求人広告

採用活動において、今やWebを活用した求人広告は必要不可欠なものとなっています。これまでの採用活動では新聞や雑誌、テレビなど様々なマスメディアを通して、求人情報を求職者に届けてきました。

インターネットが普及した今、Webを活用した求人広告は、様々な観点でデータ分析ができ効果を可視化しやすいほか、コスト面においても取り入れやすい媒体であることから導入している企業も多いでしょう。

ここでは、求人広告の特徴および弊社での取り組み、おすすめサービスなどをご紹介します。

求人広告とは

求人広告とは、求人情報が掲載されている広告を指します。
雑誌やフリーぺーパーのような紙媒体もあれば、求人サイトや求人検索エンジンのようなWeb媒体も存在します。

Webに特化した求人広告

求人サイト

求人サイトとは、インターネット上で求人情報を掲載し、求職者からの応募を集める媒体を指します。
マイナビ転職、doda、タウンワーク、リクナビ派遣などがこれに該当し、求人を掲載する期間に伴い費用が発生する、掲載料金型となります。

求人検索エンジン

求人検索エンジンとは、言葉の通り求人に特化した検索エンジンです。
有名なサービスとしてIndeedや求人ボックス、スタンバイなどがあり、職種名や会社名、勤務地などのキーワードを入力のうえ検索することで、マッチする条件の求人検索が可能です。
掲載自体は無料であるものの、クリック課金型の有料プランでは、リスティング広告と同様に求人情報がクリックされた場合に料金が発生します。

求人サイトと求人検索エンジン、それぞれの特長を理解したうえで活用することがベストではありますが、自社の求人と相性の良い求人広告が何か分からないといった方もいらっしゃるかもしれません。

弊社では年々、注目度が増している求人検索エンジンを活用した広告配信に力を入れています。

そこでまずは、求人検索エンジンで広告を配信するにあたり、求人広告がどのようにしてWeb上に掲載されるのか、仕組みについて理解していきましょう。

求人検索エンジンの特徴および主要4サイトの詳細については、こちらの記事をご覧ください。

配信手法

求人検索エンジンを活用して求人情報を配信する方法は3つあります。

①クローリング

クローリングとは、自社で保有している採用サイトの情報を検索エンジンのクローラーに読み込んでもらい、求人内容を検索エンジンに表示させることです。

②データフィード

データフィードとは、自社で保有するCSVデータ(商品データや求人データ)を活用して、各媒体に沿ったフォーマットへ自動で変換して送信する仕組みを指します。

データフィードの仕組み

データフィードは求人検索エンジンだけでなく、Google広告やSNS広告、DSP広告などにおいても幅広く活用されています。

③直接投稿

職種名や会社名、勤務地など規定の項目を直接入力し、求人を掲載する方法です。決められた項目を埋めるだけで求人を掲載することが可能であり、自社の採用ページがない場合も採用活動ができます。一つの求人を投稿する作業も10分程度で完了するため、手軽に人材募集を開始することが可能です。

求人原稿とキーワードの重要性

求人広告を用いて採用活動を行ううえで最も重要なポイントは、求職者に響きやすい求人原稿を作成することです。

既存の原稿と比較して、重要なキーワードが原稿内に記載されているかを徹底的に分析、ニーズのあるキーワードを盛り込むことで、質のよい求職者が流入し、無駄クリックは減少、結果として応募率や獲得単価の改善などの大幅な効果改善が見込まれます。

例えば、在宅勤務が可能な求人があったとして、原稿内に「在宅」「在宅勤務」というキーワードを盛り込むとします。しかし、在宅勤務を希望する求職者が「リモートワーク」と検索した場合には、原稿内にキーワードが含まれていないために、この求人情報を求職者に見てもらうことができず、機会損失に繋がる可能性があります。

ジョブカテゴリートレンドと採用市場レポート

検索されやすいキーワードに関しては、Indeed社が提供しているジョブカテゴリートレンドや採用市場レポートなどのツールを用いて調べることができます。

ジョブカテゴリートレンドは、Indeed上で検索されているキーワードのレポートを職種毎に確認でき、より細かいキーワードの調査が可能です。

職種別キーワードランキング

採用市場レポートに関しては、Indeed独自の分析機能であり、スポンサー求人で一定以上の金額を使用することで活用できる機能です。職種とエリアを絞り込むことで、該当する人気キーワードや採用企業数など、精度の高い情報を調べることができます。
採用市場レポート

Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナーとは、キーワード調査・キーワード選定を支援するGoogle公式の無料ツールです。

広告配信のためのキーワード候補や入札単価、キーワードの月間検索ボリューム数などを確認することが可能です。
※無料で使用する場合、一部利用制限が発生します

SEO対策のキーワードを選ぶ際に使われるツールであり、ロングテールキーワードなども合わせて確認することができます。

キーワードプランナー

キーワード挿入のポイント

原稿内へのキーワード挿入に際して注意したいのは、あくまでも自然な形で求人原稿内にキーワードを挿入することです。単純に重要なキーワードを原稿内に羅列するだけでは、不自然な文章になってしまいます。
ニーズの高いキーワードを盛り込み求職者にとって分かりやすい文章となるように心がけましょう。

求人原稿の書き方やキーワードの調査ついてはこちらの記事をご参考ください。

GMOTECHの施策事例

各種項目の数値改善に向けて、GMOTECHでは様々な施策を実施しています。
実際に、成果が改善された具体的な事例をご紹介します。

※施策前、施策後は同程度のコストを投下し、条件等の変更はありません。

具体性のある求人原稿に変えたことでCPA40%改善!

【課題】
ターゲットとしている求職者が検索するキーワードが原稿内に含まれていないために、検索結果にヒットせず、機会損失となっていました。

【施策内容】
①キーワードプランナーやトレンド検索などを活用し、求職者が検索しているキーワードを徹底的に洗い出して、原稿内に盛り込む
②エントリー後のフローやどのようなフォロー体制があるのかなど、求職者が安心して応募できるような求人内容にする
③一目で仕事内容がイメージできる具体的なタイトルに変更する

【結果】
CVR/CPA推移
求人への応募率(CVR)は施策前と比べて約1.5倍改善し、1応募に対する獲得単価(CPA)は40%抑制と大幅に改善しました。

シンプルな求人タイトルにした結果クリック数2倍以上増加!

【課題】
求職者にとって必要な情報をできるだけ多く提供したいという意向があり、職種と関連性のない多くのキーワードを含む求人タイトルとなっていることで、無駄クリックが生じていました。

【施策内容】
職種にフォーカスしたシンプルな内容に変更。
契約社員や派遣社員であることが明確に分かる[契]や[派]という文言、在宅勤務や駅からどの程度の時間であるかを表す文言をタイトルに含めました。

(変更前)
リモート勤務相談可能!ファッション好きな方にオススメ!〇〇〇グループで活躍するSNS広告運用担当のお仕事 渋谷駅、キレイなオフィスで就業環境も抜群!

(変更後)
[派][在宅]ファッションサイトのSNS広告運用担当@「渋谷駅」直通

【結果】
実施2週間後の表示回数は40%UPし、クリック数は2倍以上増加。
CPAは1/4程度まで改善しました。

表示回数クリック数CTRCVR応募数CPA
①実施前(1週間)3,0322147.06%0.47%1¥10,442
②実施後(1週間)4,9784809.64%0.63%3¥4,485
③実施後(2週間)4,27247411.10%0.84%4¥2,565

キーワードの入れ替えにより応募数178%増加

【課題】
会社の強みである作業系求人よりも、事務系求人の応募比率が高く、本来応募数を増やしたいターゲット層にアプローチができていない状況でした。

【施策内容】
作業系求人のアクセス増加を図るべく、雇用形態や職種などの検索ボリュームが多いキーワードを選定し、求人原稿内に挿入。

表示回数に大きな変化がなかったため、「ビッグキーワードの特性が強すぎて、流入しているターゲット層が広すぎたのではないのか」という仮説の元、キーワードの入れ替えを実施。
会社の求人サイト内で求人を検索する際、各求人の特徴となるキーワード(未経験、服装自由、シフト制など)を挿入しました。
※ここでは、これらのキーワードを”特徴キーワード”と呼称します。

【結果】

表示回数クリック数応募数CPAコスト
挿入前128,7792,4279¥25,923¥233,310
ビッグキーワード129,7073,61910¥17,701¥177,007
特徴キーワード132,9013,25516¥12,726¥203,617

ビッグキーワード挿入後は表示回数に大きな変化はないものの、クリック数は挿入前と比べて150%増加、CPAは約30%抑制。

続けて、特徴キーワードへの切り替え後、応募数がビッグキーワードと比較して30%増加。
クリック数は挿入前と比較して134%改善し、応募数は178%、CPAは約50%の改善となりました。

GMOTECHが提供するおすすめツール

GMOTECHでは、求人広告の掲載にあたり、低コストでお客様の作業時間を短縮できるツールをご用意しています。

FeedDASH!byGMO

Feed Dash!
https://feed-dash.com/

自社で一からフィード構築を行う場合、時間もコストもかかりますが「FeedDASH!byGMO」というサービスを活用することで、フィード構築作業をスピーディーに行うことができます。
※広告主様にご対応頂く作業は、保有しているマスターデータ(商品・求人データ)を共有頂くのみとなります。

求人広告の場合、求人タイトルやお仕事内容を読み込ませたい理想的な形へ書き換え反映させることができ、titleやdescriptionの改修など効果検証も最短即日のスピード対応・反映が可能です。

お問合せはこちら:https://feed-dash.com/#contact-form

GMO jobbi

Indeed、スタンバイ、求人ボックスといった求人検索エンジンの広告運用を代理店に任せる際に、提出の頻度が少ないことやオンタイムで成果の確認ができないなどの課題となりやすいレポートに関して、GMOTECHではWeb上で閲覧可能なレポーティングツール「GMO jobbi」を提供しています。

GMO jobbi

GMO jobbiでは、すべての広告主様に専用のアカウントを発行しており、広告主様の確認したいタイミングで広告配信の進捗を確認することが可能です。

レポート画面

広告表示回数やクリック数、CV数(応募数)といった基本的な指標をチェックすることができるほか、コストに関してはすべて手数料込みで表示させることができます。
また、日付指定はもちろん、日別、週別、月別で切り分けて進捗を確認することも可能です。
キャンペーン別の数値も確認できるため、停止しているキャンペーンを非表示にするなどの機能も備わっています。

キャンペーン別レポート

さらに、Googleアナリティクスの数値を指標としたい場合は、Googleアナリティクスの閲覧権限を付与頂くことで、指定の目標値をGMO jobbi上にインポートすることができ、レポート画面上で「媒体計測値」と「GA計測値」をそれぞれ切り替えて確認できます。

GMO jobbiは、運用媒体が複数ある場合、媒体別に表示できる機能も備わっているため、媒体毎に別々のレポートを行き来する必要がなく、すべて同じページで閲覧できる仕組みとなっています。

GMOTECHに求人検索エンジンの広告運用を委託することで、完全無料で「GMO jobbi」を利用することができるため、まずはお気軽にお問合せ下さい。

お問合せはこちら:https://hrad-dash.com/#contact-form

しごと検索Dash! byGMO

2017年6月に米国でスタートした無料で求人掲載ができるGoogle for Jobsに関して、日本では2019年に「Googleしごと検索」という名称でサービス提供を開始しました。

Googleの検索エンジン上で、仕事探しをしていることが想定されるキーワードで検索された場合に、検索結果のトップに求人情報が表示される機能となります。

検索結果表示イメージ

掲載にあたって2つの方法がありますが、前提として自社保有のサイトで求人情報を掲載する必要があります。

【Google for Jobsの掲載方法】

①既存の求人ページの構造化データをマークアップし、Googleにサイトマップを送信
②Indexing APIを連携し、クローリングを高速化する

一般的な掲載方法としてサイトクローリングがありますが、求人情報がGoogleしごと検索に反映されるまでGoogleからのクローリングを待つ必要があります。

その解決法として、Indexing APIを連携することで、クローリングを高速化することが可能です。

Googleしごと検索への掲載方法はこの2つだけであるものの、システム界隈の知識について初めて学ぶ方は、掲載することに対してハードルが高いと感じ、掲載自体を断念せざるを得ないケースも出てくるかもしれません。

GMOTECHではこのような問題を解決するために、2019年に「しごと検索Dash!」の提供を開始しました。

「Googleしごと検索」のサービスを利用するにあたり、「しごと検索Dash!」というツールを活用すると、手間がかかる構造化データのマークアップの作業を簡素化でき、簡単に掲載することができるようになります。

「しごと検索Dash! byGMO」では、必要な構造化データの作成・編集が専用の管理画面から簡単に実施でき、「Googleしごと検索」経由の流入計測の分析も可能であるため、分析結果に応じて改善しながら採用サイト集客を行うことができます。

まずはお気軽に「しごと検索Dash! byGMO」を使って頂きたいという思いから、2021年4月1日より1年間無料でご利用いただけるキャンペーンを実施しています。

技術的なハードルが高くて参入ができない、という悩みを一掃してくれる「しごと検索Dash!」をこの機会に是非試してみてはいかがでしょうか。

しごと検索Dach!

まとめ

保有する求人の業種や職種によって、相性の良い求人広告はそれぞれ異なるでしょう。弊社では、求人検索エンジンを活用した広告運用をはじめ、人材の募集に特化した様々なサービスの提供を行っております。

採用活動の中でのお悩みや課題点などがあれば、お気軽にご相談ください。

電話でのお問い合わせ:03-5489-6374(平日10:00~19:00)

Faq求人広告のよくあるご質問

  • 予算が少額でもインターネット広告の運用をお願いしたいのですが、可能でしょうか?
    アカウント発行費用、レポート費用等、追加料金なしで最低出稿額50万円(税別/月)から始めることができます。
    ※ディスプレイ広告やデータフィード広告をご希望の場合は、別途制作費用をいただくことがございます。
    検索エンジンのアルゴリズム・施策内容・競合状況によって、効果時期が多少変動しますので、予めご了承ください。
  • DSP広告の取り扱いはありますか?
    はい、各社DSPのお取り扱いがございます。貴社のビジネスモデルにマッチした媒体をご提案いたします。
  • 広告運用について、どのような業種でも対応できますか?
    可能でございます。
    ただし、広告媒体によっては対象となるサービス(商品)の審査が発生するため、お受けできない可能性もございます。あらかじめご了承ください。
  • コンバージョン計測を媒体計測ではなく、GoogleAnalyticsで計測したい。
    可能でございます。
    貴社アカウントの参照権限をいただければ、レポートに合算して提出いたします。
    ※GoogleAnalyticsの初期設定もご希望の場合は、別途お問合せください。
  • 動画広告もお願いできますか?
    可能でございます。
    TrueView広告(Youtube広告)をはじめとした、各広告媒体の動画フォーマットの配信ができます。
  • バナーの制作だけを依頼したいです。
    まことに申し訳ございませんが、広告運用とセットでご提供できるサービスとなりますので、運用代行サービスと併せてご検討ください。
  • SmartNewsに広告掲載がしたいです。
    可能でございます。SmartNewsの他にもGunosy等のキュレーションメディアの広告運用もご提供できます。
  • 求人検索エンジン「Indeed」に広告掲載したいのですが、お願いできますか?
    可能でございます。Indeed専任の運用チームが所属しておりますので、求人原稿のご提案からきめ細かい入札調整、データフィード運用等、採用計画に沿ったアカウント運用が可能です。
  • 広告運用を依頼したいが、データフィードも作ってほしい。
    弊社が開発した「Feed Dash! by GMO」を利用したデータフィード作成が可能です。動的にクリエイティブを表示させるダイナミックリターゲティング広告や、求人情報をフィード化して配信するIndeed広告など、各広告媒体のフォーマットに沿ったフィード作成が可能です。
    ※広告主様からは定期的に商品データ(マスターデータ)をご提供いただく必要がございます。
  • 広告のレポートはどのような形でお出しいただけますか?
    出稿する広告媒体によりレポート形式も異なります。
    お客様のご要望にあわせて作成しており、配信実績のみならず、今後の改善プランとあわせてレポート提出させていただきます。
  • インターネット広告を始めたいが、何から始めればよいのか分からない。
    全体の予算感、対象サービス、目標(KPI、獲得単価)をご教示ください。 広告媒体の選定から予算配分まで最適なプランをご提案しますので、お気軽にお問合せください。
   

Seminarセミナー

現在受付中のセミナーはありません。

CONTACT US

デジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください

メルマガ登録

メールマガジンはこちらからご登録ください。

デジタルマーケティングに関するホットな情報をお届けいたします。

フォームからのお問い合わせ

GMO TECHへの業務依頼、発注を希望される方はこちらよりご連絡ください。