキーワードとは?

【求人ボックス】求人原稿に取り入れるべきキーワードとは?
Indeed、求人ボックス、スタンバイなどの求人検索エンジンは、ユーザーのニーズに合わせた求人探しができることで、人気が上昇している求人媒体の一つです。

そのような中で近頃、求人検索エンジンに参入する採用企業が増加した影響により、広告表示における競合性が高まっています。

その結果、競合優位性を維持するために、タイトルの改善、キャンペーン構成の立案など、様々な工夫を凝らすことが重要となっております。

本記事では、そのような工夫の一つとして、求人ボックスに的を絞り、原稿改善に活用できるキーワードについて紹介していきたいと思います。

求人ボックスの「人気の求人検索ランキング」とは

まず簡単に求人ボックスとは、「食べログ」や「価格.com」等で有名な株式会社カカクコムが2015年から運営しており、日本を代表する求人検索エンジンの一つです。

詳しい内容は以下より確認できます。
求人ボックスについて

そして、他にはない特徴的な機能の一つに「人気の求人検索ランキング」という機能があります。

これは求人ボックス内の検索数・閲覧数等のデータを算出したランキングで、運用担当者に限らず、アクセスしたユーザーは閲覧可能となっています。

尚、Indeedやスタンバイにも人気キーワードから求人検索ができる機能は存在しますが、ランキング形式で表示されるのは求人ボックスだけとなっております。(2021年3月時点)

ランキング形式の表示イメージ
※求人ボックスTOPページより抜粋

ランキングは約1週間ごとに更新されており、定期的にユーザーのサイト内での検索行動について確認ができます。

さらに、赤枠で囲われている「ランキングをもっと見る」をクリックすると、急上昇ランキング、職種、勤務先など、さらに詳しいランキングの確認ができ、全部で30位まで閲覧が可能です。

ランキングをもっと見るのイメージ
※求人ボックス「ランキングをもっと見る」より一部抜粋

注目すべきはロングテールキーワード

ここでは「人気の求人検索ランキング」を参考にし、注目すべきキーワードについて解説していきます。

例えば、人気のアルバイト・パートランキングを見てみましょう。

人気のアルバイト・パートランキングのイメージ
※求人ボックス「人気のアルバイト・パートランキング」から一部抜粋

1位は「短期 バイト」2位「主婦 パート」3位「シニア パート」となっています。

これらに共通していることは、「バイト」や「パート」という単体キーワードではなく、「短期 バイト」「主婦 パート」など、複数のキーワードになっている点です。

複数のキーワードの組み合わせをロングテールキーワードと言います。

ロングテールキーワードを意識したキーワード挿入を行うことで、広告表示回数、コンバージョン率(応募率)の向上が期待できます。

広告表示回数が多くなる

人気の求人検索ランキング1位の「短期 バイト」を例にします。

ここで重要なキーワードは「短期」ですが、このキーワードを追加することで、「短期」と検索するユーザー層に広告を配信することができます。

逆に「短期」が含まれていなければ、広告表示はされず、ユーザーの目に届きません。

つまり、「1か月間のアルバイト」という表現よりも、「1か月間の短期アルバイト」と表現したほうが、広告表示回数の増加が見込めるということになります。

コンバージョン率(応募率)が高くなる

コンバージョン率(応募率)が高くなる理由としては、ロングテールキーワードで検索するユーザーは応募意欲が強い傾向があるからです。

例えばGoogle上で「自転車 青色 安い」と検索するユーザーは、「青色の安い自転車が欲しいユーザー」と想像することができると思います。

つまりは、上記キーワードからサイトに訪れたユーザーは、「青色の安い自転車」を購入したい、という目的が明確にあるため「購入」というアクションに移る可能性が高いと推察できます。

同じことが求人検索にも言え、「事務」と単体キーワードで検索するユーザーよりも「派遣 短期 事務」と検索するユーザーのほうが、検索意図が明確であるため、応募に至る確率が高くなる傾向があります。

原稿改善に活用できるキーワードとは

シンプルに「短期 バイト」と求人原稿に入れても効果はありますが、それに関連したキーワードや類似したキーワードを入れることで、より有効な原稿改善が期待できます。

なぜなら、全ユーザーが同様のキーワードで検索するとは限らないからです。

下表はアルバイト・パートにおける人気の求人検索ランキングの上位20位までを表にしたもので、「短期 バイト」に関連性が高いと思われるキーワードに色を塗っています。

求人検索ランキング急上昇ランキング
1短期 バイト1事務 パート 車通勤
2主婦 パート2バス運転手 バイト
3シニア パート3書類チェック バイト
450代 パート4平日のみ パート 短時間
5保育士 パート5食器洗浄 パート
6深夜 バイト6Webマーケティング バイト
7託児所あり パート7短期 バイト 日払い
850代 女性 パート8校正 校閲 バイト
9カフェ バイト9コールセンター パート
10医療事務 パート10パチンコ 調査 バイト
11短時間 主婦 パート11動物病院 パート
12日払い バイト12中華料理店 バイト
13ネイルOK バイト13大学 清掃 バイト
14Wワーク バイト14高校生 早朝 バイト
15映画館 バイト15バイト 調理
16ホテル 清掃 バイト16二級建築士 バイト
17学校 給食 パート17簿記2級 未経験 バイト
18ネイル髪色自由 バイト18看護師 短時間 パート
19治験 バイト19文章校正 バイト
20土日のみ バイト20ゴールデンウィーク バイト

関連性が高いキーワードを使う

関連性が高いキーワードを入れることで、よりコンバージョン率(応募率)を高める効果が期待できます。

短期の仕事を例に挙げると、急上昇ランキングの7位に「短期 バイト 日払い」というキーワードがあります。

この「日払い」というキーワードは、「短期」と一緒に検索されていることから、双方の関連性は高いと推察できます。

さらに、「日払い」で検索するユーザー層はすぐに資金が必要であるため、応募意欲が高い層であることが想定されます。

よって、「短期」の仕事に「日払い」というキーワードを盛り込むことで、コンバージョン率(応募率)の向上が見込めます。

キーワードの表現方法を変える

キーワードの表現方法を変えるだけで、広告表示回数の増加が見込めるケースもあります。求人検索ランキングにランクインしている「深夜 バイト」を例にしましょう。

一概に「深夜」と言っても、「夜間」「夜勤」など、様々な表現方法が考えられます。

仮に、「夜勤」と記載している求人があったとして、この場合、表現を「深夜」に変えることをおすすめします。

なぜなら、「夜勤」「深夜」の2つのキーワードは、同じ深夜帯に仕事ができることを意味しているものの、ランクインしている「深夜」のほうが、多く検索されているからです。

検索される回数が多ければ多いほど、それだけ応募に繋がる可能性も高くなります。

したがって、今回のケースでは、「夜勤」「夜間」ではなく、「深夜」に表現方法を変えれば、広告表示回数の増加が期待できるでしょう。

まとめ

今回紹介した求人ボックスの「人気の求人検索ランキング」は、ユーザーの検索意図を知るきっかけになる情報です。

ランクインしているキーワードを挿入するのはもちろんのこと、それに関連するキーワードや類似したキーワードを挿入することで、さらなる効果改善が期待できます。

「人気の求人検索ランキング」をチェックして原稿改善に活用してみてください。

   

Seminarセミナー

現在受付中のセミナーはありません。

CONTACT US

デジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください

メルマガ登録

メールマガジンはこちらからご登録ください。

デジタルマーケティングに関するホットな情報をお届けいたします。

フォームからのお問い合わせ

GMO TECHへの業務依頼、発注を希望される方はこちらよりご連絡ください。