HR広告

【Indeed】 直接投稿の新機能(Web面接プラットフォーム)について

【Indeed】 直接投稿の新機能(Web面接プラットフォーム)について
  • facebook
  • twitter
新型コロナウイルスの影響により、Web面接を導入する企業は増えています。

このニーズに合わせて、直接投稿で配信中のアカウントに限り、Indeed上のプラットフォームを活用し、オンラインにて面接を実施出来るようになりました。

この記事では、Indeed直接投稿の新機能「Web面接プラットフォーム」の機能と使い方についてお知らせします。

求職者のニーズとオンライン面接可能な求人数の推移

これまで、求人応募後のフローとしては、求職者が企業に出向き、直接面接を行うという流れが一般的でした。

現在は、新型コロナウイルスの影響により、感染対策の観点からオンラインで面接を行うケースが増えています。

Indeedの調査によると、コロナ禍でWeb面接の実施が可能である求人数、「オンライン面接」というキーワードを含む求人検索数は増加傾向となっています。

「オンライン面接」の仕事検索数、および、仕事数の推移

新型コロナウイルス流行以前と比べ、求職者が対面での面接に慎重になっている事に加え、面接場所への移動時間の短縮、交通費の削減にも繋がるため、「オンライン面接」の実施が可能な求人を検索する件数が増加していると考えられます。

採用側としては、これまで対面で面接を行う場合、会議室の予約、面接実施に関わる不随業務、地方拠点での採用の場合は、出張手配から実際の移動など、1回の面接を行うだけでも多くの工数が発生していました。

しかし、オンラインで面接を行う事で、これらの手間や出張費などのコストを大幅に削減できる点では、企業としてオンライン面接が可能な求人を増やしている事にも納得が出来ます。

Indeed直接投稿の新機能「Web面接プラットフォーム」

これまでIndeedから応募があった場合は、Webで面接を実施する方法として、外部のオンライン会議ツールを活用するしか方法がありませんでした。

しかし、新機能である「Web面接プラットフォーム」を使えば、外部ツールを導入せずにIndeedのプラットフォームで面接を実施する事が可能です。

具体的な操作方法やどのような機能が搭載されているのか見てみましょう。

「Web面接プラットフォーム」の操作方法

Web面接プラットフォームは、Indeedの直接投稿で配信中のアカウントのみ活用する事が可能です。

この機能を活用するにあたって、別途アプリ等をダウンロードする必要はなく、Indeedの管理画面上で完結できる仕組みとなっています。

また、別途費用はかからず、無料で使用する事が出来ます。

【面接設定】
Indeedの応募者管理画面から、面接を実施したい求職者情報へアクセス。
「面接の予定」ボタンをクリックします。

面接の予約ボタン

面接日時を設定し、面接形式の「Web 面接」を選択の上、招待状を送信。

WEB面接ボタン

求職者が面接日を確定するとメールが届き、応募管理画面の面接形式と面接のステータスが更新されます。

ステータスの確認

【面接当日】
面接確定の通知メールから「Web面接に参加する」ボタンをクリック。面接室ロビー画面にアクセスします。

「要約」タブに遷移すると、応募者の状況の確認が出来ます。また、面接を設定した担当者とは別の担当者が面接する場合には、招待する事も可能です。

面接リクエスト画面

「面接を開始する」ボタンを押すと面接開始となります。

面接開始ボタン

面接の1時間前からアクセス可能で、マイクや画像の接続テストは事前にできるため、面接前に確認しておきましょう。

【面接後】
面接を終了すると、面接官の関心度を確認するポップアップが表示されます。候補者に通知される事はなく、管理用として使用する事が可能です。

いずれかを選択して「Done」をクリックすると応募者ステータスに反映されます。

面接終了ボタン

応募者管理画面で、ステータスの変更を行い完了となります。
ステータス変更

「Web面接プラットフォーム」を使用してみて

実際に自社求人にて、Web面接プラットフォームを活用して、求人への応募後から採用決定に至るまでどのような流れとなるのか、テストを実施しました。

Indeedの管理画面上で特に複雑な作業はなく、各項目も非常にシンプルで分かりやすい表示となっているため、はじめてWeb面接プラットフォームを使用する方も抵抗なく活用できるツールであると思います。

また、パソコンとスマートフォンそれぞれを使って検証を行っていますが、音声・カメラ共にスムーズに接続する事が出来ました。

さらに、「面接確定」「採用連絡済み」など、それぞれのタイミングで、採用担当者宛てにメールが送付される点では、しっかりとエビデンスが残り、応募者への連絡ミス防止にも繋がると考えます。

スケジュール調整・応募者の選考状況の確認から、面接後の評価、応募者への採用可否の連絡までIndeedの管理画面上で、一括で対応できるという点では、煩雑な作業がなくなり、作業工数の削減にも繋がるでしょう。

採用側と同様に、求職者にもエントリー後、面接確定後などそれぞれの段階でメールが送信されます。

面接実施前に求職者に届く通知メール内のリンクをクリックすると、設定された面接までの残り時間が表示される機能もあるため、求職者は安心して面接に臨む事が出来ます。

面接前のリクエスト画面

オンライン面接のニーズが高まる中、Web面接プラットフォームにメリットを感じる求職者が増える事で、結果として、応募数の増加に繋がる可能性も高いと考えます。

まとめ

Web面接プラットフォームを導入する事で、採用側は応募から採用までの一元管理を行う事ができ、効率よくスピーディーに採用活動を行う事が可能です。

Indeedの直接投稿で配信中のアカウントにおいては、「Web面接プラットフォーム」を積極的に導入し、応募数の最大化を目指していきましょう。

関連記事

   

セミナー情報SEMINAR

現在受付中のセミナーはありません。

 

サービスサイトSERVICE SITE

CONTACT US

デジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください

メルマガ登録

メールマガジンはこちらからご登録ください。

デジタルマーケティングに関するホットな情報をお届けいたします。

フォームからのお問い合わせ

GMO TECHへの業務依頼、発注を希望される方はこちらよりご連絡ください。

個別相談会の申込み

サービスに関するご相談・ご質問、料金プランのご相談がありましたら、個別相談会を実施しております。フォーム希望日時を記載してお送りください。