HR広告

求人で押さえるべきキーワードとは?

求人で押さえるべきキーワードとは?
WEB上にはあらゆる求人情報が掲載されています。

求人を掲載する方法としては、これまで述べてきたように求人サイトへの出稿や自社サイトでの情報公開、求人検索エンジンを利用した情報提供など様々です。

人材を求める企業がいくつものパターンで情報を公開するように、求職者も複数の求人を比較したうえで、自分の希望条件とマッチ度が高い求人へ応募を行います。

企業によって募集する職種は異なりますが、それらはすべて「検索」することにより表示されるのです。求職者がどのようなキーワードを入力し検索しているのか、効果的に求人情報を表示させるためにはどうすれば良いのか。

ここでは求人原稿をつくりだしている「キーワード」について触れていきます。

検索アルゴリズムとキーワードの関係性

インターネットで求人を検索すると、その検索語句に基づき関連性の高い情報が上から順に表示されます。

たとえば、Googleの場合「渋谷 求人」と検索すると以下のように関連性の高いと想定される情報が広告(有料枠)・オーガニック(無料枠)・Googleしごと検索(Google for Jobs)の順に表示されるようになっています。
google for jobsの掲載場所
Yahoo!やBingなどの媒体においても同様に、検索語句とマッチしている情報が表示される仕組みです。

この検索アルゴリズムについては、各社詳細は公開されておりませんが、どの媒体においてもキーワードに関連する情報を瞬時に判別し表示させるという点では共通しているため、原稿内に含まれるキーワード(検索と紐づく語句)は非常に重要であると言えます。

Googleしごと検索(Google for Jobs)についてはこちらの記事をご覧ください。
関連記事:Googleしごと検索(Google for Jobs)について

表示タイミングは大丈夫?

前述のとおり、求人原稿内に含まれるキーワードと求職者が検索するキーワードがよりマッチしたものが優先して表示されますが、見てほしい人に正しいタイミングで情報を届けることができているでしょうか。

掲載はできているけれど1ページ目に出てくれない、クリックはされるけど応募数が増えない。

実際に求職者がWEB上でお仕事を探す際に入力しているキーワードと原稿内に含まれるキーワードが異なる場合、見てほしい人に適切なタイミングで表示されていない可能性が考えられます。

掲載時期や募集する職種により、求職者が検索するキーワードは異なります。一つ一つの求人に合った情報を把握し、早期に原稿改善していきましょう。

活きるキーワードの見つけ方

一般的な例として、職種名や勤務地などの大まかな特徴から検索を行う方が多いです。

また、契約社員や派遣など正社員以外のお仕事を探している求職者では、勤務期間で検索する方がいたり、パート・アルバイトであれば一時的な職を求めるため、その時期しかないお仕事を探される方も複数名います。

このように検索キーワードは雇用形態や職種によって異なり、市況・トレンドに沿って変化していきます。

次に紹介する様々なツールを活用して人気・トレンドキーワードの発見を行い、有効キーワード群を把握しましょう。

話題のキーワードを探すならGoogle Trends(グーグル トレンド) 

Google Trends(グーグルトレンド)とは、Google上において特定のキーワードがどのくらい検索されているのかを把握できるツールです。
googleトレンド

国や期間を指定できることから、特定期間でのある語句の検索動向をグラフ推移などでも確認することができます。

そのほか、毎日の検索トレンドやリアルタイムの検索トレンドなど、今現在における急上昇キーワードも確認できるため、瞬間的なユーザー動向や市況感を把握したい時に便利です。

知らないうちに触れているサジェストキーワード

サジェストとは、Yahoo!やGoogleなどの検索窓でキーワードを入力した際に一緒に検索されやすい語句が自動的に表示(提案)される機能です。
サジェスト
入力キーワードに関連して、複数表示される複合キーワードのことをサジェストキーワードと呼びます。

ユーザーからよく検索されているキーワードを基に候補が挙げられるため、ニーズに沿った検索語句が表示され、ユーザーにとっても利便性が高いといえるでしょう。

この機能を活用し、サジェストキーワードから検索するユーザーも多いためニーズ発見には欠かせないポイントです。

検索ボリューム数が分かるGoogleキーワードプランナー

現在の求人原稿内容に更に情報を追加するときに活用したいのがGoogleキーワードプランナーです。
キーワードプランナー

複数のキーワードを追加したいが、実際に追加することで効果が見込めるのか。事前に検索ボリューム数を確認・把握し、追加するべき語句であるのか検討してみましょう。

Googleキーワードプランナーでは対象キーワードに対する検索ボリューム数だけでなく、競合性や入札単価なども確認することができます。

広告配信を行う際、入札単価によって表示回数にも影響があるため、過去指標から割り出される競合の強さや平均クリック単価の把握を行い、実際の広告運用に役立てましょう。

※利用を始めるためには、Google広告のアカウントを取得する必要があります。

まとめ

Web上で求職者を呼び込むために重要となるのが「キーワード」です。インターネットに公開している求人は検索されることで初めて求職者の目に触れます。

掲載される面は同じであっても原稿内容の質が高ければ有効的な応募に繋がることでしょう。市況感やユーザーニーズの把握から、原稿作成における改善ポイントが見つかります。

様々なツールや表示されるサジェストキーワードをできるだけ活用し、人気の検索キーワードやトレンドキーワードを積極的に追加していきましょう。

他社との違いをアピールした魅力的な求人原稿を作成し、求人情報の質をアップさせるための改善を重ねていってください。

   

無料でメルマガ登録

メールマガジンに登録するだけで、WEBマーケティングのイロハや、Googleアルゴリズム速報等の最新情報がいち早く手に入ります。各種イベント情報も優先でご案内。是非ご登録ください。

 
   

Seminarセミナー

現在受付中のセミナーはありません。

CONTACT US

デジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください

メルマガ登録

メールマガジンはこちらからご登録ください。

デジタルマーケティングに関するホットな情報をお届けいたします。

フォームからのお問い合わせ

GMO TECHへの業務依頼、発注を希望される方はこちらよりご連絡ください。