アフィリエイト広告

アドフラウドとは?広告詐欺が引き起こすデメリットと対策

アドフラウドとは?広告詐欺が引き起こすデメリットと対策

アドフラウドというと難しいものだと感じてしまう人もいるでしょう。文字だと難しく感じますが、簡単に言うと「広告詐欺」のことです。広告詐欺と言っても様々なものがあるので、それぞれどんな特徴があるのかということをチェックしてみてください。

ネット広告は誰でも便利に打ち出すことができますが、自動プログラムなどは不正に人が入り込みやすいので注意が必要です。こうした広告詐欺が行われてしまうと、広告主にとっては広告を打っても無意味なものになってしまうので、時間と労力が無駄になります。

今回はそのようなアドフラウドの種類を紹介するとともに、どのように対策するのが効果的なのかというポイントについても触れていきます。

アドフラウドとは

アドフラウドとは
アドフラウドというのは、どのようなものなのでしょうか。アドフラウトが起こることで広告主に起こるデメリットについても紹介していきます。

アドフラウドの意味

アドフラウドというのは、ネット広告を配信するにあたって、時に起こる詐欺的な行為のことを指します。よくあるのはボットを使ったもので、自動プログラムによって不正にインプレッションを増やしたり、広告クリック数を水増ししたりする行為です。

これらが起こると広告主にとっては正しいページの分析などができなくなってしまうので、妨害行為以外の何ものでもありません。広告効果も正しく出ないので、広告主泣かせの犯罪行為とされています。

アドフラウドは、故意に行われることが多く、近年特に横行しています。広告を打ち出している人はこのようなリスクがあることも念頭に置いて、きちんと対策をとっていけるように心がけておかなければなりません。

アドフラウドが広告主に与えるデメリットとは

アドフラウドが起こると、広告主にとっては大きな打撃となってしまいます。広告の成果を水増しされてしまっても、どこがどのように水増しされているのかということはよく分からないので、見つけようがないのです。

また、広告の結果を水増しされてしまうと、その分余計に広告費を支払わなければなりません。実際の利益よりも多くの広告費を請求されてしまうことになるので、広告主としては大損以外のなにものでもないのです。

それでも横行しているアドフラウドはなかなか無くなりません。ネットという大きなフィールドで展開されている広告における問題なので、結果的に泣き寝入りをするしかない人も多いのです。対策を練る前にまずは、アドフラウドにどのようなものがあるのかということを知っておきましょう。

アドフラウドの種類

アドフラウドの種類
アドフラウドといってもその種類は一つだけではありません。ここからはアドフラウドの種類について紹介していくので、チェックしてみてください。

過度な広告領域

過度な広告領域というのは、検索スパムと組み合わせることによって、広告のみのページに誘導するアドフラウドシステムのことです。いきなり広告だらけのページに飛ばされることで、誤クリックをしてしまうこともあるでしょう。

ページを開くと、広告だけが羅列されたページが表示されて、不正にトラフィックを増やすくことができます。トラフィック収集のの際にSEOのスパムなども組み合わせながら不正を行わせることもあり、問題視されています。

検索ページ上では正常なページとして表示されているので、ユーザーも気付きにくいので、どうしても引っかかってしまいやすいのです。広告だらけのページに飛ばすことでユーザーにも不快感を与えることになりますし、広告主にとっては損害以外の何ものでもありません。

隠し広告

隠し広告は、ページ上の見えにくい部分に広告を挟み込んで表示させるアドフラウドです。CSSなどのシステムを操作することによって、ユーザーに見えない形で広告を挟むことができるので、広告の配信数を水増しすることができるのです。

広告の表示数が増えるとその分広告費用も上がってしまうことが多いので、広告主としては利益が少ない割に支出が多くなってしまいます。こちらも不正にシステムを操作して行われることがあるので、注意しなければなりません。

CSSで操作されてしまうので広告主としても見つけにくく、非常に迷惑なアドフライドです。サイトのデザインをシンプルにすることなどを心がけて、発覚しやすくする工夫なども必要になるでyしょう。

過度な自動リロード

高頻度でリロードを繰り返すことで、多数の広告を表示させるアドフラウドもあります。素早くリロードを繰り返すのでサーバーにも負担がかかってしまいますし、多く広告を表示させることで広告費用なども上がりやすくなってしまいます。

広告枠のみを数秒単位でリロードさせるのがこのシステムの特徴であり、価値のない広告を繰り返し表示させ続けるので、サイトの質も低下してしまいます。サイトにとって大きな損失になってしまうので、きちんと対策をしなければなりません。

不正な広告のすり替え

こちらは、他者のサイトを見ている時に、そのサイトに関連する広告かのように表示する方法です。もともとは普通の広告を貼り付けていたとしても、不正に広告を貼り付ける事業者によって不正な広告にすり替えられてしまうのです。

こちらもすり替えられていることに気づけないケースが多く、知らない間に多く広告が表示されてしまっているということがあります。見つけるのが難しい方法であるだけに、手をやくことも多いでしょう。

プログラミングによる成果の偽装

アドフラウドの中には、プログラミングの技術を使って、広告の成果を偽装するという手法もあります。他のアドフラウドよりもさらにタチが悪く、ブラウザ事態をプログラミングすることで、自動的に広告のインプレッションやクリック数を水増しさせるのです。

こちらに関してはプログラミングの技術を持っている人が行うので見つけるのも難しく、厄介な手法の一つとなっています。ブログ運営だけでなくパソコンのプログラミングの技術を持っておかないと、対策も取りにくいと言わざるをえません。

個人端末の乗っ取り

これまでのアドフラウドは、サイトを操作することで広告のインプレッションなどを増やすやり方が多かったですが、さらに厄介なものもあります。ユーザーの使っているデバイスに入り込んで操作し、不正プログラムに感染させることで、自社サイトの広告を強制的に表示させるのです。

また、意図に反してクリックさせたりすることで、広告の表示回数などを水増しさせることもあります。ユーザー側の端末を操作するという点で非常にタチが悪く、アドフラウドの中でも厄介なものとされています。

広告主ができるアドフラウド対策

広告主ができるアドフラウド対策
アドフラウドは非常に厄介なもので、広告主が気づけないというのが大きなデメリットです。しかし広告主側でできることがないかといえば、そういうわけでもありません。

現在はアドフラウド対策のツールやシステムも多く開発されてきているので、気になる人はこのようなものを導入してみると良いでしょう。自分では気づくことができない不正な操作などをチェックすることができるので、対策も練りやすいです。

正しい知識を身につけてアドフラウド対策を

正しい知識を身につけてアドフラウド対策を
今回は、アドフラウドという迷惑行為について紹介してきました。不正にアクセス数を水増ししたりインプレッションを増やすことで、広告主に無駄な広告費用の支払いが生じてしまうので、非常に厄介です。

しかし現在ではこのアドフラウドの対策ができるシステムも開発されているので、広告主側もしっかりとこのような不正を取り締まることができます。

アドフラウドに関する知識をつけて適切な対処をし、適切なプロモーションを行いましょう。

関連記事

CONTACT US

デジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください

メルマガ登録

メールマガジンはこちらからご登録ください。

デジタルマーケティングに関するホットな情報をお届けいたします。

フォームからのお問い合わせ

GMO TECHへの業務依頼、発注を希望される方はこちらよりご連絡ください。

個別相談会の申込み

サービスに関するご相談・ご質問、料金プランのご相談がありましたら、個別相談会を実施しております。フォーム希望日時を記載してお送りください。